So-net無料ブログ作成
プーランク ブログトップ

オーボエ ソナタ(プーランク) [プーランク]

歳をとったからかも知れないけど、
最近、情報過多だなあ、と しみじみ思う。
ネットで、ニュースを見たり、
いろいろなことを調べたり、
知らないことを読んだりするのは、楽しいのだけど、
結構疲れる。
それに、情報過多といいつつ、結局、自分の価値観にあった
ページばかり見ていたりして、なんだかなあ。

音楽も素直に、音楽だけ聴けばいいのだけど、
ついつい、いろいろなことを調べたりして・・・
その結果、迷宮に入ったりして(笑)

なんてね。

で、今日の曲なのだけど、上記の話とは、全く関係ありません。
聞いたことない人は、是非聞いて下さいね
私のお勧めの曲ですよ。
(珍しく、オーボエの曲なのですが・・・)

今日の音楽日記の曲は、フランスの作曲家プーランク
の作曲した『オーボエソナタ』です。

プーランクのピアノ協奏曲は、私、とっても好きで、
この音楽日記でも過去に書いている
⇒過去記事は、ここ と ここ
プーランクという作曲家は、とても洒落た曲を書いているのだけど、
このオーボエソナタも、とっても、いい。
一歩間違えば、癒し系の音楽かもしれないけど、
立派なソナタでもあり、でも、とっても、洒落ていて面白い。

曲は、3つの楽章からなっています。

第1楽章(エレジー)
 冒頭の2小節のオーボエソロに続いて、ピアノ伴奏で
 オーボエが演奏する旋律。これ泣けます。
 とってもとっても、いい旋律です。
 これは、オーボエならではの旋律ですね
 もうひとつの リズムが特徴的な対照的な旋律も、
 プーランクの得意の旋律の形ですね
 この二つの組合せが この楽章をとっても面白くしています

第2楽章(スケルツォ)
 おおっと、この飛び跳ねるような旋律。楽しいです。
 展開もよくて、ついつい、この躍動する音楽に浸れます。
 中間部は お約束のゆっくりした音楽
 その後、また、躍動する音楽に戻るのだけど、
 短く終わる。あっさりしていて、いいです

第3楽章(悼み)
 この楽章は、深遠な音楽になります。
 ピアノが重厚な伴奏をつける中、延々とオーボエが
 悲しい旋律を弾くのだけど、
 一楽章や二楽章の旋律やその変形もでてくるみたいだけど、
 イメージが違っています。
 この楽章は、とても心に染みいる音楽です。

全部で、15分程度の短い曲だけど、
飽きさせない、とても、凝縮した音楽で、
いろいろとつまった プーランクらしい一曲です。

この曲は、ちょっとお勧めの曲ですよ。

オーボエの音色は、忙しい時には、
ちょっといい感じで響くので好きです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

4手のためのピアノソナタ(プーランク) [プーランク]

さて、[2台のピアノのためのソナタ]という題名があったら、
どの作曲家の曲を思い浮かべますか?

多分、
第1位は、モーツァルトですね
(のだめ で使用されたし・・・)
第2位は・・・・
多分ここで、つまる人も多いかも
まあ、ブラームス、ストラビンスキーあたりまでは、
言えても、それ以上は、なかなか思いつきませんね。
私もあまり、すぐには、思いつきません

で、フランスの作曲家プーランクは、
実は、2台のピアノのためのソナタを2曲も書いています。
で今日の曲は、その2曲の内
2台のピアノで演奏されるのに、
なぜか「4手のためのピアノソナタ」と呼ばれている曲です。

この曲全3楽章からなるのですが、
全部合わせても6分程度の曲です。
(もう一曲の2台のピアノのためのソナタは、20分程度ありますが・・・)

どの楽章もプーランク特有のウイットに富んでいます

第1楽章
 特徴的なリズムパターンの上で、これぞプーランクという
 とても楽しい主題が、踊ります。
 この主題の音の動きが、変だけど、とっても面白いです。

第2楽章
 素朴な旋律が歌われます
 これは弾けそうだ

第3楽章
 第1楽章にもまして、楽しい曲。
 最初の主題がいろいろ展開されます
 途中、第1楽章のリズムが突然出てきたり
 そして、最後の終わり方がとっても粋です。 

この曲、プーランクの19歳の時の作品で、
とっても聴きやすい。
こういう曲は、気の合った人と、2台ピアノで弾くと
気持ちいいだろうなあ。

なぜか、時々、こういう、お茶目な曲を聴きたくなる時もあります。
まあ、そんな時は、疲れているのですけどね(笑)

さてさて、700記事になったら、ちょっとなにかをしようと思うけど、
なかなかだなあ・・・
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

クリスマスの4つのモテット(プーランク) [プーランク]

さて、せっかく今日は、クリスマスなので、クリスマスに関係する曲を考えてみよう。
クラシック音楽で、クリスマスに関係する曲は、数多くある。
現代曲もあるけれど、やっぱり、クリスマスの雰囲気というと声楽曲だろう。
声楽曲でも、
バッハのクリスマスオラトリオを始め、大曲が目白押しだ。
ただ、大曲は、ちょっと聴くのには、気構えがいる

で、今日は、ちょっと気軽に聴ける クリスマスの雰囲気のある合唱曲を紹介しよう。

フランスの作曲家プーランクは、なかなか粋な管弦楽曲やピアノ曲を書いているけど、
声楽曲の作品には、素敵な作品が多いと思う(もちろん、全部は聴いていないけど・・・)

今日の音楽日記は、プーランク作曲の【クリスマスの4つのモテット】です。
曲は、4曲からなる合唱曲で、4曲全部でも10分程度です。
(この曲、ちょっと有名らしいですが、私が知ったのは、つい最近なのです)

第1曲「おお、大いなる神秘」・・・第1曲にふさわしい、とても神秘的な合唱です。
第2曲「羊飼たちよ汝ら見たものを語れ」・・・第1曲より、ちょっと明るい感じです。ハーモニーが美しい。
第3曲「星を見て」・・・静かで、敬虔な音楽です
第4曲「今日ぞキリストは生れぬ」・・・前の曲とうってかわって、楽しい音楽です。リズムがおもしろい。

この曲、4曲すべて雰囲気が違っていて、
神秘的な第1曲から 楽しい第4曲まで、
違った合唱の雰囲気が楽しめて、
そして、1952年に作曲されたのに、とても聴きやすい。

この曲、ばりばりの宗教曲 という感じでもない。
とても表情豊かな曲達だ。
そして、とてもクリスマスの敬虔な感じに合っている。

クリスマスには、ちょっと雰囲気のあるクラシック音楽の合唱曲を聴いてみたいけど、
長い曲は、ちょっと遠慮したいなあ。なんて思っているクラシック音楽ファンには、
きっと、きっと お気に召す音楽だと思います。
聴いたことのない人は、是非、聴いてみましよう。

こういう曲を聴くのは、この時期が最適ですね


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スターバト・マーテル(プーランク) [プーランク]

さて、ワールドカップが開催されている最中に、いろいろと出場国の音楽を聴いていた。
フランスとイタリアが決勝に残ったこともあり、
この2つの国のいろいろな曲を聴いた。
(イタリアオペラのDVDまで見てしまいましたよ(笑))

さて、以前から、どうしても聴いてみたい曲があった。
フランスの作曲家プーランクのピアノ曲やピアノ協奏曲や室内楽曲の作品は、
とてもメロディがおもしろく、ウィットに富んでいて、聴いていて楽しい曲が多い。
私は、とても好きだ。
イメージもわくし、なにより、うきうきしてくる。

ただ、以前より、プーランクの本質は、声楽曲や合唱曲にある
ということを、読んだり、聴いたりしていたが、
この作曲家の声楽曲や合唱曲を聴いたことは、あまりなかった。

ということで、先日、思い切って、プーランクの最高傑作と言われている
【スターバト・マーテル】をCDで買って、聴いてみた。

今日の音楽日記は、プーランクの管弦楽付き合唱曲【スターバト・マーテル】である。

ここで、先に断っておくが
私の良く聴くピアノ曲でさえ、あの文章と感想である。
合唱曲は、まったく無知なので、間違った感想かもしれない(笑)

さて、【スターバト・マーテル】とはなにか?(オイオイ、それからか・・・)
勉強したところ、
イエス・キリストが処刑された時に母マリアの受けた悲しみを歌ったものらしい。
また、ヴィバルディ・ペルコレージ・ロッシーニ・ドボルザーク等々、
様々な作曲家が作曲している。

うーん。宗教的なことは、よくわからないので、その部分は置いて、音楽を聴いてみよう。
(安易な方向に走るのです。私は・・・)

曲を聴いた。

曲を聴く前は、フォーレの「レクイエム」のような音楽を想像していたのだが
全く違った。

一曲目から合唱の感情表現は、すばらしい。
この曲にひきこまれていく。
プーランク作曲ということが頭にあるせいかもしれないが、
旋律と和声は、どの曲もとても豊かだ。
おそらく、この題材からいくと、もっと悲劇的な音楽でもいいのかも知れない。
もちろん重厚な合唱の部分もあるが、神秘的だったり、優雅だったり、
しかしながら、なにかしらのドラマが音楽の中に見えてくる。

ピアノ協奏曲などとちがって、洒落たフランスの街角というイメージは、ないが、
どの楽章も、とても美しい作品で、心を落ち着かせてくれることは間違いない。
(ちょっと、最後が唐突に終わる感じがするが)

しかし、

 ・他の作曲家の【スターバト・マーテル】は、私は、聴いたことがない。
 ・私は、歌詞がまったくよくわからない。
 ・わかったとしても、キリストやマリアのことを知らない私にどこまで理解できるか・・・

などなど、西洋のクラッシック音楽の中の宗教音楽には、
勉強しなければいけないことが多いのかもしれない。
うーん。先は長そうだ。

まあ、最初は、当分の間、音楽だけを聴いて楽しもうと思う。
(ちょっと邪道かなあ・・・まあいいか。)

まあ、これを機会に、時間があれば、
他の作曲家の【スターバト・マーテル】も聴いてみようと思う。

人の声が重なるのは、とても素敵な音楽だ。


nice!(0)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

2台のピアノの為の協奏曲(プーランク) [プーランク]

2台のピアノの為の協奏曲というと、まっさきに思い出されるのは、
モーッアルトの曲だろう。

しかし、それ以外の曲というと、なかなか出てこないのではないだろうか?

先日、テレビで、ベルリンフィルのピクニックコンサートを放送していた。
その中で、2台のピアノの為の協奏曲が演奏されたが、
多分、この種の音楽としては、モーッアルトの次に有名な曲だと思う。

フランスの作曲家プーランクが作曲した、2台のピアノの為の協奏曲がそれである。

プーランクの協奏曲は、私は、大好きで、
ピアノ協奏曲については、この音楽日記の最初のころに書いた。
以下は、その時の文章のピアノ協奏曲の部分を
2台のピアノの為の協奏曲に置換しただけの文章である
(ちょっと違うとこもあるけど・・・)

***************************************************************************

プーランクという作曲家を知っているだろうか?
フランスの作曲家で、合唱曲に傑作が多いが、
軽妙なウィットに富んだ作品も、数多く作曲している。

この2台の為のピアノ協奏曲には、
派手な技巧を誇示する場所もなく、精神的に重くもなく、
オーケストラとピアノが張り合うといった場所もなく、音楽がただ単純に流れていく。
プーランク自身は、「私はいつもメロディを愛する」と言ったように、
いろいろな楽しい旋律が、
次から次へと出てくる。まるで万華鏡のような作品である。

さて、この曲からは、どんなイマジネーションがわくだろう。
私は、聴いていて、まるで華やかなパリの町並みを歩いているような感覚になった。
セーヌ川、凱旋門、カフェ、ワイン、街角でざわめく人々、等々

***************************************************************************

ははは。すいません。手抜きと言えば、ものすごい手抜きなのですが、
この2台のピアノの為の協奏曲も
私には、同じ作曲者の1台の為のピアノ協奏曲と同じイメージなのである。

ただ、二楽章は、この2台のピアノの為の協奏曲の方が私は、好きだな。
単純な旋律なのだが、どことなく、懐かしい感じがするのである。

プーランクの協奏曲には、この他に、
オルガン協奏曲、ハープシコードの為の田園協奏曲、等があり、
どれもこれも、とても楽しい旋律が満載である。
(特に田園協奏曲はお勧めです。)
チャイコフスキーやラフマニノフやベートーベン等のピアノ協奏曲に
疲れた時には、最適ですよ

本当に今日の音楽日記は、手抜きになってしまつた。
しかし、疲れた時にプーランクの音楽は、最適です。(これは本当)

一般には、プーランクの最大傑作は合唱曲らしい。是非今度聴いてみようと思う。


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ピアノ協奏曲(プーランク) [プーランク]

昨日からの疲れがまったく抜けない。
こんな時は、静かな音楽か、軽い音楽を聴くに限る。
ということで、今日は軽く聴ける音楽(決して悪い意味でない)である。

プーランクという作曲家を知っているだろうか?
フランスの作曲家で、合唱曲に傑作が多いが、
軽妙なウィットに富んだ作品も、数多く作曲している。

このピアノ協奏曲には、派手な技巧を誇示する場所もなく、精神的に重くもなく、
オーケストラとピアノが張り合うといった場所もなく、音楽がただ単純に流れていく。
プーランク自身が、「旋律の協奏曲」と言ったように、いろいろな楽しい旋律が、
次から次へと出てくる。まるで万華鏡のような作品である。
(実際、一楽章の最初の主題は、まるで、コーヒールンバの様な旋律である。)

さて、この曲からは、どんなイマジネーションがわくだろう。
私は、聴いていて、まるで華やかなパリの町並みを歩いているような感覚になった。
セーヌ川、凱旋門、カフェ、ワイン、街角でざわめく人々、等々

でもね、私は、実際にパリという都市に行ったことがないのですよ(笑)
行ってみたいよなあ。(行ったことがないからイマジネーションがわくのです)

プーランクのピアノとオーケストラの為の作品は、この他に、
2台の為のピアノ協奏曲、田園協奏曲、等があり、
どれもこれも、とても楽しい旋律が満載である。
(特にチェンバロ版の田園協奏曲はお勧めです。)
チャイコフスキーやラフマニノフやベートーベン等のピアノ協奏曲にちょっとだけ
疲れた時には、最適ですよ

ということで、今日の私にぴったりの曲が見つかって
私は、今、幸せなのである。
(と言うより、疲れてるなら、音楽なんか聴かないで、さっさと寝ればいいのにね。
 それができないのですよ。)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
プーランク ブログトップ