So-net無料ブログ作成
ルトスワフスキ ブログトップ

パガニーニの主題による変奏曲(ルトスワフスキ) [ルトスワフスキ]

さて、今日は、今年生誕100年という記念を迎える作曲家
ルトスワフスキの曲を紹介しようと思う。

ルトスワフスキという作曲家を知っていますか?
ポーランドの作曲家で、現代音楽家の一人です。
初期は、結構わかりやすい音楽だと思うのだけど、
代表曲と言われるチェーン形式の技法で書かれた《チェーン》などは、
まあ、いわゆる現代音楽で、面白いと思う人もいれば、うーん という人もいるかな。

で、私が作曲家ルトスワフスキを初めて知ったのは、
アルゲリッヒとフレイレのピアノデュオのレコードで、
『パガニーニの主題による変奏曲』という曲だった。

パガニーニの主題による変奏曲というと、この音楽日記でも
リストの曲こちら
ラフマニノフの曲こちら
ブラームスの曲こちら
を書いたし、
まだまだ、いろいろな人が書いている。

今日は、ルトスワフスキ作曲
2台のピアノのための「パガニーニの主題による変奏曲」です。
この曲、もちろん有名なあのパガニーニの主題を基にした
変奏曲ですが、とにかく、かっこいいのです。
原曲を基にしているのですが、
切れのあるリズム。
かっこいい不協和音。
ピアノの華麗な走句。
ちょっと現代的な響きがアクセント。
この曲は、腕のたつ、ピアニスト2人が、息の合った演奏をすると、
本当に、胸がスカッとします。
(作曲者は若いころカフェで2台のピアノでいろいろな曲を弾いていたそうです。)

作曲的には、そんなに凝った変奏ではないけど、
パガニーニの変奏曲が好きな人にはお勧めです。

この曲の作曲者自身で、2台のピアノと打楽器のバージョンがあるのを知っていますか?
これがですね、なかなか面白いのです。
ほとんど、すべての部分に打楽器が入っているのですが、
効果的というより、なんか、曲の一部として聞こえて、
2台ピアノの部分は、そのままなのに、別の曲に聞こえます。
これ、結構いけてます。
≪追記です。よくよく調べたら、作曲者自身の編曲ではなく別の人の編曲
 だったです。申し訳ありません。でも面白いバージョンです≫

ただ、作曲者自身のピアノと管弦楽のためのバージョンは、
普通に聞こえて、ちと、つまんないです。

さて、ルトスワフスキは、今年生誕100年。
少しは、話題になるかもです。

個人的には、ピアノのための 2つの練習曲も短いけど、
なかなか、いけます。ハイ

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽
ルトスワフスキ ブログトップ