So-net無料ブログ作成
クラーク ブログトップ

トランペット ヴォランタリー(クラーク) [クラーク]

さて、9月になりました。
さて、左のサイドバーを見て下さい。
本当に、いつもいつもなのですが、演奏会のお知らせです。
10/8(月・祝) 新宿文化センターの大ホールにて、
私も出演する《さくらマンドリンオーケストラ》の演奏会があります。
演奏曲目は、クラッシック編曲からマンドリンオリジナル
そして、ポピュラーと、なんでもありの演奏会なので、
楽しく聴けます。
ということで、お暇な人は、是非来て下さいね
(もちろん、本物?の みどりのこびとちゃんも見られますよ)
よろしくお願いします。

まあ、毎年、
1部は、真面目にクラシック編曲とマンドリンオリジナル曲
そして、2部は、ポピュラーを演奏します。
今年は、第5回の記念演奏会ということで、
一部ではリムスキー・コルサコフの[シェヘラザード]を全曲
マンドリンオーケストラへの編曲で演奏します。

そして、毎年、2部はいろんなことをするのです、
(昨年は、リモートオーケストラなるものをやりました。
 ⇒その時の音源の一部は、こちらで聴けます
今年も、いろいろ考えているのですが、
まあ、ネタばれになるので、詳しくは書けません
まあ、パロディ音楽、演劇、ダンス、あっと驚くメドレー等々
盛り沢山です。

よろしくお願いします。

で、今日の音楽日記は、そのマンドリンオケの演奏会のオープニングの曲。

クラーク作曲の[トランペット ヴォランタリー]です。

この曲、題名を聞いてもわからない人がいるかもしれませんが、
曲を聞くと、結構、一度は耳にしたことがある曲かもしれません。
よく、結婚式にも演奏されますね。

作曲者のクラークは、1674年生まれのイギリスの作曲家。
この曲は、元々[デンマーク王子の行進]という鍵盤楽器のための曲です。
それを、後世の人が、トランペットとオルガンの為に編曲し、有名になったとのことです。

まあ、とても、シンプルな旋律だけど、
演奏や編曲によっては、
華やかな曲にもなるし、
とても堂々とした威厳のある曲にもなります。
よくいわれることですが、中間部の旋律は、「春が来た」によく似ています。
一度、聞いてみて下さい。

今回のマンドリンオーケストラ編曲は、
演奏会のオープニングにふさわしい感じになっています。
いろいろあります。

とにかく、お暇な方は、是非是非 演奏会来てくださいね

nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
クラーク ブログトップ