So-net無料ブログ作成
検索選択
スーザ=ホロヴッッツ ブログトップ

星条旗よ永遠なれ(スーザ=ホロヴィッツ) [スーザ=ホロヴッッツ]

さて、この曲、この音楽日記を書き始めた頃から、
いつ書こうかとずっと思っていてのだけど、
なかなか、書く機会が無かった。
で、最近、他の曲のコメントで、この曲ことがでたので、
いい機会なので、書こうと思う。

さて、原曲のスーザ作曲 行進曲【星条旗よ永遠なれ】のことから書こう。
原曲は、吹奏楽の為の作品であり、
誰もが知っている有名な行進曲です。
(ちょっと調べたら、中間部には歌詞がついているそうだ・・・知りませんでした)
吹奏楽の演奏会で聞いたこともあるし、
管弦楽の実演で聞いたこともある
(確か、アンコールだったのですが、派手派手な演奏でしたね。)
まあ、家の中で、一人で聞くというより、
実演でなにかの機会に聞く場合が多いと思う。
で、なんといっても、最後の方のピッコロのかっこいいオブリガートですね。
実演では、大抵、この部分は、立って演奏しますしね。
有名な行進曲という意味では、上位です。
そして、それだけのことはあります。

さてさて、今日の音楽日記は、その【星条旗よ永遠なれ】を
ロシアの大ピアニスト、ホロヴッッツがピアノ独奏曲に編曲したものです。

そうなんですよ、このピアノ編曲を聞いたのは、いつだったかなあ・・・
高校生の頃かなあ・・・
多分、FM放送だったと思います。

ガーンという衝撃でした。

それまで、ピアノ曲を普通にいろいろ聞いていたけど、
引き込まれました。
多分、当時は、その超絶技巧や、低音の音量、そして、ピアノ演奏のあざやかさに
惹かれたのだと思います。

しかし、この編曲というより、ホロヴィッツの演奏とセットで、いつまでも色あせない
とおもうのです。

当時、譜面を見てみたかったけど、どこにも、売っていないし、
当時は、ネットなんかないし、・・・
インターネットの時代になって、やっと見ることができました。
(今では、動画サイトでも見られるし、ちょっと検索すると、ダウンロードできるサイトもあるようだし・・・)
ただ、正式出版は、されてないので(というより、きっとされないでしょう)
古い録音から、音を採譜するしかないので、
人によって、ちょっと違いますけど・・・(これを採譜する人、すごいです。)

この編曲技法のすばらしいところは、
 ・原曲とほぼ同じ構成、音でありながら、ピアノ曲として一流品
  (華麗な装飾で、アレンジという技法はとっていません)
 ・圧倒的な音量が出る編曲
 ・中間部の3本の手の奏法
 ・そして、あのピッコロオブリガートがかっこよく響きます
 ・なんといっても、どうやって弾いているか、想像がかきたてられる

ただ、最近、この編曲を弾いているピアニストがいるけれど、
やっぱり、私は、この曲は、ホロヴィッツの演奏です。
私の中では、この編曲と演奏は、セットなのです。

この曲を聞いて、ピアノ音楽にのめりこんでいったと言っても過言ではありません。
(余談ですが、有名な「体育会系 超絶技巧的ピアノ編曲の世界」のサイトは、すばらしかったですね
 この文章をよんで、いろいろな曲を想像するのは楽しかったです)

そんな訳で、私の聴くクラシックのピアノ音楽は、最初は、技巧的な曲が多かったのです。
ただ、その後、いろんなジャンルを聴くようになって、
いまでは、八方美人の人間になってしまいましたが・・・ハハハ

追記
私、ちょっと、この曲練習しました(玉砕です。ハイ)
最初の方と最後の方は、なんとかなるけど、途中が難しすぎる・・・・
nice!(2)  コメント(9) 
共通テーマ:音楽
スーザ=ホロヴッッツ ブログトップ