So-net無料ブログ作成
検索選択
ボロディン ブログトップ

歌劇【イーゴリ公】序曲(ボロディン) [ボロディン]

さて、ちょっとマイナーな曲が続いたので、
今日は、ちょっとばかり有名な曲を書いてみよう。
まあ、この曲を紹介する理由は、別にもあるのですが・・・

ロシアの作曲家、ボロディンで最も有名な曲は、
歌劇【イーゴリ公】の中のダッタン人の踊りだと思います。
しかし、その歌劇の序曲も、歌劇の中の音楽を用いた、
野性味あふれる素晴らしい作品です。

今日の音楽日記は、
ボロディン作曲の《イーゴリ公》序曲です。
但し、この曲、正確には、未完成で、
実際のオーケストラレーションは同じロシア作曲家のグラズノフ
ということです。

曲は、イーゴリ公が故郷を想う静かな部分で始まり、
すぐにファンファーレ音形(ダッタン人の勝利)から、
速いアレグロの主部に入ります。
リズムが特徴的なテーマ、東洋風なクラリネットの旋律、と続き、
大きく盛り上がった後、
故郷に残した妻への想いをイーゴリ公が歌う美しい中間部となります。
その後、いろいろなテーマが展開され、
曲はファンファーレ音形と共に再現部に入ります。
曲の最後の方では、2つの主題が組み合されたり、全音音階が出てきたり、
音響的にとても面白い部分です。
その後、半音階の下降音形のコーダで、力強く終わります。

さて、この曲、一回聴いただけだと、ちょっとだけ分かりにくいのですが、
何回も聴くと、そのロシア的な響きがくせになります。
さすがボロディンとグラズノフです。

イーゴリ公の中のダッタン人の踊りがいいと思う人は、
ダッタン人の踊りだけでなく、
是非、この序曲も聴いてくださいね。

************************************
さて、PCで見ている人は、左のサイドバーを見て下さい
次の7/21(月・祝)は、
曳舟文化センターホールで、
マンドリン・アンサンブル・モニカ
の第9回定期演奏会があります。
(2014年7月21日(月・祝))
(曳舟文化センターホール)
(開場13時30分 開演14時)
(全席自由・入場無料)
演奏曲目
1部
・劇場支配人序曲(モーツァルト)
・ワルツスペイン(ワルトトイフェル)
・アンダンテカンタービレ(チャイコフスキー)
・イーゴリ公序曲(ボロディン)
2部
・英雄行進曲イタリア(アマディ)
・黄昏前奏曲(ベルーティ)
・小さな木の実(ビゼー)
・グランドシャコンヌ(藤掛廣幸)

私も出演しますので、
みどりのこびとちゃんの実物を見たい方は是非
お越しください(笑)
スカイツリーの近くなので、帰りは、
スカイツリー見学でも・・・・
(イーゴリ公序曲も、マンドリン合奏に編曲したもので演奏します)
nice!(0)  コメント(0) 

弦楽四重奏曲第2番 より ノクターン(ボロディン) [ボロディン]

さて、左のサイドバーを見て下さい。
いつものように、演奏会のお知らせです。
10/10 練馬文化センターの大ホールにて、
私も出演する《さくらマンドリンオーケストラ》の演奏会があります。
演奏曲目は、クラッシック編曲からマンドリンオリジナル
そして、ポピュラーと、なんでもありの演奏会なので、
軽く聴けます。
ということで、お暇な人は、是非来て下さいね
(もちろん、本物?の みどりのこびとちゃんも見られますよ)

まあ、毎年、2部はいろんなことをするのですが、
(昨年は、全員でボディパーカッションのロックトラップやったり、
 ジョン・ケージの4分33秒もやっちゃいましたね)
今年も、いろいろ考えているのですが、
まあ、ネタばれになるので、詳しくは書けません
ヒントは、この音楽日記の過去記事ピアソラの中に・・・ははは

で、今日の音楽日記は、そのマンドリンオケの演奏会でも演奏する曲を紹介しよう。
ボロディン作曲の弦楽四重奏曲第2番 より ノクターン です。
(いやいや、ボロディンの弦楽四重奏曲第2番全曲もなかなかですが、
 やはり、このノクターンの第3楽章は、とびぬけています。)

この曲の魅力は、なんといっても、最初の旋律でしょう。
音の動きが絶妙で、甘くもあり、静かでもあり・・・
古今東西の名旋律の中には、入りますね。
中間部のしずかな情熱の動き
そして、再現部の思わずうなる、対旋律。
曲は、静かな夜の雰囲気そのままで、終わる。

ちょっと感傷的な気分の時、ぴったりの曲です。

この曲に関していろいろと、

さて、私の世代だと、NHK-FMの夜のクラシック音楽の番組
のテーマ曲だったが懐かしい。よく聴いたものです。

さて、この曲をBGMにしたディズニーの短編アニメ映画
『マッチ売りの少女(Little Match Girl)』知ってますか?
セリフはなく、音楽をバックの淡々とした映画ですが、
泣けます(本当)。
動画サイトで探したら見れますよ。
音楽が、本当にぴったり合っています

さて、この曲、原曲は、もちろん弦楽四重奏曲ですが、
弦楽オーケストラの編曲もなかなかです。
でもね、個人的には、チェレプニンの編曲した管弦楽編曲は、
ちょっと、私の好みには合いません。
で、今回のマンドリンオケ編曲は、私がしたのですが、
うーん、演奏会までに、思うようなイメージになるのか、
実は、いっぱいいっぱいです(笑)

さて、ボロディンの譜面には、いろんな所にアクセント記号が付いていますが、
これをそのままやると、なんとなくギクシャクします。
きっと、音を丸っこくするのだろうけど、
あまり意識しない方が、スムーズに弾けるのだけど・・・

等々・・・

ははは、いろいろあります。

とにかく、お暇な方は、演奏会来てくださいね

追記
 演奏会まで、忙しいので、このブログの更新は、1回/1週間 程度
 かもしれませんが、今後もよろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(4) 

韃靼人の踊り(ボロディン) [ボロディン]

今日の音楽日記の曲名を見て、
漢字が、読めなかった人は、何人程度いるのだろう?
まあ、作曲者から、推測できた人もいるかも知れませんね(笑)
(私、漢字は、苦手です。ハイ)

今日の音楽日記は、ロシアの作曲家ボロディンの有名な曲
【ダッタン人の踊り】です。

ということで、「韃靼人」は、「ダッタン人」と読みますね。
ネットで、調べると
「ダッタン人」は、ボルガ川の中腹の地方?に住むロシアの人々らしい。
(間違っていたらごめんなさい)

この有名な管弦楽曲の【ダッタン人の踊り】は、
オペラ【イーゴリ公】の中の一曲で、
原曲には、合唱も入り、雄大な音楽と、なっている。

次から次にでてくる魅力的な旋律
多彩オーケストラレーション
歌詞を付けてポピュラーソングにもなった主題
最後の興奮のクライマックス
等など
聴き所満載の15分の管弦楽の曲だ。

さて、この曲、
なんといっても、途中の流れるような歌の旋律の部分だろう。

この部分、あの有名な旋律の始まりの部分を
マンドリン合奏で、演奏したときには、
心の中で、「ダッタンじーん♪・・・」と歌っていた(笑)
(多分、こう歌っている人は、私だけでないですよね。えっ、私だけ?)

まあ、通常の演奏会では、合唱の部分を省略した演奏が、多いと思うが、
演奏を聞くなら、合唱付の方が圧倒的に、いいと思う。
管弦楽だけの演奏では、聴けない、和音や旋律が、入っていて、なかなかだ。
例えば、最後の最後の和音は、管弦楽だけの演奏で聞くと、和音が裏打ちになる。
これは、これでいいのですが、
合唱付で聞くと、ちゃんと合唱の和音が、頭にはぃっていて、
ああ、だから、管弦楽は、裏打ちなんだ、みたいに
根拠のない納得感(笑)が得られるときもある。

管弦楽曲の定番の一曲です。

さて、音楽とは、関係ない雑学で、今日の音楽日記を終わろう。

次の漢字を読んでください。
 1.亜米利加
 2.露西亜
 3.伊太利亜
 4.仏蘭西
 5.独逸
 6.印度
 7.阿弗利加
 8.和蘭
 9.西班牙
10.西蔵

最後の方が難しいかな
答えは、自分で調べてくださいね


nice!(1)  コメント(8) 

小組曲より【夜想曲】(ボロディン) [ボロディン]

今日は、新大阪へ仕事で出張だった。
こんな時には、新幹線の中で音楽を聴くに限る。

今日、聴いていたのは、ソフロニツキーのピアノで、ロシアのピアノ音楽だった。
ボロディン・リャードフ・グラズノフ・スクリャービン・カバレフスキー
のちょっと、無名なピアノ小品ばかりだ。

今日の音楽日記は、その中から、
ボロディン作曲のピアノ曲
小組曲より【夜想曲】である。

ボロディンの夜想曲といえば、この曲ではなく、有名な曲がある。
弦楽四重奏曲第2番の、ノクターンである。
この曲は、知っている人が多いと思う。
とても、ロマンティックな名曲だ。
(昔、FMの音楽番組のテーマ音楽でもありましたね)

同じ作曲者で、題名は、同じ【夜想曲】だ。
きっと、この曲も、同じようなロマンティックな曲想だろうなあ、
と思って聴くと、ちょっと違う。

この曲は、二分少々のピアノの小品である。
始まりは、ホフマンの舟歌 に似た、旋律で始まり、
(リズムは、違うのですが、なんとなく・・・)
夜想曲の雰囲気というより、
(どうしても、夜想曲というと、ショパンの夜想曲のイメージが強い)
同じ夜でも、夢の世界に浸っていく雰囲気だ。
それも楽しい夢だ。
子供が楽しい夢を見ているイメージだ。

とりたてて、この音楽を聴け。
という曲ではない。
しかし、ピアノ小品としての可憐な魅力をもっている曲だと思う。

ちなみに、ボロディンの小組曲は、全部で七曲からなるピアノ小品集で、
マズルカや夢想 等どれも、とてもチャーミングな曲ばかりだ。

ロシアだけでなく、ピアノ曲には、小品でもとてもいい曲がいっぱいある。
これからも、いろいろな曲を聴いていきたいものだ。


nice!(0)  コメント(0) 
ボロディン ブログトップ