So-net無料ブログ作成

24のプレリュードより海(パルムグレン) [パルムグレン]

さて、2015年最後の音楽日記です。
今年は、本当に、更新記事が少なくて、申し訳ないです。
なんと、26記事しか書いていないです。
でもね、音楽に興味がなくなった訳ではないのです。
今年は、マンドリンの演奏会の他にも、
いろいろと、音楽活動をしていて、
さらに、来年は、音楽にどっぷり浸かるのではないかと・・・
(あっ、一応、普通のサラリーマンです)
まあ、音楽が私のギフトではないかと、考え、
出来る限りやりたいと思います。

さて、今年最後の音楽日記は、
あまり知られていないピアノ曲
パルムグレン作曲の「海」です。

えっ、なんで、海かって?

最近、海を見ると、いいなあ、と思うようになったのですよ。
ずっーと、見ていても飽きません。
なんか、落ち着きます。
なんでだろうなあ・・・歳とったのかなあ(笑)
(ということで、海の曲です。海というと、
 ドビュッシーの有名な管弦楽曲もあるのですが・・・)

さて、パルムグレンという作曲家、そんなに有名でないかもしれません。
フィンランドの作曲家で、「北欧のショパン」と言われていて、
ピアノ協奏曲は5曲書いています。
そして、作曲の中心は、ピアノの小品です。

この音楽日記でも、『粉雪』『五月の夜』『三つの夜想的情景』
のピアノ曲を書いています。

作曲の「海」ですが、
フィンランドでは、有名だそうです。
曲は、左手の16分音符が、波を表しているのでしょう。
右手で旋律が演奏されます。
3分弱の短い曲で、特に変化もないのですが、、
北欧の海のイメージで、とても冷たく、そして、暗い感じがします。
特に、最後の部分、旋律が低音で洗われる部分は、
フィンランドの海は、こんなだろうなあ、と勝手に想像してしまいます。

海は、いいなあ。
なんでだろうなあ・・・

さてさて、来年もよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ワルツ《酒・女・歌》作品333 (ヨハン・シュトラウス二世) [シュトラウス(ヨハン)二世]

さて、11/23に、さくらマンドリンオーケストラの演奏会が終わり、
久々の音楽日記です。
日が少々空いても、この音楽日記は続けようと思っています。
皆様、よろしくです。

さて、今日は、本当に久々にのびのびした休日を楽しんでいたのですが、
そんな時聴く音楽は、優雅なワルツですね。

ということで、今日の音楽日記は、
ヨハン・シュトラウス二世作曲のワルツ《酒・女・歌》です。

ウィンナワルツの題名には、面白いものが多いです。
私が一番好きな題名は、
ヨゼフシュトラウス作曲のワルツ《我が人生は愛と喜び》ですね
(⇒この曲の過去記事はこちら

今日の曲の題名《酒・女・歌》ですが、
宗教改革の中心人物マルティン・ルターの言葉で、
「酒・女・歌を愛さない者は、一生 馬鹿である」
という名言かあるそうです。
で、この言葉を基に曲を作ったらしいです。

うーん、この言葉、とりようによっては、
なんだかなあ。なんだけど、
神学者のルターが言うと
ちょっと重みのある
男性の真実をついている言葉に聴こえるから不思議だ。

※ちなみに、ルターの他の名言としては、
「酒は強い。王はそれより強い。
 そして女はそれより強い。しかし真理は最も強い」
というものもあります。
いやいや、私は、
真理より、女性の方が強いと思うのだけど(笑)

さて、この曲の作曲は1869年
ブラームスとワーグナーが
とてもとても好きだった一曲らしい。

他のワルツと比べて特徴的なのは、
ワルツに入るまでの長い序奏でしょう。
私、この序奏、とても好きです。
最初の方の6/8のアンダンテの部分
とっても幻想的で、気持ちがゆったりしていて、
安らぎます。
弦と管楽器のからみも、素晴らしい。
ワーグナーが好きだったのもわかるかも。
そして、4/4の結構派手な行進曲風の部分。
これから、ワルツに入る前としては、十分。
そして、いよいよ、真骨頂のワルツです。
ワルツは、第4ワルツまでありますが、
いろいろなイメージのワルツがあり、飽きさせません。
そして、盛り上がって、短いけど、しっかりしたコーダ。

この曲のイメージと題名の《酒・女・歌》は、
直接結びつかないけど、
人生を優雅に楽しみましょう。
というイメージで聴くと、
なんか楽しくなってきます。

休日に聴くワルツ。いいものです。

さて、ここで、また悪い癖だ。
(ちょっとだけマイナーな曲の話です)
この曲、ゴドフスキーという人の
ピアノ独奏用編曲があります。
超絶技巧のピアノ好きな人なら、
知っている人も多いかもしれない。
この編曲、技術的にとても難しいし、
すごく凝った造りをしています。
(原曲とはかけ離れています。それがいいのですが・・・)
万人には勧めませんが、
一回、聴く価値は、十分あります。

最後に
この曲の作品番号は333です。
音楽とは、全く関係ないけど、気持がいい(そうか?)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

運命の力 序曲(ヴェルディ) [ヴェルディ]

さて、今日の音楽日記は、ヴェルディの 運命の力序曲です。

この曲、オペラの序曲の中では、有名ですよね。

ヴェルディは2年以上、作曲から遠ざかっていたそうですが、
自身が情熱をこめて運営する農園に近代設備を導入する資金不足ため、
再び作曲の道に入り、1862年、この歌劇【運命の力】を作曲したそうです。
でも、ストーリーは、主要な登場人物が全員死ぬという衝撃的な結末のオペラです。
(普通、資金不足を補うためなら、もっと大衆受けする作品作るとおもうけど・・・
 そこが、芸術家なのでしょうね)
(あっ、後の改訂版では、一人生き残ります)

さて、この序曲は、主人公の運命を表す特徴的な3つの音で始まり、
すぐにこの曲の中心モチーフである運命の力の主題で始まります。
山の中の修道院の静かな音楽、神をたたえる音楽など、
いろいろな動機が出てきますが、どれも運命の力のモチーフには逆らえません。
そして、曲は圧倒的な力をもって終わります。

よくできた序曲です。短いのに、歌もドラマも、ぎっしりつまっています。
やはり、こういう序曲はいいです。

さて、冒頭の3つの音ですが、運命のモチーフを表すということで、
昔は、鋭く、大きく、短めに演奏する指揮者もいましたが、
ヴェルディ自身が、これは敬虔な祈りのモチーフとして、
やわらかく演奏されるべきと言った?そうで、
ちよっと遅めのやわらかいフォルテで演奏する指揮者もいます。
私は、昔の指揮者の演奏が好きだなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ポルカ 雷鳴と電光 [シュトラウス(ヨハン)二世]

さて、今日の音楽日記は、ヨハンシュトラウス作曲の
ポルカ《雷鳴と電光》です。

この曲、題名はしらなくとも、クラシックファンなら、
一回は聞いたことはあると思いますし、有名な曲ですよね。
ヨハンシュトラウスのポルカは、明るく楽しいのがほとんどですが、
この曲も、雷の怖さはまったく感じられません(笑)
どちらかというと、雷や稲妻を観て楽しんでいる感じ?がする曲です。

昔、友達大勢と遊びに行った先の旅館で、大雨で雷だったのですが、
旅館の窓から、雷が光る度に花火のように、大騒ぎしながら
見ていたことをちょっと思いだすなあ・・・

大太鼓で、遠くに響く雷を描写しても、
16音符の下降音階で、稲妻が落ちる描写をしても、
おおっ、かっこいい。という感じです。
まあ、細かいことは、考えず、
舞踏会の曲ですし、明るく、楽しく、演奏するのが一番です。

ただ、こういう曲を明るく、楽しく、リズム感よく、
演奏するのは、完全に、曲を体で感じて演奏できないと、
すごく難しいです。
それに、演奏者の気持ちが一体化しないとね。
クライバーのアンコール演奏の動画は、素晴らしいなあ。

ちょっと調べたら。本当かどうかわかりませんが、
この曲、最初は、「流星」というタイトルだったらしいです。

うーん、流星というと、もっと、ロマンティックな感じですよね。
この題名でなくて、よかったなあ。と勝手に思っています。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

英雄の生涯(R.シュトラウス) [シュトラウス(リヒャルト)]

さて、一週間前になるのだけど、
東京オペラシティへ、中国国家交響楽団を聴きに行きました。
で、その演奏はというと、
弦の音色が少々粗い感じがしたのですが、
なんといっても、表現力はすごくあり、非常に楽しめました。
一部の中国の二曲は、ほんとうに中国っぽい?演奏で楽しめ、
二部の英雄の生涯は、細かいことおかまいなく、音を鳴らすので、
あの複雑スコアの音が全部重なって、ある意味面白かったです。

ということで、今日の音楽日記は、
R.シュトラウスの作曲した、交響詩《英雄の生涯》です。

R.シュトラウスは、どんなものでも、音楽で表現してみせると
言った?という話があるようですが、
今回は、英雄を描写している。
作曲者自身、英雄が誰なのかは言っていないそうですが、
どう考えても、自分自身を描写していますね。
(だって、英雄の業績という部分の音楽は、R.シュトラウスの作品からの
 引用ですから・・・)
ということで、すごいです。
なかなか、自分を英雄にみたてて、交響詩書けないです。
しかし、また、この音楽がいいんだなあ。

最初の英雄のテーマですが、低いE♭から2オクターブ以上駆け上がり
いかにも、英雄です。
他の部分の英雄の敵(評論家らしい)の音楽は、いかにも敵だし、
奥さんのテーマは、甘いし、
評論家を倒して、英雄が進むところは、スカッとします。
で、最後の英雄の引退の部分の静かな音楽の心落ち着くこと。
管弦楽法は、完璧ですね。

ただ、この曲、聴くたびに思うのだけど、
私は、作曲者、自分自身が英雄ということに関して、
どうも違和感が・・・
いえいえ、音楽自体は、すごくいいのですよ。
日本人なのかなあ・・・いかんなあ。

で、蛇足ですが、私の持っている本は、
奥さんのテーマの部分の解説は、愛人のテーマになっている。
奥さんと愛人では、全然違う気がするのだけど(笑)

とりあえず、イメージがわくし、楽しめる曲であることは、
間違いないです。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ラ・ヴァルス(ラヴェル) [ラヴェル]

さて、今週の木曜日だけど、会社を休んで、かみさんと
調布のカフェへ、フルートとピアノを聴きに行きました。
午後のひととき、ケーキとコーヒーを飲みながら
フルートとピアノの音色に包まれて、
幸せなひと時を過ごしました。

さて、その時、ピアノで演奏された曲があるのだけど、
今日は、その曲を書いてみよう。
ラヴェル作曲の「ラ・ヴァルス」です。

この曲、管弦楽の為に書かれた曲で、
作曲者自身で、ピアノ独奏用、2台ピアノ用の編曲もあります。

この曲、原曲の管弦楽で聴くと、
幻想的なウィンナワルツという感じで、
明らかに、ウィンナワルツへの想いが感じられます。
でも、ウィンナワルツとは、まったく違った管弦楽の使い方で、
昔の舞踏会が、頭の中で、もやもやしていて、
最後は、ぱーっと明るくなって、気持ちのよい夢が覚める
そんな感じの曲です。

作曲者自身が、
雲が次第に晴れていって、舞台がしだいに明るくなる。
という文章を書いています。

まさに、その通り。
夢の中のウィンナワルツです。

で、ピアノ編曲にすると、
この夢が、少々、はっきりするのですね。
夢がはっきりすると、いい部分と、ちょっとという部分が出てきます。
ピアノ編曲は、思いっきり技巧的なのですが、
技巧を見せびらかすより、夢のイメージを大切にした演奏の方が、
この曲好きだなあ。

まあ、でも、バリバリ、早いスピードで弾くのも、
スカッとします。

この曲、マンドリンオケで演奏したら、
はっきりしながら、夢のようなイメージになるかもしれない
ひょっとしたら、面白いかもしれない
なんて、思っています。

うーん、いい曲だ。ラヴェルの天才的な作曲技法にも、
ほれぼれします。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

月の光(フォーレ) [フォーレ]

今日の月は、本当に綺麗でした。
スーパームーン・・・
月を眺めながら、会社から帰ったのだけど、
とても気分がいい。
思わず、スマホで写真を撮ったけど、
トホホの写真。
2015-09-28 18.42.30.jpg
まあ、こういうのは、心象風景として、心に残すのが一番です。

ということで、クラシック音楽でも、月に関係する曲は
数多くありますね。
この音楽日記でも、
・月の光(ドビュッシー)⇒過去記事はこちら
・月の光(ギロック)⇒過去記事はこちら
・ピアノソナタ月光(ベートーベン)⇒過去記事はこちら
・荒城の月変奏曲(山田耕作)⇒過去記事はこちら
・ワルソーコンチェルト(アディンセル)⇒過去記事はこちら
・月に疲れたピエロ(シェーンベルク)⇒過去記事はこちら
等を紹介している。

となると、今日は、月が題名に付く曲を書くしかないか。
今日の音楽日記は、フォーレ作曲の歌曲 月の光 です。

歌曲の基になった詩は、ヴェルレーヌで、

仮面の下に悲しみを隠し、踊り、そして愛を歌う男女の様子。
そしてそれを包み込む月の光。
を歌っています。
(まあ、正確には、ネットで調べてください)

フォーレの曲は、この微妙な雰囲気をピアノで素晴らしく
表現しています。
その上で歌われる歌が、なんとも言えません。
はかないようで、ちょっとうつろな感じです。

月の光というイメージは、ドビュッシーのピアノ曲の
イメージが強いのですが、
ここでは、月の光が包み込んだ人生を表現しているかのようです。

短い曲で、盛り上がりがあるわけでないのですが、
とても印象的な一曲だと思います

月を題名にした曲で、こんな曲があってもいいです。

追記
もし、クラシック音楽日記でなかったら、
絶対 ムーンライトセレナーデ書いたなあ。
この曲、好きなんですよ。
旋律といい、コード進行といい、グレンミラーの響きといい・・・
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

古風な組曲 (ハルヴォルセン) [ハルヴォルセン]

過去の音楽日記の中でも書いたことがあるのだけど、
クラシック音楽を聴き始めて、しばらくすると、
誰でもそうかもしれないのだけど、
<皆が知らない名曲>とか<私だけの名曲>
を探して、いい曲が見つかると、一人ニャっとしたものです(笑)
まあ、昔は、ネットといものが無かったので、
音源を捜すだけでも大変だったのですが・・・

そんな昔の時期に、私の愛読書?が二冊あって、
[無名名曲観賞会]という本と、
「二十世紀音楽の楽しみ」という本なのだけど、
なかなか、マイナーな曲だけど、名曲ではないか
という曲の紹介の本でした。

まあ、その中の曲を聴いて、えっ、そうか?
と思う曲もあったけど、
この2冊共に紹介されていた曲で、
確かに無名だけど、私も、かなりの名曲だと
感じた曲を紹介しましょう。

今日の音楽日記は、ノルウェーの作曲家ハルヴォルセン
の管弦楽曲【古風な組曲】です。

ハルヴォルセンは、1864年生まれの作曲家で、
グリーグの姪と結婚したそうです。
まあ、興味ある方は、詳しくは、ネットでしらべてくださいね。

一番有名な曲は、ロシア貴族の入場 だと思いますが、
他の曲は、ほとんど、知られていないのではないでしょうか?
(交響曲も3曲書いているみたいです。すいません私、聴いてないです)

さて、古風な組曲 です。
管弦楽の為の組曲で、5曲からなっています。
序曲、ジーク、アリアと変奏、サラバンド、ブーレ
です。(順番が違う演奏もあるみたいです)

どの曲も、自然な音楽で、とてもとても優雅で、
それでいて、30分程度の時間を感じさせない曲です。
グリーグの有名なホルベルク組曲をもっと洗練したといっても
いいかもしれません。

でもね、それだけだと、こういう曲って結構あると思うのです。
この曲が私が名曲であると勝手に思っている理由は、
・次々に出てくる旋律が、本当にとってもいい。
・バロック風なのですが、管楽器の使い方が見事にとけあっていて
 北欧のロマンがすごく感じられて、独特な味を出している
・こういう古風なバロック風の曲なのに、イメージが湧く音楽
・組曲のバランスが最適
・多分、演奏者も気持ちいい

サラバンドなんて、泣けてきます。
アリアと変奏もいいなあ。

うーん、でも、この曲、無名ですよね
普通の曲ですが、いい曲です。お勧めです。
halvorsen suite ancienne
で動画サイト検索すると、
いろいろな演奏が聴けますよ。
是非。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

練習曲集 音の絵 作品33-8(ラフマニノフ) [ラフマニノフ]

よく演奏会で、前半がピアノ協奏曲、
後半が交響曲 みたいなプログラムがありますが、
前半のピアノ協奏曲が終わった時に、
ピアニストがアンコールで小品を弾く場合と、
弾かない場合がありますよね。
まあ、どちらでもいいとは思うのですが、
アンコールを弾く場合、
普通のリサイタルのアンコール曲より、
ちょっとだけ、選曲に考えなくてはいけないのかなあ・・・
なんて思ってしまいます。

とりあえず、ピアノ協奏曲の大曲を弾いて、後半の休憩前の
一曲なので、そこで終わりではないし、
後半の曲のイメージもあるし・・・
なんて、私は、思うのだけど、ピアニストはどうなんだろうなあ・・・

先日、N響コンサートのテレビを見ていたら
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番[大曲ですよね。ピアニスト大変]
を一部で弾き終えたあと、アンコールを弾いていた。
同じラフマニノフの練習曲集 音の絵 作品33-8でした。
この選曲はいいなあ。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番の余韻は消さないし、
かといって、次の二部への休憩になんとなくいくし・・・
みたいなことを考えていました。

ということで、今日の音楽日記は、
ラフマニノフの練習曲集 音の絵 作品33-8です。
作品33を締めくくる劇的な9番の前の曲で、
とてもとても抒情的で、美しい曲です。
そして、なぜか、ちょっと はかない感じもします。
ラフマニノフにしては、そんなに、凝った書き方をしていないので、
聴きやすいです。
中間部の情熱的な動きも見事。
そして、誰もが感じるのは、最後の終わり方。
ショパンの有名曲をどうしてもイメージしてしまって、
続く感じが・・・(笑)

あまり、単独では弾かれないけど、
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のアンコール曲として、
ちょっと弾くには、いいかもです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

25の練習曲より「貴婦人の乗馬」(ブルグミュラー) [ブルグミュラー]

うーん、ロシアの交響曲を2曲書いたあと、
また、小品を・・・なんて言わないでね

この音楽日記、一応ルール?があって、
過去に日記に書いた曲は、書かないというルールなんだけど、
ピアノ曲集などの場合、その中から一曲取り出して書く場合と、
曲集として書く場合があります。
(って、そんなこと、気にしている人いないですよね(笑))

ということで、今日は、過去 
ブルグミュラー作曲の25の練習曲の曲集としては、
この日記で書いたのですが、(⇒過去記事はこちら
今日は、その中の一曲として、最後の「貴婦人の乗馬」を書きます。

さて、このブルグミューラー作曲の25の練習曲は、
過去記事でも書いたのだけど、
この曲集、私の世代だと、ピアノを習う子供は、
ほぼ100%習ったことのある曲集でしょう。
(残念ながら、私はピアノを正式に習ったこと
 ないのですが、姉は弾いていましたね)
そう、結構小さい手で弾けるし、
イメージもしやすく、とっつきやすい。
現代だと、ギロックやカバレフスキーの曲集とかもあるけど、
昔はなかったもんなあ・・・

で、その曲集の最後を飾るのが【貴婦人の乗馬】という曲です。
最初の主題は、馬に優雅に乗っているイメージだし、
途中は、ちょっと速足になつたりして、
最後は、スケールで、この曲集の中では、かっこよく終わる
それに練習曲の最後の曲だけあって、
和音、スケール、スラー、スッタカートなど基本的な練習要素は
すべて詰まっているのもなかなかいいです。

この曲を聴くと、昔、姉がピアノを前に練習していた
小さい時のことを一瞬思い出す。
私にとっては、そんな曲でもあるのです。

さて、この曲を今日書いたのは、
実は、私、先日、この曲をオカリナ四重奏の為に編曲しました。
かみさんが所属している団体で、演奏してもらったのですが、
ははは、ピアノとまったく違うイメージで 
なかなかおもしろかったです。
ということで、音源もアップしましょう。
興味ある方はどうぞ、聞いてくださいな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽