So-net無料ブログ作成
検索選択
ブルグマイン ブログトップ

ピエロとピエレットの物語(ブルグマイン) [ブルグマイン]

さて、クラッシック音楽を聴いていると、
私だけの名曲とか、知られざる名曲とか、の宣伝文句がつく曲に出会うことがある。

ただ、そういう宣伝文句の曲に限って、
CDを買って、聴くと、期待を裏切ることも確かに多い。
(そんな経験ありませせんか?)
だいたい、よく知られた曲の方が、名曲の確率は圧倒的に多い。(多分本当)
(でも名曲の定義って何? て聴かれると困るので、かるく話として読み飛ばしてくださいね(笑))

そんなことを書いていながら、今日の音楽日記は、
みどりのこびとちゃんの私だけの名曲・知られざる名曲と呼べる程、
無名な曲だがとてもチャーミングで、素敵な曲。
ブルグマイン作曲のピアノ連弾曲【ピエロとピエレットの物語】である。

このブログを読んでいる人で、この曲を知っている人いますか?
知っている人は、手をあげて・・・
って、多分しらないですよね。
(もし、知っている人がいたら、コメント下さいね・・・いないと思うけど)

さて、作曲者のブルグマインだが、まったく私には、どういう人かわからない。
そう、私の手元には、この曲を
過去の大ピアニストのハロルト・バウアー と マイラ・ヘス が
連弾している音源しかない。
だから、ひょっとしたら、何かの編曲かもしれないし、
原曲は、全然別の曲かもしれない。

しかし、この曲は、一回聴いて好きになった。
私の好きな、ピアノの小品で技巧的にも難しくなさそうな3分程度の小品である。

ちょっと曲を解説してみよう。

曲は、単純な ぶんちゃ・ぶんちゃのリズムで始まり、
その後、奏される旋律は、イメージ的には、
楽しい・チャーミング・わくわくする気分 そんな感じである。(ほんと心が楽しくなります)
ぴろりん という高音の装飾音もいい感じだ。
後半は、うってかわって堂々たる和音で、旋律が歌われる。
そして、かけめぐる音階でこれまた楽しい音楽になり、
曲は、堂々と終わる。

連弾曲として、もっともっと弾かれてもいいのになあ。
もちろん、音楽の深い内容というのは、皆無だが、
それにもまして、明るく楽しい音楽があふれているピアノ小品だ。
子供と連弾するには、うってつけかもしれない。

こんな曲を見つけるのも、音楽を聴く楽しみの一つだと思う。

えっ、この曲が聴いてみたいですか?
音源は、自分で、探してくださいな
いろいろ探すのも、また楽しいものですよ(笑)

追記
 マンドリン合奏にあいそうな曲なんですよ。いつか編曲してみよっと・・・


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ブルグマイン ブログトップ