So-net無料ブログ作成
検索選択

古風な組曲 (ハルヴォルセン) [ハルヴォルセン]

過去の音楽日記の中でも書いたことがあるのだけど、
クラシック音楽を聴き始めて、しばらくすると、
誰でもそうかもしれないのだけど、
<皆が知らない名曲>とか<私だけの名曲>
を探して、いい曲が見つかると、一人ニャっとしたものです(笑)
まあ、昔は、ネットといものが無かったので、
音源を捜すだけでも大変だったのですが・・・

そんな昔の時期に、私の愛読書?が二冊あって、
[無名名曲観賞会]という本と、
「二十世紀音楽の楽しみ」という本なのだけど、
なかなか、マイナーな曲だけど、名曲ではないか
という曲の紹介の本でした。

まあ、その中の曲を聴いて、えっ、そうか?
と思う曲もあったけど、
この2冊共に紹介されていた曲で、
確かに無名だけど、私も、かなりの名曲だと
感じた曲を紹介しましょう。

今日の音楽日記は、ノルウェーの作曲家ハルヴォルセン
の管弦楽曲【古風な組曲】です。

ハルヴォルセンは、1864年生まれの作曲家で、
グリーグの姪と結婚したそうです。
まあ、興味ある方は、詳しくは、ネットでしらべてくださいね。

一番有名な曲は、ロシア貴族の入場 だと思いますが、
他の曲は、ほとんど、知られていないのではないでしょうか?
(交響曲も3曲書いているみたいです。すいません私、聴いてないです)

さて、古風な組曲 です。
管弦楽の為の組曲で、5曲からなっています。
序曲、ジーク、アリアと変奏、サラバンド、ブーレ
です。(順番が違う演奏もあるみたいです)

どの曲も、自然な音楽で、とてもとても優雅で、
それでいて、30分程度の時間を感じさせない曲です。
グリーグの有名なホルベルク組曲をもっと洗練したといっても
いいかもしれません。

でもね、それだけだと、こういう曲って結構あると思うのです。
この曲が私が名曲であると勝手に思っている理由は、
・次々に出てくる旋律が、本当にとってもいい。
・バロック風なのですが、管楽器の使い方が見事にとけあっていて
 北欧のロマンがすごく感じられて、独特な味を出している
・こういう古風なバロック風の曲なのに、イメージが湧く音楽
・組曲のバランスが最適
・多分、演奏者も気持ちいい

サラバンドなんて、泣けてきます。
アリアと変奏もいいなあ。

うーん、でも、この曲、無名ですよね
普通の曲ですが、いい曲です。お勧めです。
halvorsen suite ancienne
で動画サイト検索すると、
いろいろな演奏が聴けますよ。
是非。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

練習曲集 音の絵 作品33-8(ラフマニノフ) [ラフマニノフ]

よく演奏会で、前半がピアノ協奏曲、
後半が交響曲 みたいなプログラムがありますが、
前半のピアノ協奏曲が終わった時に、
ピアニストがアンコールで小品を弾く場合と、
弾かない場合がありますよね。
まあ、どちらでもいいとは思うのですが、
アンコールを弾く場合、
普通のリサイタルのアンコール曲より、
ちょっとだけ、選曲に考えなくてはいけないのかなあ・・・
なんて思ってしまいます。

とりあえず、ピアノ協奏曲の大曲を弾いて、後半の休憩前の
一曲なので、そこで終わりではないし、
後半の曲のイメージもあるし・・・
なんて、私は、思うのだけど、ピアニストはどうなんだろうなあ・・・

先日、N響コンサートのテレビを見ていたら
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番[大曲ですよね。ピアニスト大変]
を一部で弾き終えたあと、アンコールを弾いていた。
同じラフマニノフの練習曲集 音の絵 作品33-8でした。
この選曲はいいなあ。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番の余韻は消さないし、
かといって、次の二部への休憩になんとなくいくし・・・
みたいなことを考えていました。

ということで、今日の音楽日記は、
ラフマニノフの練習曲集 音の絵 作品33-8です。
作品33を締めくくる劇的な9番の前の曲で、
とてもとても抒情的で、美しい曲です。
そして、なぜか、ちょっと はかない感じもします。
ラフマニノフにしては、そんなに、凝った書き方をしていないので、
聴きやすいです。
中間部の情熱的な動きも見事。
そして、誰もが感じるのは、最後の終わり方。
ショパンの有名曲をどうしてもイメージしてしまって、
続く感じが・・・(笑)

あまり、単独では弾かれないけど、
ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番のアンコール曲として、
ちょっと弾くには、いいかもです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

25の練習曲より「貴婦人の乗馬」(ブルグミュラー) [ブルグミュラー]

うーん、ロシアの交響曲を2曲書いたあと、
また、小品を・・・なんて言わないでね

この音楽日記、一応ルール?があって、
過去に日記に書いた曲は、書かないというルールなんだけど、
ピアノ曲集などの場合、その中から一曲取り出して書く場合と、
曲集として書く場合があります。
(って、そんなこと、気にしている人いないですよね(笑))

ということで、今日は、過去 
ブルグミュラー作曲の25の練習曲の曲集としては、
この日記で書いたのですが、(⇒過去記事はこちら
今日は、その中の一曲として、最後の「貴婦人の乗馬」を書きます。

さて、このブルグミューラー作曲の25の練習曲は、
過去記事でも書いたのだけど、
この曲集、私の世代だと、ピアノを習う子供は、
ほぼ100%習ったことのある曲集でしょう。
(残念ながら、私はピアノを正式に習ったこと
 ないのですが、姉は弾いていましたね)
そう、結構小さい手で弾けるし、
イメージもしやすく、とっつきやすい。
現代だと、ギロックやカバレフスキーの曲集とかもあるけど、
昔はなかったもんなあ・・・

で、その曲集の最後を飾るのが【貴婦人の乗馬】という曲です。
最初の主題は、馬に優雅に乗っているイメージだし、
途中は、ちょっと速足になつたりして、
最後は、スケールで、この曲集の中では、かっこよく終わる
それに練習曲の最後の曲だけあって、
和音、スケール、スラー、スッタカートなど基本的な練習要素は
すべて詰まっているのもなかなかいいです。

この曲を聴くと、昔、姉がピアノを前に練習していた
小さい時のことを一瞬思い出す。
私にとっては、そんな曲でもあるのです。

さて、この曲を今日書いたのは、
実は、私、先日、この曲をオカリナ四重奏の為に編曲しました。
かみさんが所属している団体で、演奏してもらったのですが、
ははは、ピアノとまったく違うイメージで 
なかなかおもしろかったです。
ということで、音源もアップしましょう。
興味ある方はどうぞ、聞いてくださいな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

交響曲 第6番 ロ短調 作品54 (ショスタコーヴッチ) [ショスタコーヴィチ]

さて、今日もロシアの交響曲を書いてみよう。
今日の音楽日記は、
ショスタコーヴッチ作曲 交響曲 第6番 です。

ショスタコーヴッチの交響曲で、一番有名なのは、
間違えなく、交響曲第5番→過去記事はこちら。
で次は、第7番[レニングラード]→過去記事はこちら
かな? (1番、8番、10番という人もいると思うけど)
で、第5番と第7番に挟まれている
第6番は、一般的には、どうなんだろう?
多分、そんなに有名でないかもしれません。

私、この曲を聴いたのは、
ムラビンスキー指揮のレコードで、
最初に聞いた時から、とっても好きな曲です。
(演奏は素晴らしかったけど、
確か最後のティンパニーのチューニングが微妙だったかな(笑))

曲は、3つの楽章からなっています。

第1楽章
最初の弦で演奏される重厚な旋律は、とてもとても
感動的で、なにかこう、訴えかけるような強烈な印象をもっています。
幻想的なんだけど、深みをもった音楽で、引き込まれるものをもっています。

第2楽章
作曲者得意のスケルツォです。明るくて、短く聴きやすい。
それでいて、ちゃんと、次の楽章とは、まったく違うイメージで作られています。

第3楽章
私がこの交響曲で、一番すばらしいと思っている楽章がこの楽章です。
速度はブレスト。すばらしい踊りの音楽で、心がわくわくします。
私、なにが、すごいと思っているかというと、
ブレストで、この踊りの主題で、第1楽章のあの重厚な楽章から
ちゃんと、交響曲のフィナーレとして、十分成り立っている音楽を作曲している
というところです。
普通の作曲家だと、フィナーレにしては、ちょっと軽いよなあ、
となる所が、そうならない、熱狂的な音楽となっている所がすごいです。

さて、この交響曲、本やネットなどで読むと
ベートーベンの5番と6番の対比と同じと書いてあったり、
室内楽的な響き と書いてあったり、
田園的と書いてあったりする。

うーん、私のイメージは、どれも違います。
室内楽的でもないし、ましてや、田園的でもありません。
(本当かどうかわかりませんが、作曲者は、春の喜び といったとか・・・)

私は、純粋な音楽として、すべての楽章が有機的につながった、
構成美あふれる純交響曲だと思っています。

ショスタコーヴッチの交響曲では、聴きやすいこと間違えないので、
是非聴いてみてください。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

交響曲 第5番 作品100(プロコフィエフ) [プロコフィエフ]

皆さま、ご無沙汰しています。
一ヶ月間も更新をさぼっていました。
ファンの方、すいません(って、この音楽日記のファンいるのか?)
えっーと、
別に病気をしていたとか、
音楽を聴かなくなったという訳ではなく、
単純に、ちょっとばかり忙しかったというだけです
(言い訳がましいなあ・・・)
まあ、8月は、夏休みということで、ごかんべんを。

8月は、
映画「ミッションインポッシブル」等を観て
本は、「火花」等 10冊程度読んで(私、読書好きです)
マンドリン編曲は、モーツァルトの交響曲等をしたりして
美味しい 北京ダック食べ放題を食べたり
していました。

私「継続は力なり」という言葉が好きなので
目標の1000記事(1000曲)まで、がんばりますので
よろしくです。

さて、一ヶ月ぶりに何の曲を書こうかなあ
と思って、考えてみました。
やっぱり、久々なら、有名曲で大曲だよなあ・・・

ということで、
今日の音楽日記は、プロコフィエフの交響曲第5番です。
(えっ、そんなに有名曲でないではないですか、
 というつっこみはなしです)

私、好きな作曲家は、誰?という質問は、結構苦手なのですが、
自分で作曲するとすると、どんな作曲家の作風が好きですか?
という質問だったら、まず、
ロシアの作曲家 プロコフィエフと答えます。

そう、近代的で、それで聴きやすく、で抒情的で、
ひねくれた所もあって、とっても、好きな作風の作曲家です。

さて、プロコフィエフの作曲した交響曲第5番です。
4楽章からなる45分程度の交響曲ですが、
これがね、いいんですよ。
もう、いろんな音楽が詰まっていて、それでいて、
一つにまとまっています。

第1楽章
最初に木管で歌われる主題は、まさにロシアの歌です。
でね、それがひねくれた展開するので、たまらんです。
リズムが特徴的なまったく違うモチーフも耳に残るし、
後半、重厚に響く音楽もしびれます。

第2楽章
これは、もう、最初のクラリネットの主題で、メロメロです。
いいなあ、この、いかにもスケルツォという主題。
で、近代的な響きだけど、とっても聴きやすいし、
ワクワクします

第3楽章
この美しさは、別格です。主題は、あらぬ方向に歌われる
のですが、なぜか、心に響きます。

第4楽章
さて、終楽章、主題は、ここでも、クラリネットに出るのだけど、
なんといっても、第2主題ですね。朗々と歌われるこの主題は、
いつ聞いても、気持ちがとってもいいです。
うーん、他のひねくれた旋律の中に、この主題が書けたら
それは、もう成功ですね。
最後の終わり方が、一瞬ソロになって、すぐ盛り上がって終わる
という独特なのだけど、すばらしいです。

この交響曲、時間を感じさせません。
昔、実演を聴いたこともあるけど、まったく眠くなりません。
作曲者自身も、成功作と思っていたそうです。
それに、作品100というのもいいではないですか

ロシアといえば、チャイコフスキーやラフマニノフもいいけど、
たまには、プロコフィエフの交響曲も聴きましょう。
また、違った ロシアの香りがただよっていますよ。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

コンサート ワルツ第1番(グラズノフ) [グラズノフ]

マンドリン・アンサンブル・モニカの第10回定期演奏会が
無事終わりました。
第一生命ホールは、とても響きのきれいなホールで、
まだまだ、反省点はありますが、
マンドリンの響きもなかなかだったのではないかと思っています。
ご来場の皆さま、ありがとうございました。

そのプログラムの二部は、ロシア音楽特集ということで、
ヴッターシュキン、リャードフ、ラフマニノフ、チャイコフスキー
の作品を演奏したのですが、
ロシア音楽といったら、グラズノフを忘れてはいけませんね。
(ぇっ、もっといろいろな人いるでしょうという、突っ込みはなしですよ)

今日の音楽日記は、グラズノフが作曲した管弦楽曲。
コンサートワルツ第1番です。

この曲、クラシック音楽の私世代(結構、歳だぞ)には、
結構 昔だけど、FM-NHKのクラシック番組のテーマ曲で使用された
ことで知っている人も多いかもしれません(覚えている人いますか?)

グラズノフは、チャイコフスキーやラフマニノフと違って、
アクの強さはないのですが、
その魅力は、旋律と管弦楽の作曲技法かもしれません。
とにかく、聞きやすく、すっーと入ってきます。

このコンサートワルツ第1番は、どうだろう。

静かな序奏のあと、とても優雅なワルツが始まる
この優雅な雰囲気は、最後まで一緒。本当に一緒です(笑)
弦楽器 管楽器の旋律と対旋律は、全く、全然、本当に嫌味がありません。
途中、速度がゆっくりになってのクラリネットの二重奏。
グラズノフは、管楽器の使い方が上手いなあ。
打楽器も控えめに効果的に使われている。
(ハープも結構効果的)
最後の楽しいちょっと早めのワルツで、ワクワクしていると、
アニマートのちょっと派手な短いコーダで終わる。

うーん、どこまでも優雅だ。
この音楽にひたっていると幸せです。
人によっては、
色彩感に乏しいとか、展開がないとか、派手さがないとか
なんていうかもしれませんが、
いいではないですか、音楽の流れに身をまかせましょう。
とても、気持ちよくなれますよ

さて、コンサートワルツ第1番というだけあって、
実は、グラズノフは、第2番も作曲している。
この第2番も、イメージは、まったく一番と同じですよ。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

エチュード 作品65(スクリャービン) [スクリャービン]

さて、お久しぶりです。
今年2015年は、ロシアの作曲家スクリャービンの没後100年
なのですが、うーん、いまいち盛り上がってないなあ。
まあ、モーツァルトやショパンと違って、
作風は、最初と最後では、すごく違うし、
後期の作品は、神秘和音など、ちょっととっつきにくいのも事実です。
でも初期~中期の作品はも聴きやすいし、
ピアノの能力を最大にいかした曲も多いですね
私もとっても好きです。

でも、今日は、スクリャービンの中でも、
ちょっと、あまり聞かれない曲を紹介しよう。
今日の音楽日記は、
スクリャービン作曲 練習曲作品65 の3曲です。
この曲、神秘主義といわれる時期の作品です。
なので、けっして、聴きやすくはないのですが、
どの曲も、独特の魅力を持っています。

第1曲
右手の旋律は、オクターブ(8度)ではなく、
ずっと9度で弾かれます。
ハイ、この時点で、私のような小さな手では、演奏が無理ですね。
普通だと、不協和で音が濁った感じで聴こえそうなのだけど、
なぜか、この曲、結構、気持よく聞こえます
不思議です。

第2曲
右手の旋律は、オクターブ(8度)ではなく、
ずっと7度で弾かれます。
この時点で、フラットの多い譜面をすぐ読めない私は演奏が無理ですね(笑)
普通だと、不協和で音が濁った感じで聴こえそうなのだけど、
なぜか、この曲、結構、情緒ある美しい曲に聴こえます。
不思議です。
というより、すごく短い曲なので、曲にひたっている暇がないかも・・・

第3曲
この練習曲は、情熱的な練習曲で、和声も独特です。
スクリャービンのソナタ第5番を弾きたいけど、まったく手がでないという人は、
この曲を練習するのはどうでしょうか(笑)

さて、この作品65の3曲の練習曲は、どれも短いので、
スクリャービンの神秘主義の時期の曲を手軽に聞こうと思う人にお勧めです。
まあ、短いけど、3曲通して聴くと、なかなか面白い曲達です。

さてさて、たまには、ピアノの演奏会聞きに行きたいなあ。
スクリャービンでもいくか。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

バレエ《くるみ割り人形》より「終幕のワルツとアポテオーズ」(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、このブログの昔からのファン(いるのか?)は知っていると思いますが、
私、アマチュアですが、マンドリンオーケストラの指揮をやっています。
で、7/5(日)に第一生命ホールで、演奏会をやりますので、宣伝です。
生の みどりのこびとちゃんを見られる数少ないチャンスです。
お暇な方は、是非。よろしくお願いします。

****************************
マンドリン・アンサンブル・モニカ
第10回定期演奏会
2015年7月5日(日)13時30分開場 14時開演
第一生命ホール(勝どき駅 徒歩8分)
全席自由/入場無料(チケット不要)
演奏曲目
コッペリアより前奏曲とマズルカ(ドリーブ)
流星群(末廣健児)
音楽の玉手箱(リャードフ)
ヴォカリーゼ(ラフマニノフ)
くるみ割り人形より(チャイコフスキー)
 他
******************************

さて、この演奏会の最後は、
チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽「胡桃割り人形」です。
この曲の紹介は、ずっと以前、この音楽日記で紹介しています
過去記事はこちら
(今読んでも、たいしたこと書いていないです ハイ)

ということで、今回は、このバレエ《くるみ割り人形》より
「終幕のワルツとアポテオーズ」を紹介してみよう。
この曲、このバレエの最後に演奏される曲です。

くるみ割り人形の中で、ワルツというと、花のワルツ が
飛び抜けて有名なのですが、
この 終幕のワルツ もまけていません。
美しく、優雅で、楽しく、そしてゴージャスで繊細。
すべてが、そろっています。

さて、この曲は、バレエの最後なので、
やはり、物語を知って聞くとイメージがわきます。

バレエの簡単なあらすじを書いてみましょう。

低音を使用せず童話の世界を表現した、わくわくした序曲のあとに
幕が上がるとクリスマスパーティが始まっています。
そこで、クララはくるみ割り人形をプレゼントされます。
パーティが終わりお客様が帰りクララは眠りにつき、そしてクララは夢を見ます。

夢の中で、くるみ割り人形はネズミの大群に勝利し、王子に姿を変え、
クララと王子は、お菓子の国へ旅立ちます。
そこで、お菓子の国の女王のこんぺい糖の精と会い、
いろいろなお菓子の精の歓迎会の踊りが始まります。
最後はお菓子の国の全員が登場し、
クララと王子は豪華なワルツに乗って祝福されます。
そこで演奏されるのが「終幕のワルツ」。
バレエの最後は、クララが夢から覚め、
この幻想的な童話を美しく締めくくる音楽が「アポテオーズ」
です。(最後は、いろいろな終わり方があるようですが・・・)


そう、「終幕のワルツ」には、お菓子の国の全員が出てきます
それをイメージしながら聞くと、実にすばらしい。
同じ旋律も違ったイメージになります。
最後は、チャイコフスキーお得意の、2小節で3拍のリズムが出て来て
盛り上げます。もう一度言うと、このワルツには
美しく、優雅で、楽しく、そしてゴージャスで繊細。
すべてが、そろっています。

そして、それに続く美しくも幻想的な「アポテオーズ」は、
この大曲を締めくくるのにとてもあっています。
チャイコフスキーさん、天才です。

さて、マンドリン編曲で、これを演奏すると、どうなるか?
ゴージャスさは、さすがに管弦楽には負けますが、
なかなか味のある繊細な音楽になります。
興味のある方は是非。
って、最後も宣伝か(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

交響曲 ハ長調(ビゼー) [ビゼー]

さて、ご無沙汰の音楽日記です。
最近、音楽関係で、知り合った人がいたのだけど、
数年前から、この音楽日記のブログのことを知っていたそうで・・・
いやいや、世間は狭いです。

最近、土日は音楽漬けで、平日の夜も、譜面書きで忙しく
そうなってくると、逆に、音楽のない所に行きたいなあ
なんて、思うのだけど、やっぱり、音楽が好きで、
暇になっても、音楽を聴いてしまうんだなあ。
もう音楽中毒なのかなあ(笑)

さて、仕事で疲れた時には、明るい曲に限る。

ということで、今日の音楽日記は、
ビゼー作曲の交響曲 ハ長調です。

ビゼーは、交響曲を3曲書いたらしいのですが、
残っているのは、最初に書いたこの曲だけだそうです。

曲は、伝統的な4楽章で書かれていて、
とても気持ちのいい曲です。

第1楽章
この楽章は、なんといっても冒頭の主題です。
ドミソの音だけで作られているのですが、
この元気な主題は、いつ聞いても気分がいい。
この楽章は、早いテンポで演奏してもらいたいなあ。

第2楽章
この交響曲で、一番の出来ではないかと思う楽章です。
なんといっても、情感のこもった異国情緒豊かな
オーボエの旋律が、とてもとても印象的です。
ここは、もう、どうにでもして、という感じですね。
中間部が全然違う感じになるのですが、
ちゃんと、最初の旋律がもどってくるので安心?です。

第3楽章
ベートーベンのスケルツォか?と思う感じの楽章。
なぜか、田園風景をイメージさせます。

第4楽章
アレグロで、早い動きの軽快な音楽です。
ちょっとだけ、せわしい感じがします。
でも、それだけではありません。
いろいろな感じの音楽が出て来て、楽しいです。
そして、期待通り楽しく終わります。
この楽章は、ちよっと遅めがいいなあ。

さて、聴いたことのない人は、是非聴いてみてください。
まあ、これだという、すごい特徴があるわけではないけど、
ちょっとだけ 明るい気分になれること間違えないです。

さて、この曲、有名な話なのですが、
ビゼーが、17歳の時の作品です。
(それに1か月で作曲したとも言われています)
すごいなあ、私が17歳の時は、なにをしていたのだろう?
遊んでばかりいたなあ。

しかし、おじさんが、17歳のビゼーが書いた音楽に癒されるとはなあ・・・

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

マニフィカト ニ長調 BWV243 (J.S.バッハ) [バッハ(J.S.)]

さて、連休です。で、いつもこの時期は、
東京国際フォーラムで開催されている
ラ・フォル・ジュルネに行って演奏会を楽しんでいます。

今年は、前夜祭の5/1の夜にあった、
「みんなでハレルヤ」に行きました。
誰が参加してもok。各自、いろいろな楽器をもって演奏
公式ページから、楽譜をダウンロードして、集合。
合唱の人はもちろん、弦楽器、管楽器は、もちろん、
シンバルや、ピアニカなどいろいろ。
かみさんは、オカリナ、
私は、フラットマンドリン(HOFNER製です)で参加。
とてもとても、楽しかったです。
それに、周りの人達と、楽器を持っているだけで、
なんか友達になれるのもすごい。
3回演奏して、その後、屋台で食べて、満足、満足。

2015-05-01 19.23.32.jpg
無題.jpg

で、5/3も、ラ・フォル・ジュルネで音楽三昧。

2015-05-03 15.08.43.jpg

今日の演奏会は、2つとも、バッハの演奏会
ヴァイオリン協奏曲やブランデンブルク第3番は、
小さなホールで、心地よく響き、
カンタータやマニフィカトは、合唱団も入って、
井上さんの指揮は、熱気があって、よかったです。
といことで、今日の音楽日記は、今日聴いた
バッハ作曲のマニフィカト ニ長調 BWV243です。

マニフィカトは、もちろん、宗教音楽なのですが、
この曲、トランペットやティンパニーが活躍して、
派手な部分もあり、すごく聴きやすい曲です。
もちろん、歌詞の内容が理解できれば、また違った
イメージなのかもしれませんが、
雰囲気のいいホールで聴くと、
合唱の部分と、独唱の部分の対比がすばらしく、
なぜか、心に落ち着きと、音楽の喜びを与えてくれました。
(それに、この曲、結構聴きやすい長さです。)
うーん、あまり、バッハの宗教音楽は聞かないのだけど、
今日の体験は、よかったです。
ちょっと、バッハの別の宗教音楽も聴いてみたくなりました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽