So-net無料ブログ作成
クレンゲル ブログトップ

チェロ協奏曲 第4番(クレンゲル) [クレンゲル]

ここ何回かは、ピアノ小品好きの私が、ずっーとチェロ協奏曲シリーズを書いている。
そう、それは、実は、今日紹介する曲の布石だったのだ(なんてね・・・)

クレンゲルという作曲家を知っていますか?
この音楽日記では、この作曲家では、
12人のチェロの為に書かれた賛歌という曲を過去に書いた。

クレンゲルという人は、1859年生まれのドイツの作曲家で、
チェリストでもあったらしい。
チェロの練習曲もあり、チェロを学習している人の中では、有名らしい。

ただ、普通のクラシックファンには、なじみがまったくない名前だろう。

私も、最近まで、名前こそ知っていたが、曲としては、【賛歌】しか知らなかった。
この【賛歌】という曲は、とてもとてもすばらしい旋律の曲で、
聴いたことのない人は、一回聴く価値は、あると断言できます

この人の書いた、チェロ協奏曲は、絶賛している人がいたので、
いつか聴こうと思っていたのですが、
ちょっと前に、横浜の新星堂で、このクレンゲルのチェロ協奏曲ばかり、
3曲入ったCDがあったので、即座に買ってしまいました。

だいたい、知られざる名曲 なんて、いうのは、なかなかなくて、
90%は、期待を裏切られるのですが、
この3曲のチェロ協奏曲は、すばらしい。

今日の音楽日記は、クレンゲル作曲のチェロ協奏曲第4番です。

曲は、3楽章からなり、約30分の曲だ。
もう、第一楽章の冒頭のチェロの旋律から、いいんだなあ・・・これが。
雄大で、朗々と歌う、ちょっと演歌ぽいけど(笑)、感情移入できる音楽だ。
第二楽章は、アンダンテ、
チェロが、美しい音楽を奏でていく。とても幸せな気分だ。
第三楽章は、お約束のアレグロ
でも、ここでも、リズミカルな音楽なのですが、
気品を忘れない音楽となっている。
でも全体を通して、単に甘ったるいだけでなく、そこは、ドイツの音楽家という
感じがいいんだなあ。

まあ、騙されたと思って、この曲、聴いて無い人は、是非聴きましょう。

さて、第一楽章を聴くと、面白い部分がありますよ。
第二主題が歌われ、その後半の部分は、普通に聴くと、普通の音楽なのですが、
その後展開され、管弦楽の総奏になると、
これが、有名なあのチャイコフスキーの交響曲の旋律と
そっくりさんになっちゃうんだなあ、これが(笑)

ははは、もちろん、わざとではないと思うけど、
クレンゲルさん、恥ずかしくもなく、よくやるなあ。立派です。

この曲が無名なのは、なぜだろう?
作曲年が1903年という年代のせいかもしれない。
でも、保守的な音楽だけど、いいじゃあないか。

ということで、聞き所満載のこの曲。お勧めです。

さて、チェロ協奏曲シリーズは、一旦終了予定だったのですが、
あと一曲だけ、次回書きます。

追記
 連休は、岩井海岸に、マンドリンオケの合宿練習だあ・・・

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

賛歌 作品57(クレンゲル) [クレンゲル]

さて、この音楽日記は、ピアノ音楽を中心に
クラッシック音楽を体系的ではなく、つれづれなるままに書いていこうという趣旨?
なのて、有名・無名にかかわらず、いろいろな曲を書いている。

今日の曲は、有名なのか無名なのかよくわからない。
クラッシック音楽ファンの中では、どの程度の知名度なのだろうか?

しかし、私の中では、そんなことに関係なく、
すばらしく美しく、すばらしく感動的な音楽の一つだと思っている。

今日の曲は、ドイツの作曲家クレンゲルが1920年に作曲した【賛歌】である。
この曲は、チェロだけの合奏(12パート)の為に書かれた曲で、
演奏時間は、6分程度だが、実に感動的な音楽である。

チェロだけの合奏曲といえば、
ヴィラ=ロボスのブラジル風バッハ第1番が有名だが、他にもいろいろある。
そして、チェロだけの合奏団といえば、
ベルリンフィルの12人のチェリストという団体を筆頭に、これまた、いろいろある。

ヴァイオリンだけの合奏曲というのは、なかなかないが、
チェロは、高音から低音まで、表現力が優れている為、
このような、合奏形態もありなのだろう。

そんなチェロ合奏の中で、私が最も好きな曲がこの【賛歌】である。

聴いたことのない人は、是非一度でいいから聴いてほしい。

チェロ合奏の重厚な音色で、
すばらしい叙情的な祈りの旋律(一回聴いたら絶対に忘れられない名旋律)が、
延々と歌われる。
確かに、それだけと言えばそうなのだが、チェロ合奏の音色とすばらしく合っており、
実に心打たれる音楽となっている。
一歩間違えれば、ポピュラー音楽になるかもしれないこの旋律だが、
全体としては、純粋で完全なクラッシック音楽だとも思う。

私は、12人のチェリストのコンサートで、実演でこの曲を聴いたことがある

涙が出てそうだった。とてもいい曲だ、とその時思った。

もちろん、その時は、自分の気持ちと、この曲が合ってしまったのだろう。
しかし、この曲に限って言えば、
いつどんな時に聴いても、その感動がよみがえってくるのである。

うーん。複雑で、現代的な曲もいいけど、
この曲の響きと旋律は、なにか、心に直接くるものがあるんだろうなあ・・・


nice!(0)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽
クレンゲル ブログトップ