So-net無料ブログ作成
検索選択
デュカス ブログトップ

魔法使いの弟子(デュカス) [デュカス]

その男は、本屋の前で立ち止まった。
「どっちの本を買えばいいんだ」
男は、迷った。
片方は、390円。もう一方は、680円。
「たかが、付録に6枚のしおりが付いているだけじゃないか」
男は、思った。
「しかし、欲しくはないのか?」
耳元で、みどりのこびとちゃんがささやいた。
しかし、今日もその男のお昼は、400円の会社の弁当だ。所持金は少ない。
「どうしよう」
しばらくして、男は、一冊を手に取って、レジに持っていった。
その男の手には、・・・

**************************************************************************

今日は、まんが「のだめカンタービレ」の第14巻を買った。
さっそく読んだが、さっそく聴きたくなったのが、このマンガにでてきた
デュカス作曲の交響詩「魔法使いの弟子」である。
(まあ、私は、基本的にこんな理由で、いつも軽くクラッシックを聴いているのですね。)
早速、聴いてみた。15分程度の管弦楽の為の曲である。

さて、この曲は、完全に物語のある交響詩である。
魔法使いの弟子が、先生がいないときに、魔法を使って、魔法が止まらなくなり、
最後は、先生が魔法を止める。というストーリーである。

そんなことをうんぬんするより、ディズニーの映画で、ものすごく有名である。
ミッキーが魔法使いの弟子で、ほうきが、いっぱいでてくる映画である。
(ファンタジアの中に入っていますよね)
この映画は、すばらしい。完全に音楽と映像があっている。
そして、この音楽の楽しさも十分伝わってくる。

しかし、しかしである、この完璧な音楽映画の映像のおかげで、
私が、この曲を聴いて頭に思い浮かぶイマジネーションが、
全部ミッキーとほうきになってしまうのですよ。
最後は、ミッキーがおしりを先生がほうきで叩く。
もちろんそれはそれで、悪くは、ないが、
この映画を見ないで、この音楽だけ聴いたらどんな世界が広がったのだろう・・・
今となっては、見果てぬ夢である。

ということで、この曲を指揮者になって振ったらどんな感じだろうと思って
(これぞ、素人の究極の楽しみですね(笑))
もう一度スコアを見ながら指揮者になっている気分で、聴いた。
3/8の一拍振りは、なかなかテンポを保つのが難しいなあ、とか思っていたら
いつのまにか、
ははは、ミッキーが映画の中で、振っているような気分になってしまった。
あーあ、この映画の影響力は、すごいよなあ。

さて、私は、390円と680円のどちらを買ったでしょう。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
デュカス ブログトップ