So-net無料ブログ作成
検索選択
ニールセン ブログトップ

交響曲 第3番【ひろがり】(ニールセン) [ニールセン]

さて、今日は、どう考えても、デンマークの作曲家だな(笑)

今日は、朝早くから、サッカーワールドカップの日本-デンマーク戦を見た人も多いだろう。
えっ、私ですか?
もちろん、ちょっと早く起きて、後半からライブで見ましたよ。
日本代表、今は波にのっています。
この調子で、次もいきたいところです。
日本は、組織だったサッカーだけど、
ドリブル突破の個人技のある選手も欲しいなあ、勝ってくると、欲もでます。
なんて、この日記は、音楽日記なので、
サッカーの話題は、このへんにして、

今日は、デンマークの作曲家です。
私、デンマークの作曲家といって、頭に浮かぶのは、この人しかいません。
カール・ニールセンです。
この人は、歌劇や管弦楽、室内楽、ピアノ曲・・・と数多く作品を残していますが、
なんといっても有名なのは、6曲の交響曲でしょう。
というより、私は、交響曲以外は、ほとんど聞いたことがありません。
その交響曲ですが、名前からいうと、第4番の【不滅】というタイトルがかっこいいし、
一般的には、第5番が傑作と言われている。
だけど、一番ききやすいのは、第3番じゃあないかなあ・・・

今日の音楽日記は、カール・ニールセン作曲の交響曲 第3番です。
ちなみに、【ひろがり】とか【おおらか】という名前で呼ばれる。
(これは、第1楽章の表情記号からきているとのことです)

この曲、3拍子の力強い曲想と対照的なちょっと神秘的な主題が印象的な第1楽章や
田園風景が奏でられる中で、突然、歌声が聞こえるアンダンテの第2楽章や
ちょっと異国情緒的で、細かい動きが面白い第3楽章まで、あきさせないのですが、
なんといっても、聞きどころは、第4楽章の主題でしょう。

さて、冒頭から演奏される主題を聞いて、みなさんは、どう感じるだろう。
この曲のいろいろな解説には、必ず、ブラームスの交響曲第1番の第4楽章を思わせる・・・
と書いてあるのだけど、
私は、どちらかというと、エルガーやウォルトンなどのイギリス系作曲家が書く、
ゆったりとした行進曲風の主題を思い起こさせる気がします。
本当は、この交響曲の愛称の【ひろがり】【おおらか】は、第1楽章の表情記号なのだけど、
この第4楽章にぴったりです。

この曲の作曲年は、1911年。
これから考えると、ちょっと、古めかしい曲ということになるのかもしれないけど、
この4楽章は、一度聞いたら、忘れられない旋律ではあります。
最後に輝かしく、主題が演奏されるのも、王道をいってます。

確かに、アクの強さや完成度からいったら、
第4番・第5番・第6番の方が上ということかも しれないけど、
ニールセンを聞いたことがないという人には、私なら第3番の交響曲を薦めますね。

デンマークというと、島がいっぱいある国というイメージですが、
調べたら、443の島があるそうです。

橋は、いくつぐらいかかっているのだろう?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
ニールセン ブログトップ