So-net無料ブログ作成
矢代秋雄 ブログトップ

夜曲・ノクターン(矢代秋雄) [矢代秋雄]

暑い日が続くので、涼しい音楽を探していたら、
ちょっと珍しい曲を聴いたので、紹介しよう。

今日の音楽日記は、
日本の作曲家 矢代秋雄作曲のピアノ独奏曲
夜曲(ノクターン)です。

矢代秋雄は、1929年生まれの作曲家で、
ピアノ協奏曲や交響曲等が有名ですね。
ピアノ協奏曲は、この音楽日記でも過去に書いています
(このピアノ協奏曲は傑作だと思います)
過去記事はこちら

日本の作曲家の中では、演奏される機会が多いかもしれない。

さて、ピアノ独奏曲の夜曲です。
1947年作曲です。
この曲は、聴いたことのない人の方が多いかもしれません。

左手の単純なリズムの上に、これまた単純な旋律が、
単音で歌われる。
しかし、和声の微妙な変化と、微妙な単音の旋律が
とっても、いい味を出している曲です。
最後の方に、フォルテシモで、両手オクターブで、
堂々と歌われますが、最後は、静かにCメジャー7 の和音で
印象深く終わる。

5分弱の曲で、旋律が美しいとか、和声が気持ちいい
という曲では決してないのだけど、
なぜか、変に ひっかかる曲です。

交響曲やピアノ協奏曲のような傑作では決してないと思います
そして、作曲者自身は、幼稚な曲だけど、非常に愛着のある曲
と言っている。

うーん、わかるような、わからないような・・・
でも、なぜか、気になる曲です。
まあ、暇な人は、一回でいいので聴いてみてください。

さてさて、この曲全然、聴いても涼しくなりませんので、
あしからず。

今日は、短めの日記です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ピアノ協奏曲(矢代秋雄) [矢代秋雄]

そう、私は、クラッシックのピアノ曲が大好きだ。
そして、オーケストラと対等、いや、それ以上の存在感があるピアノ協奏曲も大好きだ。

日本の作曲家のピアノ協奏曲には、個性的で、私にとって、おもしろいと感じる曲は多い。
しかし、レコードの時代には、なかなか音源も無く、
CDに入っても日本人のクラッシック曲のものは、ごく一部しか無かった。
(しかし、ナクソスの日本人作曲家シリーズは、本当にすばらしいシリーズだと思う。)

今日の音楽日記は、日本人作曲のピアノ協奏曲としては、多分、最も有名な曲
1967年に作曲された矢代秋雄の【ピアノ協奏曲】である。
(楽譜もポケットスコアででています。)

この曲、私が知ったのは、かなり昔で、
テレビの「オーケストラがやってきた」(おっと、古いぞ、歳が分かるぞ・・・)
という番組(多分)でちょっと演奏されたのが、すごーく印象的だったので、
いろいろレコードを探したがなくて、
やっとあって、高いお金を出して買った記憶がある。
(ちなみに、このテレビ番組、クラッシックの有名曲を楽しく聴かせる番組で、
 指揮者の山本直純が司会だった。いやあ、なつかしいなあ・・・)

今では、この曲のCDが何種類か出ている。時代も変わったものだ。
(CD時代さまさまです。)

さて、矢代秋雄の【ピアノ協奏曲】だ。
第1楽章は、冒頭の変拍子で始まる、ピアノの主題からして、印象的で、
なんともしれない不思議な雰囲気に引き込まれる。
(いいんです。ミステリアスなこの主題を聴くだけでもいいです。引き込まれます)
その後のピアノも打楽器的な響きと、ダイナミックな管弦楽がすばらしい。

第2楽章は、作曲者自身が、「子供のころの恐ろしい夢の思い出」と言っている楽章で、
ピアノは、単純なリズムを演奏するだけだか、管弦楽の音色と変化がすばらしく
不気味な雰囲気がある。

第3楽章は、ピアノが、華やかに活躍するが、
最後の方で、最初の印象的な主題が演奏される場所は特に、ぞくぞくする。

確かに現代的な響きはするが、
とっつきにくい曲ではない。
私が好きな、音楽に雰囲気(イメージ)が感じられる曲だ。

当時のフランス音楽の影響とか、構成を考えたりしないで、
この曲は、なにかのイメージで聴きたいなあ。
(ちょっと聴くと、横溝正史の世界か(笑))

しかし、静かな夜に一人で、この曲を聴くと、
曲は全く似ていないが、雰囲気で、ラベル作曲の【夜のギャスパール】を連想するのは、
私だけでない気がする。

そんな曲だ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
矢代秋雄 ブログトップ