So-net無料ブログ作成
シュトラウス(ヨハン)一世 ブログトップ

ラデッキー行進曲(ヨハン・シュトラウス 一世) [シュトラウス(ヨハン)一世]

今日の音楽日記は、誰でも知っている有名曲を書いてみよう。
ヨハンシュトラウス一世の作曲した【ラデッキー行進曲】です。
(私、有名なクラシック曲って結構好きです。やっぱり有名なだけはあります)

ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの聴き方は、人それぞれだろうし、
こういうコンサートは好き嫌い分かれると思いけど、
私は、軽く聴くのには、いいなあと思うし、
このコンサート、いろいろな指揮者の別の顔が見れて面白いと思う。

さて、ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの定番と言えば
【美しき青きドナウ】と【ラデッキー行進曲】ですね。

コンサートに定番曲があるというのも、いい面と悪い面があると思うけど、
私は、定番曲は、残しておいてほしいなあ。
(話変わるけど、ラジオ体操は、昔のまま、そのままずっと続けて欲しかったです。
 子供から、老人まで、なにか同じことができるというのは、大変重要かと・・・
 あれっ、全然関係ない話になってしまった。
 次いでに書くと、携帯やパソコンも、ちょっと進化のスピードが速すぎるぞ・・・)

で、もとにもどして、曲の話です。
この【ラデッキー行進曲】は、ワルツ王のヨハン・シュトラウスの父の作曲で、
ヨハン・シュトラウス一世は、もちろん、ワルツやギャロップを作曲しているけど、
行進曲も40曲程度作曲しているらしい。
もちろん、その中で一番有名な行進曲です。

4小節の前奏の後、行進曲の主題がでて、トリオがあって、主題がもどって終わり。
という王道の曲で、解説はいらないでしょう。
最初に、スネアのリズムが入るのは、ニューイヤーコンサートの定番か?

この曲、演奏会で演奏すると、曲に合わせて、手拍子が入ることが多い。
もちろん、ニューイヤーコンサートでは、それが定番だし、
他の演奏会でも、そうなる場合が多々ある。

で、演奏に合わせて、手拍子が入るのは、オケにとって、
どういう感じなのだろう?

実際に、私、この曲を演奏会のマンドリンオケでやって、
手拍子をもらったことがあるけど

私は、手拍子が入ると

お客様の気持ちが伝わってきて、嬉しい。
でも
手拍子のリズムがだんだん遅れてくるので、合わせるのに大変。
そして、
知っている人は、フォルテとピアノと叩く場所がわかっているのだけど、
客席に指示をだすのが、これまた大変(笑)
でも、
基本的には、結構、嬉しいものです。

さて、少しは、曲の話もしよう。
この曲、ちょっと疑問なのは、
いったい、もともとの原曲は、どんな曲なのかなあということです。
管弦楽の原典版が、最初の曲なの?
それとも、軍楽隊のスコアが最初?
管弦楽編曲版は、作曲者自身のものや他の人のなど、いったいいくつあるのだろう?

なぜかというと、管弦楽の演奏でも、結構、アレンジが違っている。
まあ、ブルックナーとかと違って、
あんまり、そんなことを考えないで聴く曲でもあるので、
考えなくてもいいのですが・・・誰か知ってますか?

さて、この曲では、個人的に非常におもしろい経験をした。

10年以上前に、幼稚園で、マンドリン数名で演奏会を開いたことがある。
もちろん、幼稚園児に、生演奏を聞かせようという企画だったので、
当時はやっていた、アニメや童謡 おかあさんといっしょ 
の曲などを編曲して演奏したのだけど、
せっかくだから、クラシック曲を一曲だけ聞かせようと思って、
この【ラデッキー行進曲】を選んで、演奏した。
その時に、フォルテの部分では、大きく手拍子、
ピアノの部分は、ひとさし指で、小さく両手で叩く よう 園児に説明して、
演奏した。
もちろん、指揮より 幼稚園児に向かって、身振り手振りでやったのだけど、
そのうれしそうな顔といったら、忘れられない。
フォルテの部分では、全員飛び跳ねながら、手を叩いてくれたし、
ピアノの部分では、全員、小さくなって、指を小さく叩いていた。
いやあ、演奏してよかったなあ・・・
クラシックの曲で、幼稚園児が、これほど 盛り上がるとは、思わなかった。

とにかく、この【ラデッキー行進曲】いろいろな所で活躍している曲だと思います。

*****************************************************************************
追記
 さて、実は、私、以前より、ちょっと右眼が悪かったのですが、
 ちょっと手術しなくてはいけなくなりました。
 で、明日から、10日間程度、病院に入院なのです。
 その間、コメントがあっても、すぐにレスできないと思いますが、
 よろしくお願いします。
 退院したら、報告します。では・・・
nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

リストのモチーフによる【狂乱のギャロップ】(ヨハン・シュトラウス 1世) [シュトラウス(ヨハン)一世]

さて、恒例のウィーンフィルのニューイヤーコンサートが放送されましたね。
もちろん、基本的に、シュトラウス一家のワルツを中心に、
華やかな演奏が繰り広げられ、
どちらかというと、優雅な気分になれるコンサートだと思う。

で、今年のニューイヤーコンサートだけど、リストの生誕200年ということで、
『メフィスト・ワルツ第1番(管弦楽版)』を演奏していたけど、
うーん、この曲 私 大好きなのだけど、
ニューイヤーコンサートの曲としては、違和感があったなあ。
まあ、1曲ぐらい、そういう曲があってもいいか・・・

で、実は、私の知らない曲があった。
それが今日の音楽日記の曲
ヨハン・シュトラウス1世 作曲の【リストの主題による 狂乱のギャロップ】です。

もちろん、最初のファンファーレと主題を聴いて、すぐ
原曲は、リストのピアノ独奏曲【半音階的大ギャロップ】で、
その管弦楽編曲と分かったのだけど、
ヨハン・シュトラウス1世が、この曲を編曲しているとは、知らなかった。
(これ、有名な曲ですか?)
それに途中に、原曲にはない、なんとなく、シュトラウスらしい旋律も入るし、
3分程度の曲にまとめているけど、なかなか楽しい。
最後のコーダもリストと違ってなんとなく、雰囲気がいいかな。

この原曲のピアノ曲については、過去記事で書いた⇒こちら
リストのピアノ曲の半音階的大ギャロップは、
ピアノの技巧をこれでもか、と見せる曲で、
シュトラウス一家のギャロップは、
全然違うと思っていたけど、
そして、なんで、ヨハンシュトラウス1世がこの曲を編曲したのかわからないけど、
なんか、この曲は、ニューイヤーコンサートにはあっていた気もする。
(でも、メストさんの指揮は、ちょっとだけ真面目すぎた気もする)

リストは、他の作曲家の曲を数多く、編曲しているけど、
リストのピアノ曲をリスト自身以外で管弦楽に編曲しているのは、
あまりないなあ。
まあ、リスト自身で管弦楽に結構 編曲していますから。
(そういえば、ピアノソナタの管弦楽編曲という、ゲテモノは、聴いたことあるけど・・・)

とにかく、今年のニューイヤーコンサート、このリストの曲を演奏しただけで、
ちょっと ひきしまった感じがしたのは、私だけ?
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽
シュトラウス(ヨハン)一世 ブログトップ