So-net無料ブログ作成
ブゾーニ ブログトップ

ピアノ協奏曲(ブゾーニ) [ブゾーニ]

さて、マンドリンの演奏会が終わって、ちょっと五線紙と向き合う時間が減るかなあ、
とも思ったけど、
ちょっと趣味の作曲なんて、楽しくやっている。
正式に勉強した訳でないので、趣味の域をでないのだけど、
人前では、一生演奏されない曲達かもしれないけど、
これは、これで、私は結構、楽しい。

さて、作曲という行為は、どんなものだろうか?
もちろん、誰かに頼まれる場合もあるし、
演奏すること、聴衆に聞いてもらうことなどを主体に置く場合もあると思う。
だけど、そんなことまったく関係なく、
作曲家が、自分のやりたいことを譜面に書いた曲というのは、
強い意志がある曲になると思う。
ただ、それが名曲なのか、傑作なのか、みんなが聞くか、ということに関しては、
その場合、疑問がある曲も多い時もあるかも知れない。

今日は、多分、名曲でもない。傑作でもない。そして、
一般的には、まず、聴かれないと思うけど、
作曲家の意思は、強く響いてくる曲。
ブゾーニ作曲の【ピアノ協奏曲】です。

この曲、なにが、すごいって、すごいです。
もう、めちゃくちゃです。
・時間がすごい・・・全5楽章で、約80分
・構成がすごい・・・ピアノ協奏曲なのに、最後に合唱まで入っています
・構成がすごい・・・すごいというより、全五楽章、支離滅裂です
・旋律がすごい・・・すごいというより、いろいろなスタイルが入りすぎです。

こんな曲、あまり聴く人いませんよね(弾く人も少ないけど)

さて、私が、初めてこのブゾーニのピアノ協奏曲を聴いたのは、
かなり昔のことだ。
FMで、クラシック音楽をよく聴いていたとき、
何故か、この曲と出会った。

最初の感想は、「なんにも覚えていない」かな(笑)

第1楽章の始まりは、美しく、堂々としていて、ピアノが入ってきての
和音連打も和声進行もなかなかだ。
と思って聴いていると、これがなかなか、くせもので、
なかなか、思ったように展開していかない。
音楽そのものは、聴きにくくはないのだけど、よくわからないまま、
静かに1楽章は、終わる。

第2楽章は、荒々しい音楽のようだけど、イタリア風でもあり、途中から、ますます混乱してくる。しかし、ピアノパートは、難しそうだ。急に静かに終わるし・・・

第3楽章は、30分弱の楽章。長いぞ。

第4楽章は、イタリアの舞曲タランテラ。というと、想像する6/8の早い舞曲なんだけど、確かにそうなんだけど、イメージは、ずいぶん違うタランテラだ。
この微妙に楽しくなれないタランテラが、15分、延々と続く。
この楽章のピアノも難しそうだ。最後は、よくわからん音楽になるし・・・

そして、最終の第5楽章には、なんと、ピアノ協奏曲なのに、合唱がはいるのです。
うーん、凄く合唱で盛り上がる訳でもなく、
とてもとても、天国のように美しい音楽という訳でもなく、
いったいこの楽章は、なんなんだろうなあ・・・
急に最後は、普通のピアノ協奏曲の終わり方で、終わる

この曲、部分部分を聴くと、美しかったり、技巧的だったり、
気持ちよかったり、するのだけど、
全体を聴くと、支離滅裂かもしれない。
そこが、最大の魅力の曲なのかもしれない。

多分、この曲、音楽を聴くというより、
作曲者の意志を聴くんだろうなあ
ブゾーニというと、バッハの曲をピアノ用に編曲した人のイメージがあるけど、
作曲に関しては、なかなか、おもしろいことをやっている。
けど、それが、一般的に受け入れられるかというと、なかなか?だ。

クラシック音楽の流行は、どうなるかわからない
マーラーだって、今みたいに聞かれていないときは、あったし、
春の祭典が、バリバリの現代音楽だ みたいな 時代だってあった。
リストの超絶技巧練習曲だって、昔は、音源は、ちょっとだけしかなかった

ブゾーニのピアノ協奏曲が、普通に演奏されて、
普通に録音され、
みんなが、聴く音楽になる時代がくるのだろうか?

うーん、これに関しては、来ないほうに、賭けるな(笑)

nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽
ブゾーニ ブログトップ