So-net無料ブログ作成
オネゲル ブログトップ

クリスマス・カンタータ(オネゲル) [オネゲル]

まず、今日の曲とは、関係ない話題から。
『家政婦のミタ』、私ずっと見ていたのですが、
いやあ、このドラマ面白かったです。
なにがいいって、
・ドラマの脚本がオリジナルティがある
 (安易な過去の焼き直しや、パート2や、医者や刑事などのドラマでない
  もちろん、それでも、面白いものもありますが)
・やはり、今回の松嶋菜々子は、よかったなあ。
 (特に最後の笑い顔の演技)
ネットなどに押されているとはいえ、
テレビドラマも捨てたものではないかと・・・

で、話を音楽に戻そう。
やはり、この時期は、クリスマスの曲を書こう。
今日の音楽日記は、スイスの作曲家オネゲルが作曲した
感動的な名曲『クリスマス・カンタータ』です。

作曲家オネゲルは、ちょっと知名度の低い作曲家
かもしれない。
フランスの作曲家で、
代表作は、交響曲『典礼風』とか『パシフィック231』かな
一曲ぐらいは、この音楽日記で書いたかと思ったけど、
今回が書くのは、初めてだった

作風は、フランスの作曲家だけど、印象派ではなく、
もっとはっきりした感じの音楽です。

さて、『クリスマス・カンタータ』です。
この曲、実は、何年か前に知ったのだけど、
聴きやすい音楽です。

曲は約20分(私には、長くなくて、丁度いいですね)
三つの楽章からなっていて
最初は、暗い雰囲気で始まる
そして、楽しい雰囲気になり、
オルガンが響きわたり、感動的な音楽。
最後は、祈りの中、静かに曲は終わる。

この曲、なんといっても、どこかで聞いたことのある旋律が、
絶妙に重なりあって、すばらしい音楽を作っているところだろう。
特に、有名な『きよしこの夜』の旋律がでてくる所などは、
とてもいい。

20分の曲なので、皆さん、是非、クリスマスシーズンには聴いて下さいね
お勧めです。

さて、クリスマスなので、
たまには、普通のブログのように写真でも
のせますか(笑)
今日、食べたケーキです。
ケーキだよ.jpg
でも、ただいま、ちょっとダイエット中。
一か月で3kgやせました。ハイ

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:音楽
オネゲル ブログトップ