So-net無料ブログ作成
テデスコ ブログトップ

ギター協奏曲 ニ長調(カステルヌオーヴォ=テデスコ) [テデスコ]

ギター協奏曲シリーズの第2弾である。
(でも私の知っているギター協奏曲は、少ないので、きっとすぐ終わるシリーズだろうな(笑))

さて、カステルヌオーヴォ=テデスコと言う作曲家を知っているだろうか?
クラシック音楽ファンでも、知らない人は、多いかもしれない。
ということで、ちょっとだけ紹介を・・・
  ・1895年生まれのイタリアの作曲家(後アメリカに移住)
  ・歌劇・管弦楽・協奏曲・室内楽・ピアノ曲・ギター曲・合唱曲など、
   作品は、あらゆる分野にわたっている。
    (おっと、ピアノ協奏曲も2曲作曲している・・・探して、聴かねば・・・)
  ・曲想は、明解で、旋律はわかりやすい。
まあ、もっと詳しく知りたい方は、ネットで検索してくださいな。

この人には、ギター協奏曲が2曲あり、
そのうちの1番は、ギター協奏曲の中では、ひょっとしたら、
アランフェス協奏曲の次ぐらいに、有名な曲かも知れない。
早速、曲の紹介だ。
曲は、3楽章からなり、バックの管弦楽の編成は、小編成で1938年に作曲されている。

第1楽章
 最初に聞いた時、かわいらしい音楽だなあ。と思った。
 今でもその印象は、変わらない。
 旋律やリズムがとても素直なのだが、素人ではない、洗練された作曲だ。
 ギターが、小編成の管弦楽と共に、言葉のように語りかけてくる。
 そう、イメージとしては、ディズニーの【くまのプーさん】の音楽かな

第2楽章
 アランフェス協奏曲もそうだが、このギター協奏曲の2楽章も絶品だ。
 アランフェスの2楽章は、スペインの情緒をイメージさせるが、
 この曲は、とてもロマンテックで、
 恋人の語らいをイメージさせる。
 ギターがゆっくり歌う旋律は、なんともいえない雰囲気だ。

第3楽章
 これまた、前の2楽章と雰囲気が、がらっと変わって、
 活気あふれる音楽だ。決然とした舞曲風の主題は、かっこいい

 この曲は、カデンツァが何カ所があるが、どれも、なかなか、聴かせ所だ。

カステルヌオーヴォ=テデスコは、ギターは、まったく弾けなかったそうだ。
有名なギタリストのセゴビアが、ギターの調弦方法と、なにかのギター曲を渡して、
この作曲家に、ギター独奏曲を作曲依頼したのが、ギター曲の作曲のはじまりらしい。
それで、何年後かには、こんな素敵なギター協奏曲を作曲するのだから、
プロは、たいしたものだ。

カステルヌオーヴォ=テデスコのギター協奏曲を聴いていない人がいたら、
ちょっと聴いてみましょうよ。
人生が、ちょっとだけ、楽しくなるような、素敵なギター協奏曲です。(本当)
(特に第1楽章)

さてさて、次回のギター協奏曲は???


nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽
テデスコ ブログトップ