So-net無料ブログ作成
検索選択
カサド ブログトップ

【愛の言葉(親愛なる言葉)】(カサド) [カサド]

明けましておめでとうございます。
今年も【みどりのこびとちゃんのクラッシック音楽日記】をよろしくお願いします。

さて、皆さん、お正月は、どうでしたか?
私は、家族でなんと、31日から、2泊3日で、沖縄に行ってきました。
(あーあ、またまた、お金が無くなりました。貧乏です。
 今年も、これから、おとうさんのお昼は、500円以下です
 だいたい、沖縄に行くなんて、私、聞いてないよう・・・・涙)
沖縄は、思ったより、ちょっと、寒かったけど、
海は綺麗だし、美ら海水族館はすばらしいし、首里城はさすが世界遺産だけあるし・・・
よかったです。
しかしですね、いろんな所に旅行するのは、いい。
時間と暇が欲しいなあ・・・

ということで、今年最初の音楽日記である。
今年最初になんの曲を書こうかなあ、
あまり考え過ぎると、書けなくなるので、好きな曲を書こう。
ピアノ曲もいいけど、チェロの小品で、私の好きな曲を書いてみよう。

スペインのチェリストで、作曲家のカサドの作曲した
チェロの小品の代表作【愛の言葉(親愛なる言葉)】である。

このチェロの小品は、カサドのチェロの師であるカザルスへ
【親愛なるカザルス先生へ】と書かれていることから、この題名で呼ばれる。

5分弱の短い曲だが、とても情熱的で、師への愛情が感じられる曲だ。
曲は、特徴的なピアノの序奏に続いて、
スペイン風の情熱的だが、明るい雰囲気の旋律で始まる。
アクセントをはっきり、くっきりチェロで弾くと、とてもかっこいい。
中間部は、二拍子のちょっと単純な旋律になるが、
再び、最初の情熱的な旋律が戻り、
最後は、ピアノの特徴的な序奏のリズムも顔を出し、
力強く終わる。

交響曲などの大曲もいいけども、
こんな小曲もいいもんです。

私、結構、チェロ小品好きです

さてさて、この一年も皆様に、このブログで、
クラッシック音楽を【愛のことば】で伝えられれば幸せです(笑)
お後がよろしいようで。

では、今年もよろしくお願いします。


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽
カサド ブログトップ