So-net無料ブログ作成
検索選択
デュパルク ブログトップ

星たちに(デュパルク) [デュパルク]

さて、最近この音楽日記は、小品シリーズを書いている。
ピアノ曲-リュート曲-声楽曲 ときているので、
今日は、管弦楽曲の小品だ。(安易というか、何も考えてないというか・・・)

管弦楽の曲で、小品で、自分が好きな曲。
いろいろあって、迷ったが、ちょっとだけ珍しい曲を書くことにした。
今日の音楽日記は、
フランスの近代作曲家デュパルクの作曲した管弦楽曲【星たちに】である。
(実際、どの程度、有名な曲なのだろう?知ってますか?)

さて、デュパルクという作曲家は、500曲程度作曲したが、
自分自身に厳しかったそうで、ほとんどの作品は、破棄されたらしい。
歌曲(全部で17曲しか残っていない)が有名らしいが、
(デュパルクさん、すいません、聴いてないです。・・・最近あやまってばっかり(笑))
ほんの少しだけ、管弦楽曲も残っている。

その中の一曲【星たちに】である。

曲は、5分程度の管弦楽の為の小品で、
当時のフランス印象主義の特徴がよくでている。
そして、とてもとても、官能的な響きの曲だ。
それだけでなく、旋律も叙情的で、途中のソロヴァイオリンも印象的だ。
しかし、人によっては、甘すぎると感じるかもしれない。
そこで、この曲の好き嫌いが、別れるかもしれない。

私は、この曲は、大好きだ。
夜の星空のイメージがわく。
副題として、「小さな夜想曲」とついている場合もある。
ぴったりだ。(しかし、エストレリータとは、全然違うイメージの曲ですよ)

この曲は、以下の詩にイメージを受けたと言われている。
「夜を照らす星の光。小さくとも、無限より照らしている光の力を、知るものはいない。」

うーん。だいたい私は、星に関係する曲には、弱いです(笑)

これから、星座がよく見える季節になることだし、
夜空の星を見ていると、少し、幸せな気分になりませんか?
(おっと、ロマンティックすぎるな・・・)


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽
デュパルク ブログトップ