So-net無料ブログ作成
検索選択
一柳慧 ブログトップ

タイムシークエンス(一柳慧) [一柳慧]

最近、クラッシックのCDは、以前より安くなった。(嬉しいことだ)
外盤は、当たり前だが、
日本盤でも1000円程度で、よい音源がCD化されている。

ちょっと前だが、
【現代日本ピアノ音楽の諸相】というCDが2枚組で、1500円で販売された。
(レコードで昔、販売されていたものの、再発売らしい)
林光のピアノソナタや、高橋悠治、坂本龍一、間宮芳生、細川俊夫 等々
現代日本の作曲家のピアノ曲が並ぶ。
(現代とはいえ、1970年代~1980年代に作曲された曲が多い)
これで、1500円とは安い。
こんな企画物のCDをこれからも販売してもらいたいものである。

さて、このCDの中で、私が、良くも悪くも一番印象に残った曲が、
一柳慧作曲の【タイム・シークエンス】である。
(譜面も見たくなったので、買ってしまった)

今日の音楽日記は、いつもとちょっと違った曲である。

さて、この曲は知らない人の方が多いと思うので、簡単に曲の説明をしてみよう
・全曲5/4拍子で書かれている。
・ちょっとした部分を除いて、左手は10個の八分音符の音型を反復し、機械的に弾く
・速度は、プレストでかなり速い。
・右手は、機械的な音型を一小節あたり、
  20個とか19個とか18個とか17個とか、機械的に弾いていく。
・右手のパターンは、いくつかあるが、機械的で、4/5拍子ではなく、拍はずれていく。
・最初から最後まで、右手も左手もすべて単音である。
・9分程度の曲である。
・作曲者は下記のように語っている。
 「コンピューターに演奏させた方が鮮やかな効果があがる曲だが、
           それをあえて、人間の手で演奏する所に意義がある。」

はっきり言って、この曲を弾けるピアニストは、すごいと思う。
ある意味、技巧的には究極レベルだと思う。

さて、この曲の私の感想は、
・まず、イメージといったものは、まったく頭に思い浮かばない
・色彩や、香りというものも、まったくない
・たぶんこの反復音楽は、10分聴くのが限界かもしれない
・どうしても演奏する人間(ピアニスト)は、すごいと思ってしまう。
  (間違いなく、お前は、ターミネーターかと、つっこみを入れたくなりますよ(笑))
・もちろん、癒しとか、気分の高揚とかとは、無縁である。
・曲を聴いている間は、不思議な感覚と、異次元の感覚が交差する。

いつも聴く、ショパンやリストの曲と違うのは、当たり前だが、
作曲に対する考え方がまったく違う音楽である。
現代では、音列や数列を使った音楽がいろいろあるが、
クラッシック音楽のピアノ曲としては、異色の曲だと思う。

この曲は、名曲だろうか?

私は、名曲だと思う。
作曲という芸術において、
ピアノの無機質で機械的な面をこれほどまで、明確に表現した曲もないと思う。
作曲の意図が明確であればあるほど、曲には強い意志を私は、感じる。
(おっと、なんか、真面目な文章になってしまった。)

しかし、名曲とは、思うが、
多分、これから、年に一回程度しか聴かない曲だろうなあ。
でも、
コンサートホールで、生身のピアニストが、この曲を完璧に弾くのを聴いてみたい気は、
すごく、すごく、すごく、するのである。

追記
【現代日本ピアノ音楽の諸相】という2枚組のCDには、
本当に、いろいろな曲が入っている。
1500円なので、
たまには、未知の音楽に触れてみるのも、いいものですよ。
(しかし、作曲家は、本当に、いろいろな音楽を作るものだなあ・・・)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
一柳慧 ブログトップ