So-net無料ブログ作成
検索選択
ブラームス ブログトップ
前の10件 | -

2つのラプソディより第2番(ブラームス) [ブラームス]

さて、今日[12/14]は何の日か知ってますか?
四十七士討ち入りの日ではあるのですが、
それでは、このブログとは、何の関係も無いですね。

知っている人は、もう少ないと思うけど、
この「みどりのこびとちゃんの音楽日記」の誕生日なのです。
この音楽日記の最初の記事は、
2005年12月14日です。
で、紹介した曲は、ギロック作曲の[秋のスケッチ]。
とっても味わい深い、簡単なピアノの小品です。
過去記事は、こちら

いやあ、あれから、9年です。
最近は、更新間隔が長くなっているけど、
10年、1000記事目指して、がんばろう。
[継続は力なり]この言葉好きですし、
自分の好きな音楽を文章で書くというのも、
(まあ、勝手に個人的な感想なのですが・・・)
なかなか楽しいものです。
これからもよろしくお願いします。

で、いままで書いた曲で記事数の多い
作曲家のベスト5は、
 5位 ベートーベン 35曲
 3位 R.シューマン 43曲
 3位 ブラームス 43曲 
 2位 リスト 61曲
 1位 ショパン 68曲

私、古典~現代まで、あまり嫌いな曲というのはなくて、
いろいろ聴くのだけど、やはり、有名な作曲家の作品は多いです。

さて、9年目のこの音楽日記、なにを書こうかなあ。
と思っていたけど、上の表をみたら、丁度
ブラームスとR.シューマンが同じ曲数で、同率3位?だ。
なので、安易だけど、どちらかの作曲家の曲にしよう。
迷ったけど、
今日の音楽日記は、ブラームスのピアノ曲
2つのラプソディより、第2番です。

第1番は、過去にこの音楽日記で書いているこちら

第2番もブラームスらしく、ラプソディという題名ですが、
音の作りが、重厚です。
左手のオクターブの使い方は、ブラームスです。
もちろん、高音のキラキラ感なんて、皆無です。
旋律自体は、そんなに凝ったものではないのですが、
なにか、ブラームスのピアノ協奏曲を随所にイメージする箇所があって、
こういう音楽は、ブラームスにしか作れませんね。
第2主題の3連符なんか、渋くていいです。
ショパンだったら、この曲は、幻想曲って名付けるな きっと(笑)
最後は、二つの力強い和音で終わります。

ラプソディというと、どうしても、
情熱的な自由な曲というイメージだけど、
この曲は、しっかりと強い意志を持って
一音一音大切に、魂を込めて弾いて欲しい曲です。

第1番の時にも書いたけど、
この曲の初演時は、【奇想曲】と呼ばれていたらしい。
しかし、【奇想曲】というのも、気まぐれな曲、自由な曲、陽気な曲、
というイメージであり、ちょっと違う。
その後、ブラームス自身が【狂詩曲】と名前を変えたらしい。
調べてみると、【狂詩曲】には、情熱的・熱情的な表現 という意味の他に、
自由な幻想の叙事詩 という意味もあるらしい。

納得です。

ということで、来年の12/14には、1000記事になっているといいなあ・・・
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

クラリネット五重奏曲(ブラームス) [ブラームス]

今日の朝、会社に電車で向かっていたら、突然、山手線が止まって、
人身事故でしばらく止まっているとのこと。
結構、朝早かったので、客席は、まばらで、
電車の中は、静かだったのです。
アナウンスで、しばらく復旧まで時間がかかるということだったので、
ゆっくり、派手でない音楽でも聴こうと思って、選んだのが
今日の音楽日記の曲

ブラームス作曲の名曲
クラリネット五重奏曲です。
(静かな電車の中で今日、ゆっくり聴きましたよ)

クラリネット五重奏曲は、もちろん、弦楽四重奏曲にクラリネットを加えた
編成の曲なのだけど、
モーツァルトの明るい名曲もある。
でも、ブラームスは、それと対局にある音色と旋律で、
これまた名曲だと思う。

第1楽章
とっても渋いけど、でも、とっても暖かい曲です。
6/8というリズムは、ブラームスにあっています。
最後の方、細かい音符の走句で、盛り上がるのだけど、
全然派手でなく、最後は、静かに終わります
これがブラームス晩年の気分なのかなあ・・・。

第2楽章
最初のクラリネットの旋律は、とてもとても、せつない音楽です。
中間部は、情熱的になるのだけど、
私、この部分の音楽の動きは、とっても好きです。
情熱がぶつかります。
もちろん、その後、最初の部分がもどって、静かに終わります

第3楽章
もう、ブラームスならではの、民謡風の主題で、暖かく始まります。
速い部分は、細かい動きで、スケルツォ風です。
クラリネットのすばやい動きがアクセントになっています。

第4楽章
変奏曲です。主題は民謡風ですが、渋いです。
劇的な展開があるわけでなく、結構淡々と変奏曲が続くのですが、
音楽に引き込まれていきます。
第1楽章が回想されるのもなかなかです。
最後の最後、フォルテからピアノにデクレッシェンドして、
寂しく終止します。とっても印象的な終わりです。

この曲、どの部分をとっても、
ブラームスの音楽です。
この曲は、静かに、ゆっくり聴きたいです。
静かに止まっている電車の中で、聴いていて、いい曲だなあ
としみじみ思って、
家に帰ってから、また聴いてしまった。

夜遅くに しみじみ一人で聴く音楽かもしれません。
ロシアの交響曲もいいけど、こういう曲もいいです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

弦楽五重奏曲 第1番 作品88(ブラームス) [ブラームス]

さてさて、この音楽日記、
すっかり一週間に一回の更新間隔になってしまった。
まあ、いいか・・・

なんて書きだしで始まったのだけど、
最近、ゆっくり音楽を聴けないなあ。
だいたいが、ipodかスマホで、移動時間にイヤホンで聴く
という感じです。
部屋で、大きなスピーカーで、ゆったりとした椅子に座って
のんびりと音楽を聴くという日はくるのかなあ・・・

と言っても、生の演奏会には、一か月に一回は行っているのですよ。
ところが、疲れて寝てしまったり(笑)

今日は、この曲は、ゆっくり、ゆったりした気分で聴きたいなあ・・・
と思っている曲です。

今日の音楽日記は、ブラームス作曲『弦楽五重奏曲 第1番』です。
最近、すっかり、ブラームスの室内楽にはまっているのだけど、
この曲、いいですねえ。
ヴァイオリン2本、ヴィオラ2本、チェロ1本の構成なのだけど、
ヴィオラが2本になっただけで、すごくふくよかな響きとなっています。

第1楽章
この始まりの響きと旋律で、この曲に ひとめぼれ(笑)
中間部の対位法的な重なりもいい感じ
親しみやすい楽章ですが、
個人的には、力強い所は、はっきりした演奏が好きですね

第2楽章
不思議な楽章です。
いろいろな気分の主題が出てくるので、
最初に聞いた時は、正直よくわかりませんでした。
でも、親しみやすい第1楽章と、古典的な第3楽章
の間にある音楽としては、正解かもしれません。
何回か聞いていると、面白いと感じてきました。

第3楽章
古典的な音楽です。対位法的な音楽は大好きなので、
こういう音楽が終楽章なのは、好きです。
8分音符の動きがなかなか面白く、
最後は、力強く終わります。
うーん、もう少し長くてもいいかなあ なんて勝手に思っています。

ブラームスには、弦楽五重奏曲 第2番もあるのだけど、
こちらのほうが、ちょっと渋いかもしれません。

どちらの弦楽五重奏曲も コーヒーでも飲みながら
ゆったりした椅子に座って、のんびりと聞きたい曲です。
ブラームスの旋律は、とても いまの気分に合ってます。

お金があったら、家に弦楽5重奏呼んで、
演奏させたら、どうなるのかなあ、
多分、マンションなので、文句がくるな(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

チェロソナタ 第1番 ホ短調(ブラームス) [ブラームス]

さて、秋は、ブラームス。
前回に続いて、ブラームスの室内楽です。

すごく前に、ブラームスのチェロソナタの第2番をこの音楽日記に書いたけど、
(その時の過去記事はこちら
今日は、第1番です。

ブラームスのチェロソナタは、私が、クラシック音楽を聴き始めて、
結構、最初のころに出会った音楽です。
最初に聞いたのは、フルニエのチェロ、バックハウスのピアノのレコードです。
これ、よかったなあ。
今でも、ブラームスのチェロソナタの演奏では、一番かな
(まあ、最初に聞いたのがもっとも印象的ですから・・・)

で、第1番のチェロソナタです。
この曲、渋いです。

第1楽章、最初の低音の主題からそうなのですが、
結構、チェロの高音を使わず、低音の魅力で音楽は進みます。
そして、カノン風な展開の第2主題は、とても力強いのに、旋律的にも美しい。

第2楽章、ブラームスらしい、メヌエットです。
この楽章の中間部、ここがですねえ、私好きです。
まあ、8分音符の動きといえば、それまでなのですが、
こんな風に歌う感じが好きなのです。

第3楽章は、対位法の技法で書かれています。
で、渋いです。でも対位法の書法に耳を奪われず、
全体を聴くことをお勧めします。立派な楽章です。

どちらかというと、第2番のチェロソナタのほうが、
旋律も民謡的なところがあって、聴きやすいかもしれない。
私も第2番の方が好きだ。

でも、第1番をゆっくり聞いてみて、
こちらの曲も、違う意味で、非常にブラームスらしい渋さと、
音楽がある名曲だと思います。

さてさて、チェロソナタ、別の作曲家のものを聞いてみるか・・・

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

ピアノ四重奏曲 第2番 イ長調(ブラームス) [ブラームス]

さて、先週一週間は、仕事で北海道に出張でした。
偶然、なぜか、行きの飛行機も帰りの飛行機も、
ポケモンの飛行機でしたね。

2012-10-15 14.59.19.jpg
2012-10-19 15.45.14.jpg

で、出張にはもちろん、ipodを持っていくのだけど、
今回は、ブラームスの室内楽を入れて持って行きました。
で、暇な時に聞いていたのだけど、
3曲あるピアノ四重奏曲は、どれも、なかなかいいです。

今回聞いた中では、勝手に思ったのだけど、
第1番は、聞きごたえがあって、
第3番は、ちょっと複雑?
みたいな感じだったのだけど、
第2番が一番 面白かった。

今日の音楽日記は、ブラームス作曲の
【ピアノ四重奏曲 第2番 イ長調】です。

ちょっと解説?です。
第1楽章
 始まりのリズムが独特です。
 このリズムが全体にあって、普通に楽しい楽章です。
 展開部は、独特な力強さがあります。  

第2楽章
 弦が最初に弾く8分音符の旋律は、とても美しいし、
 とっても、暖かい感じがします。
 で、その後、ピアノの音階が入ってきて、雰囲気が変わります。
 そんな感じで、この楽章は、美しい部分、怪しい部分、力強い部分などが、
 次々と、いろいろ現れるのですが、なかなかいい。
 私としては、最初の主題が出る部分が一番好きだなあ 

第3楽章
 最初の旋律、音楽だけ聞いた時、拍の取り方を間違えましたよ(笑)
 ブラームスらしい、いかにもという感じのスケルツォです。
 ただ、もうちょっと短くてもいいかなあ

第4楽章
 最初は、楽しい雰囲気なのだけど、どことなく異国風でもあって、
 独特です。でも、途中からまた、雰囲気が変わった旋律も出て来て
 飽きさせません。
 後半、盛り上がって終わります。

ブラームスのピアノ四重奏曲、秋の季節にはいいです。

今回の第2番、私が聞いたのは、ボロディン四重奏団、ピアノがリヒテルでして、
力強いイメージの演奏でした。

ブラームスの室内楽、久々に聞いたのだけど、
チェロソナタもよかったなあ。
ブラームスの旋律って、なんか心を豊かにしてくれます。

nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

ピアノソナタ第2番 (ブラームス) [ブラームス]

さて、この音楽日記のペースもあげなくてはいけないし(えっ、なぜ?)
前回、ブラームスのピアノソナタ第1番を書いたのなら
やっぱり、第2番も書かなくては、片手落ちですよね。
(ピアノソナタ第3番は、結構昔に書いた)

ということで、今日の音楽日記は、ブラームス作曲のピアノソナタ第2番です。
まあ、第2番と言っても、実質は、最初のピアノソナタらしいです。

さて、ブラームスのピアノソナタは、全部で3曲あるけど、
皆さんは、何番が好きですか?

私は、がっちりした構成で、聴きごたえのある第3番が好きで、
その次は、若さあふれるわかりやすい第1番かな。

昔、ブラームスの第2番のピアノソナタを初めて聴いた時は、
さっぱり、わからなかったです。
なんか、とりとめもない音楽だと思ったのです。

今回、本当に久々に全曲聴いてみました。
全部で、4つの楽章からなる大曲ですが、

第1楽章 すごく荒々しい音楽だと思います。
    若さというより、ちょっと乱暴感じですね。

第2楽章 重々しい楽章です。変奏曲なのですが、
    これもまた普通のソナタのゆっくり楽章とは大きく違います

第3楽章 スケルツォぽくないのです。どちらかというと、
    前の楽章の雰囲気を引きずっているかな? 後半のトリルがまたスケルツォぽくありません

第4楽章 幻想的な序奏で始まります。
    ブラームス的な主題、運命の主題 楽しい主題 それらが、混沌としているのですが、
    大きなエネルギーをもって全体を作っています。
    最後はまた、ロマン的な静かなパッセージで、突然フォルテで終わります

確かに、今回聴いても、ちょっとまとまりが・・・と思ってしまう。

だけど、逆にそのまとまりさのなさが、全体の大きな音楽を作って、
いる気もします。

特に第4楽章は、いろいろなイメージの主題が、どれもこれも、大きなエネルギーをもっていて、
これはこれで、すごい音楽かもしれません。

この曲、若き日のブラームスが、ベートーベンとは違うピアノソナタを目指して、
作曲したのかなあ、というイメージがすごくします。

進呈されたクララ・シューマンは、この曲をどんな評価していたのか、とても気になるところですね

さてさて、もう一回、聴いてみるか
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ピアノソナタ第1番 ハ長調(ブラームス) [ブラームス]

ちょっと前に、ブラームスのピアノソナタ第3番の過去記事にコメントがあったので、
久々に、ブラームスの3曲のピアノソナタを聴いたので、
書いていない曲を、ちょっと書いてみよう。

今日の音楽日記は、ブラームス作曲のピアノソナタ第1番です。
この曲、実際には、第2番より後に完成されたらしいけど、
作曲家にとっては、記念すべき、作品番号1がつけられています。

作品番号1・・・いい響きです。

これから、作曲家の道を歩み始めるにあたって、最初の第一歩。
シューマンがこの曲を聴いて、すごく感激したとの話もあります。

どの解説にも、若さあふれる曲と書いてあるけど、
その通りだと思う。
ブラームスの交響曲などの完成度。
後期のピアノ曲の渋みはないけど、
すごく、情熱にあふれていて、こわいもの知らずの曲
と思う。

さて、ここで問題です。
このピアノソナタ第1番が作曲されたのは、1852~1853年です。
同じ時期に書かれた他の作曲家のピアノソナタには、なにがあるのでしょうか?
答えは、このブログの中で・・・

第1楽章
もちろん、最初は、だれでも、ベートーベンのピアノソナタ第29番の最初を
思い浮かべるのだけど、その後の展開は、全然違ってくる
もっとわかりやすいし、第2主題もロマン的だ。
この楽章の最後のコーダの部分、響きが結構好きです。

第2楽章
古いドイツの歌を基にしているということで、民謡風な主題かと思ったら、
結構暗い主題です。
変奏曲になっていて、ブラームスならではの結構渋めの変奏曲です

第3楽章
元気なスケルツォ

第4楽章
第1楽章の最初の主題の変形で始まります。
この第1主題の次に出る主題(第2主題?)の響きが好きな部分ですね
で、ちょっと派手なコーダでしめくくります。

さて、この曲の作曲年代は、1852~1853年です。
どんなピアノソナタが書かれているのでしょうか?

リスト作曲ピアノソナタ・・・1852~1853年

そう、あの有名なリストのピアノソナタと同時期の作曲です。
当たり前ですが、音楽の方向性が、リストとは、全く違っています。

このブラームスのピアノソナタ第1番は、弾く人は少ない。
多分、弾きこなすのに、技巧的に大変なのに、
(だって、ほとんどオクターブの重音が多いし、疲れるし・・・多分)
華麗ということはないし、

ブラームスというと、どうしても、構成力や渋さを求めるけど、
こんなピアノソナタを、一気に弾いて、しまう演奏も聴いてみたいものです。

追記
関係ないけど、今年の最初の目標が 100記事/年 約3日に1記事のペースでがんばろう。
うーん、すでに、すごくペースが遅い感が・・・・
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

ハンガリー舞曲第6番(ブラームス) [ブラームス]

その男は、思った
(マンドリンの合奏練習をやり始めて、1時間30分程度たっているな
 そろそろ休憩にするか)

「10分休憩」男は言った。

男は、汗びっしょりだった。
いやいや、これだけ腕を使うと、汗がすごい
いつものようにシャツを着替えた後、
男は、練習会場の近くのコンビニで[アイスの実]を買った。

休憩時間には、少し糖分をとらなければ、
それに、[アイスの実]は、男の好物だった。

食べようとした時、ベーストップがやってきた。
「ここの音の弾き方ですが・・・」
男は、[アイスの実]をおいて、「ここは・・・」と説明し始めた
説明が終わった時、コンサートマスターが言った。
「そろそろ休憩終わりだよ」

男は、指揮棒を持って言った
「では、練習始めます。ブラームスのハンガリー舞曲第6番の譜面出して・・・」
男は、だいたい、1時間~1時間30分続けて練習をする。

時間がたって・・・

「10分休憩」

その時だった。
すっかり溶けた[アイスの実]が悲しそうにこちらを観ていた・・・

***********************************************************************

す、すいません、しょうもない話を延々と書いてしまいました。
でもね、本当に悲しかったのです・・・

で、今日の音楽日記は、ブラームス作曲のハンガリー舞曲第6番です。
ブラームスのハンガリー舞曲は、いままで2曲書いていて、
第1番⇒こちら第5番⇒こちらです。

で今日は、第6番なのですが、この曲も有名ですね。
第1番のような耳に残る旋律ではない。
第5番のような通俗性を持っている訳でもない。

この第6番の魅力はなんだろう?
旋律そのものではなく、
ゆっくり部分と速い部分の対比が絶妙なのだと思う。
まあ、こういう曲は、分析するより、
流れにまかせて、聴くのがいいです。

まあ、こういう音楽なので、
音楽のことより、いろいろな事について書いてみよう。

シフラ編曲
ピアニストのシフラさんは、15曲ほど、このブラームスのハンガリー舞曲を
ピアノ独奏用に編曲しているのです。
コンセプトは、ブラームスの嫌いなリストの装飾を
ブラームスの曲に付けてみました。というゲテモノです。
聴けばわかるのだけど、
この第6番もいたる所に、速いパッセージが、これ見よがしに弾かれて、
リストのハンガリー狂詩曲みたいです。
ブラームスさんが、どう思うかわかりませんが、
これはこれで、強い個性を持った編曲で、好きです。

オーケストラ編曲
実は、私、この第6番は、オーケストラ版の方が好きですね。
結構、音色の変化や、強弱がオケに合っている気がします。
変わった所では、ジプシー楽団オケですかね
もうブラームスというより、ハンガリーの酒場です
(って、ハンガリーに行ったことないのですけど・・・)

で、実は、この曲、次回のマンドリン演奏会で弾く曲です。
なにが、難しいって、弾くこと自体は、みなできるのだけど、
80名の息の合わせが、合ってないと曲にならないのです。
(譜面通り一定テンポで弾いても面白くもなんともないですからね)
で、指揮棒であうかというとそうでない。
で勢い、指揮は、体全体をゆすって、大きな動きになるのです。
で練習すると、汗びっしょり(笑)
そんな曲です。

ハンガリー舞曲、私、前にも書いたけど、16番、17番好きです。
でも、誰も 演奏しようよ って言わないんだよなあ・・・

追記
 アイスの実 残念だったなあ。
 次回の練習の時は、食べるぞ

nice!(2)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

6つのピアノ小品 作品118より第2番 間奏曲(ブラームス) [ブラームス]

ブラームスの後期のピアノ曲は、渋いと一般的には言われる。
で、これらの曲は、秋の夜長に聞くのが、一番いいと思っていたけど、
夏の夜に一人聴くのも、なかなか いいもんだ と気がついた。

ブラームスの後期のピアノ曲集の中でも、
作品118の6曲は、変化があって、聴きやすいと思う。
この作品118は、6曲通して聴く方が好きなのですが、
今日は、有名な第2曲【間奏曲】を書いてみよう。

最初の語りかけるような、そして ため息のような主題は、
甘いイメージもあるけど、人生も感じさせる。
そして、物語は、このモチーフを基に、静かに
そして、語りかけるように
進んでいく。

そう、この曲が名曲であるところは、
このモチーフの展開が、すばらしい
これは、作曲技法の話。
ただそんなことを気にしなくとも、
淡々とした音楽の中に、物語が見つかる。
これは、イメージの話。

そう、小品だけど、技法も音楽も、どちらもすばらしい。
というより、こんな解説するより、静かに音楽に浸りたい。

そんな音楽です。

この音楽日記を書くにあたって、ちょっといろいろな人の演奏を聞いてみた。
この曲の演奏いろいろですね。
テンポも 速い人もいれば、遅い人もいるし、
最初の主題提示は、ピアノで次は、ピアニシモなのに、
その指示を守る人、守らない人・・・
いろいろです。

私が好きな部分は、17小節目からの3つの音の旋律ですね。
この動きが、実になにかを語っている気がします。
(中間部の動きも好きなのですが・・・)

この作品118-2 やっぱり、夜一人で、聴くのが一番いいです。

追記
 ちょっと、弾けるかなと思って、久々に電子ピアノの前に座って、
 この曲の音をとってみた。
 すごーく、ゆっくりにしか弾けないけど、
 音の動きが、すごくいいです。

 ついでに、6曲全部、ちょっとだけ弾いてみたけど
 (もちろん歯はたたないけど)
 6番は、結構すごい音楽かも・・・
nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

永遠の愛 作品43-1(ブラームス) [ブラームス]

寒い朝でした。
今日は、朝4時に起きて、仕事でした(笑)
眠いです。

さて、珍しく、続けてブラームスの歌曲です。
今日の音楽日記は、ブラームスの歌曲「永遠の愛」です。
ちょっと恥ずかしい歌詞に、ブラームスが民謡風の旋律をつけています
さて、この曲、5分程度の素朴な短い曲なのですが、
大きく3つの部分に分かれます。

第1の部分
 3/4の部分で、男女の情景が説明される
 この部分、伴奏はどことなく不安げだし、
 暗い夜道を歩いている感じです。
第2の部分
 男性が、「もし、なにかあれば、別れよう・・・」
 みたいなことを言う部分
 右手が三連符となり、ちょっと男性が不安げ
 確かに男性は、そうかも(笑)
第3の部分
 女性が、「・・・鉄は、曲がるけど、二人の愛は、永遠です・・・」
 みたいなことを言う部分
 うーん、この部分、伴奏形も前と変わって、
 愛の力を信じる女性の雰囲気で、
 確かに、女性の方が強いなあというイメージなのだけど、
 最後から9小節前の頂点の部分を聞くと、
 (愛は永遠・・・という部分ですね)
 あまのじゃくな私は、裏で、「私からは逃げられないわよ」と
 ニャっと笑っているような女性を考えてしまうのですよ。ははは
 もちろん、そんな思いではありませんね 
 
長いオペラもいいけど、私、こういう短い歌曲の方が聴きやすいです。
ただ、歌詞が ちょっと大げさなので、
逆にこういう曲は、大げさに歌わない方が好きですね。

で、どうでもいいけど、歌曲の伴奏なのに、
なんで、ブラームスさんは、オクターブの低音が好きなのかなあ・・・
伴奏のピアノ、弾きにくいかも

ブラームスの歌曲って、思っているよりも、聴きやすい曲が多いかも
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - ブラームス ブログトップ