So-net無料ブログ作成
検索選択
高田三郎 ブログトップ

山形民謡によるバラード《ファンタジーとフーガ》(高田三郎) [高田三郎]

さて、ネットの時代になって、動画サイトなどで、
本当にいろいろな曲が実際の音で聴けるというのは、
すごいと思う(幸せなことかどうかは、わからないけど・・・)

何十年も前に、神田の古本屋で、
日本人の管弦楽曲のスコアが売っていた。
昭和40年に出版され、定価は600円
確か、それが数百円で売られていたような気がする。
で、どんな曲かもわからないままに、スコアを買ったのですね。
(私、****とフーガ という曲名好きなのです)
で、譜面を見ながら、多分 こんな曲なんだろうなあ。
と想像するのがすごく楽しかった。
ただ、日本の管弦楽曲は、昔は、めったなことでは、
音源は手にはいらなかったし、そのままこのスコアは眠っていました。

最近、動画サイトで、たまたま、この曲を見つけて、
スコアをひっぱりだして聴いてみました。
(アップされていたのは、弦楽編曲版でしたが・・・)
いやいや、ネットの時代に感謝です。

今日の音楽日記は、
高田三郎作曲の 
山形民謡によるバラード《ファンタジーとフーガ》
です。

高田三郎は、1913年生まれの日本の作曲家。
合唱曲などが有名で、
指揮者としても活躍したそうです。

山形民謡によるバラード《ファンタジーとフーガ》は、
1940~1941年の作曲です。

スコアによると、
曲は、山形県近江新田地域の子守唄の主題を基にしているとのこと。
演奏時間約11分
ファンタジーとフーガの2つの部分からなっています。

で、実際に聴いた感想は、
とっても聴きやすく、日本的な美しい作品です。

ファンタジーの部分
この前半部は、子守唄の旋律が、いろいろ そのままの形で歌われます。
この旋律が独特で、
最後の方で、盛り上がる部分の低音と旋律の重なる部分は、
とっても聴きごたえあります。
でも、とっても透明感あふれています。

フーガの部分
リズム感もあり、ちょっとくねくねした感じですが、
このフーガ好きです。いいです。
子守唄の主題も見え隠れして、
最後は、堂々と終わります。

この曲、どの程度、知っている人がいるのだろう?
日本音楽界における すごく重要な曲ではないかもしれないけど、
こういう曲は、埋もれていかないようにしたいなあ。

さて、
ファンタジーの部分の子守唄の旋律なんだけど、
何回も前打音が出てくる。
これは、裏ではなく、表の拍で入るようにスコアに指示があるのだけど、
聴いた音源は、裏で入っている。
さてさて、どっちが正しいのかなあ。
これ、結構、旋律の雰囲気が変わります。
nice!(0)  コメント(0) 
高田三郎 ブログトップ