So-net無料ブログ作成
検索選択
ブルーメンフェルト ブログトップ

左手の為の練習曲 作品36 (ブルーメンフェルト) [ブルーメンフェルト]

最近、あったことを2つ書いてみよう。

一つ目
先日、マンドリンオケの知人から
「アナ雪の曲をハンドベルで演奏をするのだけど、
 高いF♯のベルが見あたらない。
 高いF♯の音を使わないで(低いA~高いG♯まで)
 アナ雪を編曲してくれない・・・」
安易に引き受けたのだけど、
この制約での編曲、簡単だと思ったけど、
これが結構、難しかったのですよ。

二つ目
今日、ビックサイトでやっている楽器フェアに行ったのです。
そこで、オカリナ演奏を聴いたのですが、
一つのオカリナで、音域が2オクターブ以上ある・・・
(普通のオカリナは、1オクターブとちょっとですね)
説明を聞くと、吹き口が、3つあって、トリプルというものらしい。
(オカリナの世界では、有名らしい)
確かに、普通のオカリナの譜面をアレンジすると、
だいたい、1オクターブに入れるのに、四苦八苦するし、
曲によっては、調も限定されてくる。
で、このトリプルのオカリナの演奏では、そんな制約なく、自由に飛び立てる。
演奏もとっても、自由でした。

で、何を書いているかというと、
なにかの音楽と向き合う時に、なにかの制約があった時に、
どうするか?ということですね
(あれっ、このブログ そんなに真面目な問題取り上げるブログだっけ?(笑))
ははは、まあ、ちょっと考えると、
 ・その制約の中で最高のものを考える
 ・その制約をうちやぶる
のどちらかですよね。
で、どちらも正解だと思うけど、どちらをやるにしても、
とことん、やらないと、中途半端になってしまうかもしれません。

前置きが長くなったけど、
今日は、ロシアの作曲家 フェリックス・ブルーメンフェルトが作曲した、
左手の為の練習曲 作品36 です。

以前の音楽日記にも描いたけど、ブルーメンフェルトをちょっと紹介すると、
・1863年生まれのロシア人で、作曲もするし、ピアニストでもある。
・弟子の一人が、あのホロヴィッツ
・作風は、ショパン風で、ロシア風で、技巧的かな
・演奏は、正確さよりも、感覚的なものだったらしい。
・ピアノ曲が主作品
まあ、詳しくは、ネットで調べてください。

ちなみに、私が一番好きなブルーメンフェルトのピアノ曲は、
練習曲【Sur mer】 作品14 です⇒過去の音楽日記はこちら
(この曲、ちょっと アクが強いですが)

さて、今日は、左手の為の練習曲 作品36 です。
この曲、音だけ聞くと、左手だけで弾いているとはまったく思えません。
で、それより、なにより、左手のみということより、
音楽自体、ピアノ音楽として、すばらしいことだと思います。
最初に奏でられる旋律は、とってもいいし、
(広いアルペジォの中に、たくみに旋律が浮かび上がります)
中間部の盛り上がりは、ピアニステックだし、
(ここは、スムーズに弾くのは大変かも・・・)
ショパンとリストを足して、ロシアの味をブレンドした
なんともいえない哀愁が 全曲だだよっています。
そして、最後のピアニシモでの終わり方も印象的です。

で、左手だけという制約をものともせず、
すばらしいピアノ曲を作曲したブルーメンフェルト。
あっぱれです。

左手だけのピアノ曲というと、ゴドフスキーのショパン練習曲の
編曲ものもあるけど、ゴドフスキーは、そのまま凄いという感じ。
このブルーメンフェルトは、凄いというより、
なにげなさの中に凄さがあります。

さてさて、どんな制約があっても、
その中で、最高のものを作り上げるのも面白いですね。
(もちろん、制約を打ち破るのも面白い )

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

練習曲【Sur mer】 作品14(ブルーメンフェルト) [ブルーメンフェルト]

さて、皆さんは、フェリックス・ブルーメンフェルトという作曲家を知っていますか?
うーん、ほとんどの人が知らないかも知れない。
(ピアノオタクの中では、結構知られているかもしれないけど、普通には無名かな)

では、ちょっと作曲者の紹介を
  ・1863年生まれのロシア人で、作曲もするし、ピアニストでもある。
  ・弟子の一人が、あのホロヴィッツ
  ・作風は、ショパン風で、ロシア風で、技巧的かな
  ・演奏は、正確さよりも、感覚的なものだったらしい。
  ・ピアノ曲が主作品
  ・左手の為の練習曲 作品36 が一番有名かな・・・
まあ、詳しくは、ネットで調べてください。

今では、ナクソスミュージックライブラリでも、聴けるけど、
昔は、マルコポーロというレーベルのCDしか、音源がなかった気がする。

今日の音楽日記は、ブルーメンフェルト作曲のピアノ独奏曲
練習曲【Sur mer】 作品14 です。
(Sur mer って、海という意味かなあ・・・よくわからないのですが・・・)

ブルーメンフェルトは、ピアノの為の練習曲を全部で18曲作曲している。
これが、全部、いいんだなあ。
ショパン風、リスト風、チャイコフスキー風、
とか言われたっていいじやあないですか。
革新的な響きではないけれど、
ピアノ好きは、一度聴いてみてください。
ピアノでしか表現できない響きは、一級品の作品達だ。

さて、その中で、一回聴いて気に入った曲が、
練習曲【Sur mer】 作品14です。

ショパンの革命のエチュードにも似た左手アルペジォの上で、
右手がオクターブで、旋律を弾く。
ちょっと、恥ずかしいテーマとコード進行だけど、
この旋律のイメージが、なんか、
古い日本の映画音楽と言おうか、
雄大な大河ドラマと言おうか、
なにかのドキュメンタリーと言おうか
なんか、そんな世界のイメージが広がる曲です。
その後、新しい旋律も入ってくる。
ピアノの技巧の限りを尽くした、豪快な響き。
そして、最初のテーマが戻ってくる時は、左手のアルペジォパターンが
さらに大きくなっている。
突然の転調、圧倒的な響きのコーダ、
最後は、なにもなかったように消えるように終わる。

ショパンの亜流とも言われるけど、
スケールが大きく
すばらしいピアノエチュードであることは、間違いない。

この曲に限らず、ブルーメンフェルトのピアノ練習曲は、
なかなかすばらしい

この曲達が、現代では、まったく弾かれなくなってきている。
なんでだろう?

やはり、
ショパンとか、リストとかじゃあないと、CDが、売れないのかなあ・・・
演奏会の曲目が、ブルーメンフェルトのピアノ練習曲全曲 とかでは、
お客さんが入らないのかなあ・・・
その時代の中で、革新的な音楽や、新しい音楽を作らなくては、
時代の中で、忘れ去られるのかなあ・・・

なんて、勝手に思っています。

まあ、ピアノ好きな人は、騙されたと思って、
ブルーメンフェルトのピアノ曲を聴いてみてくださいね。
ショパンやリストが好きな人は、お勧めです。

ということで、次回もマイナーな作曲家のマイナーなピアノ曲の紹介です。(誰かな?)

nice!(0)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽
ブルーメンフェルト ブログトップ