So-net無料ブログ作成
検索選択
クレメンティ ブログトップ

ソナチネ 作品36 第1番(クレメンティ) [クレメンティ]

さて、近所のかみさんの知り合い(ピアノを教えているらしい)が、
楽譜や音楽の本がいらなくなったというので、
ここぞとばかり、いっぱいもらってきた。
(ははは、これは、いいですね。なんせ無料・・・)

スクリャービンやプロコフィエフやフォーレ等の楽譜や、
ねこふんじやった変奏曲等の楽譜。
そして、バッハのインベンションの奏法 や西洋音楽史の本等々
これは、なかなかうれしい。

そんな中に、ピアノのソナチネ集の春秋社版全3冊があった。
ソナチネ集は、確か、小さい頃、姉が弾いていたので、知ってはいたが、
まじまじと譜面を見るのは、久々だ。

ということで、今日は、クレメンティの作品36の6つのソナチネから、
第1番の曲だ。
クレメンティというと、ピアノ学習者向けと言うイメージがあるが、
交響曲やピアノ協奏曲や室内楽も書いている。

さて、この曲、最近のピアノ教室では、使用するかどうかしらないけど、
昔は、ピアノを習う人は、必ず弾いていたと思う。
そう、ピアノがある家からは、必ず、聞こえていた(ちょっと大げさかなあ・・・)

えっ、わかりませんか?

ドーミド・ソ・ソ ドーミド・ソ・ソ↑ ファミレドシドシド・レドシラソ   

という曲です(ははは、わからんですよね)

うーん、この曲をちょっとまじめに聴きたかったので、
(いままで、そんなことなかったのですが・・・)
ナクソス・ミュージック・ライブラリーで聴いてみた。

もちろん、単純な旋律と構成で、なんということはないのだが、
おっと、なかなか、いいじやあないか。

第1楽章 アレグロ・・・冒頭の旋律は、ある意味、一瞬で惹きつけられます(笑)

第2楽章 アンダンテ・・・この楽章は、はっきり言って、歌うのは、難しいです。

第3楽章 ヴィヴァーチェ・・・軽やかに、はっきりと、リズムよく弾くのは、難しい。
                 でも、ちゃんと弾ければ、とても楽しいと思うなあ。

この曲、どうしても昔、姉が弾いていた印象や、
近所から聞こえてきたピアノの音の印象が強くて、
ちゃんとしたプロの演奏を聴くと、
第3楽章なんて、違った曲に聞こえる。(本当に楽しい音楽です。)

音楽史に残る名曲とは、とてもとても、言えないが、
クレメンティの他のピアノ曲を聴きたくなってきた。

一気に、ソナチネ6曲を聴いてみたが、
昔から持っていたイメージとは、違った。

まあ、曲は、短いし、気楽な気持ちで、聴くには、どの曲も十分楽しめます。

昔、ピアノを習っていた人は、たまには、弾いてみたら・・・


nice!(2)  コメント(11) 
クレメンティ ブログトップ