So-net無料ブログ作成
グルック ブログトップ

メロディ(グルック) [グルック]

さて、昨日は、演奏会のはしごでした。
昼間は、プレクトラム・ソサェティというマンドリン合奏の演奏会。
(この演奏会は、細部にこだわって、美しい音の響きが堪能できましたね)
で、夜は、サントリーホールでユジャ・ワンのピアノリサイタルでした。
そのユジャ・ワンのプログラムがこちら
2013-04-21 18.33.56.jpg

・ピアノソナタ第2番(スクリャービン)
・ピアノソナタ第6番(プロコフィエフ)
・リーバーマン (ガーゴイル)
・ピアノソナタ第2番(ラフマニノフ)

ははは、ユジャ・ワンらしいプログラムです。
(それに、演奏は高いヒールで、一部はピタッとした黒のドレス、二部は赤のドレス
 別の演奏会の論評に書いてあったけど、まるで、ボンドガール(笑))

でも演奏はというと、これが見事。
確かに、超絶技巧の部分や和音連打の部分では、
荒いかなと思う所があるけど、
それでこそ、引き立つ音楽もあります。
(ラフマニノフは、迫力ありましたよ)

そして、アンコールは、なんと、6曲!
ホロヴィッツ編のカルメン変奏曲
プロコフィエフのトッカータ
シューベルト=リストの歌曲
ロッシーニのフィガロのアリア(ギンズブルグ編)
等々
いやいや、ピアノ音楽に叩きのめされましたね。

ただ、こういう曲をバリバリ弾かれると、
逆に、曲の静かな部分や静かな曲が、ものすごく
緊張感のある音(空間)となるのも事実です。

で、実は、一番印象に残ったのが、
アンコールで弾かれた、
グルック(スガンバーティ編)のメロディ という曲です。
(もう一曲のショパンのワルツ第7番も独特で印象的でしたが・・)
いやあ、あの雰囲気の中で、ホールで静かに、
この曲が響くといいんだなあ。
(ホロヴィッツのトロイメライもそうだったのかも)

今日の音楽日記は、
グルック作曲「オルフェオとエウリディーチェ」より
メロディです。

この旋律、以前書いた「精霊の踊り」の中間部なのですが、
ピアノ編曲でよく弾かれます。
(なぜか、メロディという題名ですが・・・)

落ち着いた敬虔な旋律で、甘いロマン派の旋律ではないのですが、
心に響く名旋律です。
心の動き、ささやくような声、
どこか、違った場所に連れていってくれるような気分にさせます。

昔から、この曲のピアノ版は
ケンプ編曲のレコードで親しんできた私ですが、
今回のスガンバーティ編曲もいいです。
動画サイトとをみたら、シロティの編曲もいいなあ
(おっと、ラフマニノフが弾いた音源もあるぞ・・・)

確か、譜面があったはずだ。
ちょっと、ひっぱりだして弾いてみよう。
(ユジャ・ワンのようには弾けないけど・・・)

追記
サントリーホールさん、
ホロヴィッツは、ロッシーニのセビリアの理髪師からは
編曲してないと思うけど(笑)
nice!(0)  コメント(0) 

精霊の踊り(グルック) [グルック]

もうちょっと、間隔をあけずに、
このブログで、いろいろな曲を紹介していくつもりだったのですが、
いやいや、忙しくて、なかなか更新できなくてすいません。
先週の三連休は、マンドリンオケの合宿でクタクタになって、
(演奏会まで、あと一ヶ月というのに曲の完成度が仕上がらないのです。ハイ)
その足で、ドイツ村に家族で、遊びに行って、さらにクタクタになって、
(千葉のドイツ村、広いです。くたびれます。ハイ)
夜は、演奏会の進行表や司会の原稿やプログラムの原稿作って、
(私は、雑用係です。ハイ)
あっ、アンコール曲の編曲がまだだし、
(そろそろ、楽団員から、不安の声が・・・)
次の日からは、青森に仕事で出張だあ・・・
(あっ、一応、仕事もちゃんとしてます。ハイ)

ははは、かなり、愚痴っぽくなってきています。
しかし、この歳になると、無理がきかないなあ。

本当は、今回は、チェロ協奏曲シリーズの最後として、
シューマンのチェロ協奏曲を紹介する予定だったのですが、
こんな状態で、シューマンは、体によくない(笑)
ということで、今日は、軽い小品を書いてみよう。
(シューマンのチェロ協奏曲は、また別の日に書きますよ)

私は、疲れた時には、結構、派手な曲も聴くけど、
バロック名曲集みたいな音楽をなんとなく聴くのも結構好きだ

最近、いろいろなことを夜中にやっているのだが、
BGMに音楽を流す時がある。

そんな時、バロック音楽が流れてくると、なんとなく、心が落ち着く時がある。

つい先日も、バロック音楽を聴いていたら、
グルックの【精霊の踊り】が聞こえてきた。
この曲、なんていうことのない曲なのだけど、
フルートの素朴な旋律が、たまに聴くには、とても印象深い。
そして、その素朴さが、とてもいい。
感動とか、劇的とかいう音楽とは、無縁だけど、
疲れた時には、いいかも・・・

この曲、昔、ケンプというピアニストが、ピアノ独奏で弾いていたレコードがあって、
その中には、バッハなんかもあったけど、
この【精霊の踊り】のピアノ独奏も味があって、よかったなあ・・・
そう言えば、最近、聴いてないなあ・・・

なんて、今日は、夜中にとりとめもなく、文章を打ってます。

あっ、まだ アンコール曲編曲終わってない。やらなくっちやあ
明日も練習だし・・・

追記
 す、すいません、シベリウスの交響曲と協奏曲書けそうもないです ハイ・・・

nice!(1)  コメント(3) 
グルック ブログトップ