So-net無料ブログ作成
チャイコフスキー ブログトップ
前の10件 | -

バレエ《くるみ割り人形》より「終幕のワルツとアポテオーズ」(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、このブログの昔からのファン(いるのか?)は知っていると思いますが、
私、アマチュアですが、マンドリンオーケストラの指揮をやっています。
で、7/5(日)に第一生命ホールで、演奏会をやりますので、宣伝です。
生の みどりのこびとちゃんを見られる数少ないチャンスです。
お暇な方は、是非。よろしくお願いします。

****************************
マンドリン・アンサンブル・モニカ
第10回定期演奏会
2015年7月5日(日)13時30分開場 14時開演
第一生命ホール(勝どき駅 徒歩8分)
全席自由/入場無料(チケット不要)
演奏曲目
コッペリアより前奏曲とマズルカ(ドリーブ)
流星群(末廣健児)
音楽の玉手箱(リャードフ)
ヴォカリーゼ(ラフマニノフ)
くるみ割り人形より(チャイコフスキー)
 他
******************************

さて、この演奏会の最後は、
チャイコフスキーが作曲したバレエ音楽「胡桃割り人形」です。
この曲の紹介は、ずっと以前、この音楽日記で紹介しています
過去記事はこちら
(今読んでも、たいしたこと書いていないです ハイ)

ということで、今回は、このバレエ《くるみ割り人形》より
「終幕のワルツとアポテオーズ」を紹介してみよう。
この曲、このバレエの最後に演奏される曲です。

くるみ割り人形の中で、ワルツというと、花のワルツ が
飛び抜けて有名なのですが、
この 終幕のワルツ もまけていません。
美しく、優雅で、楽しく、そしてゴージャスで繊細。
すべてが、そろっています。

さて、この曲は、バレエの最後なので、
やはり、物語を知って聞くとイメージがわきます。

バレエの簡単なあらすじを書いてみましょう。

低音を使用せず童話の世界を表現した、わくわくした序曲のあとに
幕が上がるとクリスマスパーティが始まっています。
そこで、クララはくるみ割り人形をプレゼントされます。
パーティが終わりお客様が帰りクララは眠りにつき、そしてクララは夢を見ます。

夢の中で、くるみ割り人形はネズミの大群に勝利し、王子に姿を変え、
クララと王子は、お菓子の国へ旅立ちます。
そこで、お菓子の国の女王のこんぺい糖の精と会い、
いろいろなお菓子の精の歓迎会の踊りが始まります。
最後はお菓子の国の全員が登場し、
クララと王子は豪華なワルツに乗って祝福されます。
そこで演奏されるのが「終幕のワルツ」。
バレエの最後は、クララが夢から覚め、
この幻想的な童話を美しく締めくくる音楽が「アポテオーズ」
です。(最後は、いろいろな終わり方があるようですが・・・)


そう、「終幕のワルツ」には、お菓子の国の全員が出てきます
それをイメージしながら聞くと、実にすばらしい。
同じ旋律も違ったイメージになります。
最後は、チャイコフスキーお得意の、2小節で3拍のリズムが出て来て
盛り上げます。もう一度言うと、このワルツには
美しく、優雅で、楽しく、そしてゴージャスで繊細。
すべてが、そろっています。

そして、それに続く美しくも幻想的な「アポテオーズ」は、
この大曲を締めくくるのにとてもあっています。
チャイコフスキーさん、天才です。

さて、マンドリン編曲で、これを演奏すると、どうなるか?
ゴージャスさは、さすがに管弦楽には負けますが、
なかなか味のある繊細な音楽になります。
興味のある方は是非。
って、最後も宣伝か(笑)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

スラヴ行進曲 作品31(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、10月5日(日)は、左のサイドバーに書いてある通り、
演奏会なのです。
暇な人は、是非聴きに来てくださいね。
純粋なクラシックの演奏会と違って、ちょっと気楽な気分で、
マンドリンの生の音を聴くのも、たまには、いいですよ。
それに、生のみどりのこびとちゃんが見られますよ
(って、あんまり嬉しくないか(笑))

今日の音楽日記は、そのマンドリンの演奏会でも、演奏する曲。
チャイコフスキーが作曲した、華麗で、色彩感豊かな管弦楽の為の曲。
【スラヴ行進曲】です。

この曲、最初、チャイコフスキーは、【ロシア・セルビア行進曲】
と呼んでいたが、
出版時に、【スラヴ行進曲】になったらしい。

※ちなみに、本当に暇な人は、この音楽日記の
チャイコフスキーの[イタリア奇想曲]の過去記事⇒こちら
をみてください。
書き始めは、まったく一緒です(笑)

と、そんなことはいいとして
チャイコフスキー作曲の[スラヴ行進曲]です。

曲は、セルビアの民謡が多く使われ、
暗い雰囲気の行進曲から始まります。
その後、民謡風な部分もあったり、
ロシアの国歌も堂々と出現したりして、
最後は、華麗で派手派手のコーダでとてもとても
かっこよく終わります。

なんといっても、管弦楽の使い方は、一流で、
このゴージャスな響きは、さすがチャイコフスキーです。

有名な曲ですが、皆さんは、誰の演奏が好きですか?
うーん、この曲に限っては、
あの独特な解釈のストコフスキーの演奏もなかなかいけます。
冒頭のベースも独特だし、速度もやりたい放題だし・・・
でも、ちょっと惹かれます。
あと、カラヤンもべただけどいいでねえ。
ロシアの指揮者は、逆に、普通の解釈に聞こえてしまいます(笑)

この曲、作曲者自身のピアノ譜があるようだ。
これを見ると、ちょっと、旋律の動きが違います。
でも、私、ひねくれているかもしれないけど、
なぜか、こちらの動きの方が好きですね。

さてさて、マンドリンオーケストラでこの曲を演奏するのだけど、
もちろん、チャイコフスキーのあの管弦楽の響きとは違います。
でも、すごく、面白いです。
興味ある方は、是非
(って、最後も宣伝か(笑))


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

交響曲 第6番【悲愴】(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

指揮者のアバドさんが亡くなりました。
ご冥福をお祈りします。

アバドという指揮者は、人によっていろいろな評価があるみたいだけど、
私は、ベルリンフィルの常任になる前の颯爽とした指揮が好きでした。
で、なぜか、アバド指揮のレコード(懐かしい)で、最初に買ったのが、
ウィーンフィルを指揮したチャイコフスキーの悲愴でした。
(いやあ、懐かしいなあ。高校生の時かもしれないなあ・・・歳がばれる・・・)

当時は、チャイコフスキーの交響曲は、ムラビンスキー等のロシアの指揮者
のレコードが名盤と言われていたのですが、
私、このアバド指揮ウィーンフィルの演奏が
とてもとても好きでした。
録音が当時としては、よかったこともありますが、
1楽章の歌い方、ppppppの後の強烈な入り、
ワルツのリズム、3楽章のかっこよさ、4楽章の呼吸。
どれもこれも
すごくよくて、当時レコードが擦り切れるほど聴いたものです。

このレコードには、もう一つ思い出?があって、
私が買ったレコードは、ドイツグラモフォンの輸入盤でした。
そのジャケットがカンデンスキーという画家の初期の絵で、
『馬上の二人』という絵なのですが、すっかり気に入って、
カンデンスキー(実は抽象絵画なのですが)のファンになって、
それは、今でも続いています。

無題.jpg
(いい絵だと思いませんか?)


ということで、今日の音楽日記は、
チャイコフスキー作曲の交響曲第6番【悲愴】です。

チャイコフスキーの代表作だし、
この曲、説明する必要もないほど有名です。
 ・最後の楽章が、遅く、消えるように終わる交響曲 とか
 ・悲劇的という題名がダメだしにあい悲愴になった とか
 ・指揮者バーンスタインの4楽章は無茶苦茶遅い とか
 ・2楽章のワルツは、5拍子だ とか
 ・4楽章の最初の主題は、1stと2ndが交互に弾いている とか
いろいろあるのですが、
ネットで調べればいろいろわかるので、
興味ある方は、調べて下さいね。

まあ、有名曲なので、
今回は、この曲に関していろいろなことをランダムに書いてみようと思う。

■この曲の演奏会での拍手
有名曲だけに、私、実演でも何回も聴いたことがあります。
で、わかっていても、3楽章が終わると、まだ4楽章があるのに、
拍手したくなっちゃいます。
それほど、この3楽章の最後の響きと終わり方は、
爽快です。実際に拍手が起こった演奏会は、1回や2回ではありません。
まあ、これはこれで、いいのかもしれないのです。
しかし
この曲の終楽章が終わった後の拍手は、難しいです。
個人的には、完全に終わってから、30秒以上無しでもいいと思います。
でも、実演では、なぜか、終わってすぐ拍手する人もいます。
うーん、もっと音の余韻にひたろうよ・・・

■1楽章の第2主題
この交響曲の第1楽章の第2主題は、とろけそうです。
本当に、すごい主題です。おもいっきり、感情をこめて弾いても
恥ずかしくならずに、さまになる主題は、なかなかありません。
名旋律です。
今は、亡き私の父に、私が、たまたま、この曲を聴いていた時に、
「この旋律、いいでしょう。すばらしいでしょう」(当時私は若かった)
と熱く言ったら
「うーん、なにがいいんだか全くわからん」
と言われたのが懐かしい思い出です(父はまったく音楽に興味なかったです)

で、あと、
リヒャルトシュトラウスの「アルプス交響曲」の中の旋律
にこのチャイコフスキーの旋律が長調になって、思いっきり出てきます
これはこれでおもいろいです。聴いてみてください。

■3楽章のピアノ編曲
この曲の3楽章には、フェインベルクという人が編曲した
ピアノ独奏用の編曲があります。
ピアノの超絶技巧が好きな人は、是非聴いてみて下さい。
ベルマンの演奏等 いろいろあります、えっーとですね、
ピアノの限界をいく編曲で、B級(笑)ですが、
とっても、とっても かっこいいです。

なんか、いろいろ書いてきたけど、
いろいろ書けるというのは、
やっぱり、名曲なんだろうなあ。

久々にアバドの演奏聴いてみようと思います。

しかし、こんな有名曲、まだこの音楽日記に書いていなかったです。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

交響曲 第5番(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

クラシック音楽のテレビ番組というと、皆さんは何を思い浮かべますか?
3つあげろというと、私は、

・オーケストラがやってきた
  うーん、これは懐かしいなあ。山本直純が司会だったけど、岩城さんや小澤さんも
  よく出演していた気が。

・題名のない音楽会
  今も続いているけど、なんと言っても面白さの点では、黛さんの時代ですね。
  もちろん羽田さんの時も良かったけど、


で、もう一つが、先日、最終回だったN響アワーですね。
日曜の夜9時ということで、裏番組で、いろいろなドラマと重なったり
していたけど、よく見ていました。
この番組のいいところは、あんまり、しゃべりがなくて、
音楽をじっくり聞かせるところでしたね
(といっても、1時間番組なので、何楽章だけ なんていつもでしたが・・・)
芥川也寸志さん、最近では池辺さん、そして西村さん
作曲家が司会をすると面白い。

私、こういうクラシックの番組では、演奏家より作曲家の司会が向いているような気が
します。

30年以上続いた番組がなくなるのは、ちょっとさびしいかな。

上記にあげた3番組は、私がクラシック音楽を聴き始めてから、
最初のころは、すごくお世話になった番組ばかりです。

で、先日最終回を迎えた N響アワーの最後の曲が、
今日の音楽日記の曲。

チャイコフスキー作曲の交響曲第5番です。

さて、チャイコフスキーの交響曲といえば、やはり4番・5番・6番が人気ですよね。
私も、昔はよくこの3曲は、聴きました。
実演でも何度も聞いています。

さて、チャイコフスキーの5番の交響曲ですが、
最初にクラリネットで演奏される主題が、全楽章を通じて、出てきます。
で、色彩感もあつて、歌もあり、豪快さもあり、
チャイコフスキー独特のロマンもあり、
聞いている時は、あまり時間を考えさせません。
確かに名曲だとは思います

とは言え、チャイコフスキーは、作曲した当時、
自分自身、この曲について、
「あの中には嫌なものがある。」
「大げさに飾った色彩がある」
「不誠実さがある」
と散々 けなしているからおもしろい。
(その後、好きになったらしいが・・・)

で、ここからが私の今の心境なのですが、
この曲に関して、昔は、すごく好きだったのに、
今は、どちらかというと、チャイコフスキーの最初の気持ちに近いのです。
なんでかはわかりませんが、
ちょっと、とってつけたような色彩感に聞こえるのです。
でも、たまに聞くと、やっぱり よくできた曲だなあとも思ったりします。

チャイコフスキーは、実演で聴くものかもしれません。
実演で、音楽のみに集中するといいかも

ははは、いったいなにを書いているのやら。


追記
 この曲の第4楽章の最後の方で、フォルテの和音の後に全休止があり、終わったように聞こえるので、
 曲の途中なのに拍手が入りやすい。とよく言われるけど、
 この曲の調(ホ長調)で、あの和音(コード)では、どう聞いても終わったように聞こえない
 と思うのだけど、なんでかなあ・・・
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:音楽

交響曲 第1番【冬の日の幻想】(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

先日の雪は、東京にしては、結構すごかったです。
会社の窓の外を眺めていると、雪がスタスタ降ってきて、
まるで、別世界のようだった。
まあ、そんなに積もらなくて、次の日は暖かくなって、溶けてしまったけど・・・

雪の景色は、白というより、灰色の景色で、
なぜか、ちょっと懐かしい(別に雪国に住んでいた訳ではありませんが・・・)

で、そんな灰色の景色を眺めていると、
《冬の日の幻想》というイメージがわいてきて、
おや、この言葉どこかで聞いたことがあるぞ・・・

ちょっと考えたら、チャイコフスキーの交響曲第1番の標題だった。

そういえば、チャイコフスキー最近 聞かないなあ。
それに、交響曲第1番って、昔 よく聴いて 好きだったなあ。

と思ったので、さっそく聴いてみた。

今日の音楽日記は、チャイコフスキー作曲の交響曲第1番【冬の日の幻想】です。

4つの楽章からなる交響曲だけど、
4番から6番の交響曲と違って、わざとらしさもないし、
そんな派手でもないけど、素朴で、聴きやすい。

第1楽章のロシア風の素朴な第1主題、好きです
第2楽章のオーボエの旋律、いいですねえ
第3楽章の軽いタッチのスケルツォ(中間部の流れる音楽も気持ちいい)
第4楽章の民謡風の主題は聴きやすいし、結構派手になります。

しかし、確かに欠点をあげれば、主題の展開がないとか、色彩感がないとか
になるのかもしれないけど、
なんか、今の気分だと、4~6番の有名なチャイコフスキーの交響曲より、
好きかな。

昔は、ちょっと、ものたりないなあ・・・と思っていたけど、
今は、ちがいます。

窓の外を雪が、降ってくる風景は、ずっと見ていても飽きない。

うーん、雪国にいって、温泉に入って、雪が降ってくる風景を
ずっと眺めて、灰色の世界に入る・・・
なんか妄想するだけで、いいなあ

ははは、歳とったなあ(笑)


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

ヴァイオリン協奏曲(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、ピアノ協奏曲ばかり書いていたので、
ちょっと、目先を変えてヴァイオリン協奏曲でも書いてみよう。
この音楽日記を読んでわかるように、私、結構クラシック音楽のどのジャンルも好きなので、
いろいろな曲を幅広く聴くのです。
(まあ、その分この分野だけについては、誰にも負けないぞ、研究しているなんてことはないですね。
 よく言えば幅広く聴いている、悪く言えば聴き方が浅いかな(笑))

で、ヴァイオリン協奏曲というジャンルですが、
このジャンルは、クラシック音楽の中では昔から結構好きです。
でも、作曲は、難しいだろうなあ、なんて思っています。
ピアノ協奏曲は、ピアノという管弦楽にはない音色を独奏楽器として使えるので、
なんとなく、管弦楽に埋もれないで書けそうだけど、
なんと言っても、管弦楽と同じ音色の一つであるヴァイオリンを演奏しているのに、
それを協奏曲にしなくてはいけないし、ちょっとは、目立たさなければいけないし・・・
まあ、そんなこと言ったら、ギター協奏曲なんて、書けないですよね。

で、ヴァイオリン協奏曲と言うと、好き嫌いに関わらず、絶対に避けて通れない曲があります。

それが今日の音楽日記の曲、
チャイコフスキー作曲のヴァイオリン協奏曲ニ長調です。

この曲、演奏される機会は、ヴァイオリン協奏曲の中では、断トツだと思う。
CD等は、山ほどでているし、
テレビの数少ないクラシック番組の中でも、登場する回数は、すごく多いんじゃあないかなあ。
(もちろん、クラシックファンなら知っての通り、この曲は、作曲され、初演された当時は、
 ボロクソに言われていたそうです。今では考えられないですね)

それほどまで人気があるのは、なぜだろう?

第1楽章の第1主題は、一回聴いたら忘れられないし、
ロシア的な歌うような旋律なんだけど、すごくかっこいい。
この主題を管弦楽が、朗々と歌う部分もいいし、
細かいパッセージにして、独奏ヴァイオリンが、ソロで弾く部分もなかなかいい感じだ。

第2楽章の小さな歌も、独奏ヴァイオリンの独断場だし、
つながって第3楽章の入り方も、かっこいい

第3楽章のリズムと上がってそして下降する主題は、燃えるし、
最後は、誰が弾いても? かっこよく、熱狂的演奏になりますね。
演奏効果もいいし、
それは、人気曲になってもおかしくない。

演奏者がどう思っているかはヴァイオリンが弾けないので、よくわからないけど、
聴くほうにしてみれば、このヴァイオリン協奏曲を聴けば、
ある程度の満足は、必ずOKとなる曲だと思う。
そこは、すごいとこだと思いますね

ただ、このチャイコフスキーの曲、
ゆっくりクラシック音楽を聴こうとするとき、
なにを聴こうか迷った場合、
最近、私は、この曲を聴くことがないのです。
なんでかなあ。
ちょっと、あくどいのかもしれない。

でもですね。たまに、テレビでこの曲が流れてくると、
絶対、最後まで聴くし、いいなあと思う名曲ではあります(本当)
あまり聴こうとは思えないけど、
音になって流れると、引き込まれるというのもすごい。

昔は、オイストラフの演奏(ははは、古いですか?)をよく聴いていましたね。
今思うと、堂々とした演奏で、スピード感は、今の演奏家の方がはるかにあるけど、
結構熱っぽい演奏だったなあ。

あと、有名な話だし、
どうでもいいけど、映画「ライトスタッフ」の音楽は、この曲のパロディなのかなあ
と思うくらい似ています。

えっ、なんで、急にこんな有名なヴァイオリン協奏曲を書いたのかって?
それは、マイナーなヴァイオリン協奏曲に続く、布石なのですよ(笑)






nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

イタリア奇想曲(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、今度の13日(祝)は、左のサイドバーに書いてある通り、
演奏会なのです。
暇な人は、是非聴きに来てくださいね。
純粋なクラシックの演奏会と違って、ちょっと気楽な気分で、
マンドリンの生の音を聴くのも、たまには、いいですよ。
それに、生のみどりのこびとちゃんが見られますよ(って、あんまり嬉しくないか(笑))

多分、この音楽日記の次の更新は、演奏会が終わってからなので、
今日は、思いっきり、宣伝をしておこっと・・・

今日の音楽日記は、そのマンドリンの演奏会でも、演奏する曲。
チャイコフスキーが作曲した、華麗で、色彩感豊かな管弦楽の為の曲。
【イタリア奇想曲】です。

この曲、最初、チャイコフスキーは、【イタリア幻想曲】と呼んでいたが、
最終的には、【イタリア奇想曲】になったらしい。

「幻想曲」と「奇想曲」の違いってなんだろう?
調べてみた。

幻想曲=自由
奇想曲=気まぐれ

うーん、自由 と 気まぐれ?

自由は、男の憧れ。気まぐれは、女性の特権。
ははは、こんなこと書いたら、不平等っていわれそうだな。

まあ、そんなことは、どうでもいいけど、
なんとなく、この曲は、イメージ的に、幻想曲より、奇想曲と言う方が合っていると思う。

チャイコフスキーが、イタリアに旅行に行った時、耳にした旋律を
いろいろなイメージの旋律を、気まぐれに、つなげている。
でも、ちゃんと、曲になっているし、構成もちゃんとしているんですね。
さすが、チャイコフスキーです。

では、ちょっとだけ、曲の構成を書いてみよう
この曲は、次々といろいろな旋律が、出てきます。
 序奏・・・・・・・・・・・・・・・朝の起床ラッパのファンファーレで始まります。
 アンダンテ・・・・・・・・・・ちょっと演歌節の入った6/8の旋律が、中低音部で朗々と
               歌われます。
 生き生きと・・・・・・・・・・「美しい娘」というイタリア民謡で、とても明るくさわや
                かな音楽です。
 アレグロ モデラート・・・タッタラタッタのリズムに乗って、とても楽しい音楽が、
               歌われます
 アンダンテ・・・・・・・・・・最初の演歌風の旋律が、また歌われます
 プレスト・・・・・・・・・・・・タランテラというとても早いイタリアの舞曲です。
               リズムが特徴的です。
 アレグロ モデラート・・・「美しき村の娘」が、壮大に全合奏で歌われます
 コーダ・・・・・・・・・・・・・・次第に力を増し、最後は、フルスピードで、騒然と終わります。

この曲の聞き所は、イタリア民謡の「美しい娘」の旋律だろう。
皆さんも、一回は、耳にしたことがあると思う。
そして、この旋律、マンドリンにとても合うのです(と、宣伝をしておく(笑))

そして、タランテラという舞曲が、出てくるが、
この舞曲は、早いテンポの6/8の舞曲だ。
なんでも、毒グモの毒を踊って、出してしまう踊りらしい
(踊ったら、ますます、毒が回るだろうに・・・)

とにかく、チャイコフスキーの管弦楽曲だけあって、気まぐれに書いても
聴きやすいし、山あり、谷あり、で飽きさせないし、
サービス満点の曲です。

一度、実演で聴いてみましょう。

あっ、マンドリンオーケストラに編曲したものも、
もともと、マンドリンは、イタリアが発祥の地なので、
なかなか、合ってますよ(と、またまた宣伝だ・・・)

まあ、とにかく、楽しく聴ける曲です。


追記

さて、この曲の最後の方の速度記号は、
Presto→Piu Presto→Prestissimo
なのですよ
いい気分で弾いていると、最後が、すごいスピードになってしまう。
でもね、押さえがきかないのです。
だからね、そのままのフルスピードで突っ走ろうと・・・ははは

マンドリンオーケストラでのこの曲、原曲の管弦楽では、聴くことの出来ないような、
明るい華麗なイタリアのイメージが伝われば、いいなあ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

四季より10月【秋の歌】 (チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、このブログを読んでいる皆さんは、
ロシアの大作曲家、チャイコフスキーは、もちろん知っていますよね。

交響曲【悲愴】・バレエ音楽【白鳥の湖】・ピアノ協奏曲第1番・・・等々
名曲と呼ばれる曲が、目白押しだ。
そして、その音楽は、日本人の心にとても合っているとも・・・

でも、チャイコフスキーの音楽は、私にとっては、なかなか難しい。
決して、悪くはないのですよ。
というより、どちらかというと、
実演で聞く、交響曲やバレエ音楽は、本当に感動的だし、
CD等で聞いていても、引き込まれることもある。

でも、時々、チャイコフスキーの音楽に、なにかの嫌味を感じる時もあるのです。
何か、人工的に着飾ったような、そんな感じになる時もあるのです。

なんでだろうなあ・・・

多分、音楽が、あまりによく書きすぎてあって、
音楽に嫉妬するのかもしれない。
うーん、この感覚を言葉で書くのは、難しいなあ。
でも、決して、嫌いな作曲家ではないし、音楽もすばらしいと思う。

なんか、前書きが長くなった。
今日の音楽日記は、チャイコフスキーが、ピアノの為に書いた小品集
12曲からなる【四季】より、
10月の「秋の歌」です。
(まあ、今が10月ですので・・・なんと安易な選曲だ(笑))

この曲集は、一ヶ月毎に一曲づつ書かれたものをまとめたもので、
技術的には、ちょい易しいし、小品だが、なかなか魅力的な曲がある。
この音楽日記では、12月「クリスマス週間を以前書いた。

10月の「秋の歌」だが、
アンダンテで、チャイコフスキー特有の、とても甘い旋律が、歌われる。
ただそれだけの曲だが、
今の時期、ちょっと聴くには、なかなか、いい曲です。
この曲、分厚い和音と、オブリガートつけて、
管弦楽で演奏したら、いい雰囲気だろうなあ

この曲、叙情的なのですが、
あんまり、ゆっくり演奏しない方が、私は好きだ。
それでも、秋の淋しい雰囲気が十分伝わる

そう、この曲なら、ちょっとは、自分でピアノで音を出して、弾ける。

今日は、ピアノをちょこっとさわって、
チャイコフスキーの【四季】を聴いて、早く寝よう。

さてさて、もうすぐ演奏会。
わくわくするなあ・・・・

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

弦楽セレナーデ(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さてさて、やっぱり、この曲の事を書かなくては、・・・

今日の音楽日記は、チャイコフスキーの作曲した、
【弦楽合奏の為のセレナード ハ長調】
略して、
【チャイコの弦セレ】? です。(こんな呼び方しますよね)

さて、曲は、弦楽の為だけの合奏用に作曲され、
4楽章からなっている。
弦楽の為だけに書かれているが、結構、音色は多彩だ。
さて、ちょっと、いいかげんな解説を・・・
(詳しくは、ネットで調べてね)

第1楽章・・・なんといっても、最初の序奏の堂々として、深みのある響きが印象的です。
       (えっーと、何年か前、オー人事のCMで使われましたよね)
       主部は、6/8の2拍子系なのですが、部分的に3拍子系になったりして、
       リズムもおもしろいです。

第2楽章・・・チャイコフスキーのワルツは、ウインナワルツと違って、
       私にとっては、ディズニー映画のような、
       夢の世界をイメージさせてくれるのです。そうなんです。

第3楽章・・・エレジー(悲歌)です。
       まさしく、弦楽の響きのために書かれた旋律と音色。

第4楽章・・・静かな序のあとに続く、ロシアの踊り
       いかにも、フィナーレという、躍動感あふれる曲
       そして最後の最後に、あの第1楽章の序奏が、
       堂々と深く、再現される場所は、いつ聴いても、いいんだなあ。

この曲、結構、聴いて幸せになれます。
そして、多分、聴くだけでなく、演奏者も演奏していて、
音楽の楽しさを実感できる曲じゃあないかなあ・・・とも思っています

さて、この曲の演奏は、いろいろあるが、
2種類だけ、紹介してみよう。

カラヤンは、この曲を、
それは、それは、美しい演奏をしている。
人工的という人もいるかも知れない。
野暮ったい部分は、皆無だ。
しかし、これはこれで、完璧な美しさという部分では、ピカイチだと思う。
(好き嫌いは、きっと、ありますよね)

ロジェストベンスキーの指揮するこの曲は、
ちょっと、お茶目です。
ちょっと、ぎくしゃくしています。
それに、ちょっとだけ野暮です。
なのに、初版?を使って、第1楽章の最後の和音を変えたり
最後の引き延ばしを変えたりしている、変な演奏です。
でも、私は、好きだったりして(笑)

さて、過去記事の
アイネ・クライネ・ナハトムジーク
(モーツァルトの弦楽セレナーデですよね)
で書いたことと、同じようなことを書いてみよう。

この曲の、あなたの好みは、どれ?

 1.縦の線が、きっちりした、明解に、簡潔に、ひきしまった演奏
 2.お茶目で、明るく楽しい演奏
 3.中低音を大きめに、しっかりした演奏
 4.とにかく、美しく、なめらかな演奏
 5.野性的で、ガンガン系の演奏
 5.小人数の弦楽合奏で、ちょっとだけロマンティックに
 6.大人数の弦楽合奏で、大きくロマンティックに

えっ、私ですか?
   第1楽章・・・2
   第2楽章・・・5
   第3楽章・・・6
   第4楽章・・・1
         かな(笑)

nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:音楽

バレエ音楽【眠れる森の美女】(チャイコフスキー) [チャイコフスキー]

さて、土曜日は、娘のバレエ発表会。
そして、日曜日は、友人の娘さんが出演するバレエと、この週末はバレエ三昧だった。
娘のバレエ教室の発表会は、二部構成だったが、
その第二部は、有名なチャイコフスキーの三大バレエの一つ。
【眠れる森の美女】だった。(実際には、時間の都合上、第三幕だけでしたが)

ということで、今日の音楽日記は、チャイコフスキー作曲のバレエ音楽
【眠れる森の美女】である。

このバレエは、チャイコフスキーの三大バレエの中では、最も長大だが、
最も聞き応えもあり、また見応えのあるバレエだと思う。

このバレエは、もちろんあの有名なペローの童話の話である。
さて、ちょっとだけ。バレエのあらすじを書いてみよう。
(原作の童話は、ちょっと違うらしいし、その後、まだ話があるらしいが・・・)


  王女が誕生するが、悪い妖精により、針で指を指して死ぬと呪いをかけられる。
  しかし、リラの精が、死ぬのではなく、100年間眠るだけ、と魔法をかける。
第1幕
  16年後、王女に4人の王子が求婚する。しかし、その後、王女は、針が指にささり、
  深い眠りにつく。お城は木々に包まれる。
第2幕
  100年後、若き王子は、リラの精に誘われて、森の中に行く。そして、
  眠れる王女にキスをして、眠りから目覚めさせる。
第3幕
  王子と王女の結婚式の場面。
  なぜか、赤ずきんと狼、長靴をはいた猫、シンデレラ姫などがでててくる。
  もちろん、リラの精も宝石の精もでてくる。
  そして、最後は、豪華絢爛たる音楽とバレエで、幕が降りる。

いいじやあないですか、この話。 おとぎ話は、こうじゃなくてはいけません(笑)
この物語にチャイコフスキーの華麗な音楽でバレエの舞台ということになれば、
もういうことないです。
これは、すばらしい舞台作品です。
一度は、全幕を見てくださいね。
もちろん好きな音楽の部分も人により、いろいろあるだろう。

第1幕のワルツ・・・華麗な管弦楽で、音楽だけでもすばらしい響きとイメージだ。
            ディズニーの映画でも使われたので知らない人は、いないだろう。

第1幕のバラのアダージョ・・・これは、是非バレエと一緒に聴きたい音楽だ。
                  とても優雅で、ロマンティックな音楽

第2幕のパノラマ・・・幻想的で、イメージ豊かな曲

第3幕のサファイヤの精・・・5/4の特徴的な踊り。
                (えっ、この曲知りませんか? ははは、無名ですよね)
                (発表会で娘が踊った曲なので、私は好きなのです・・す、すいません)

第3幕の青い鳥・・・バレエをやっている人では知らない人は、いないだろう。
            とてもチャーミングな曲。
            バレエ漫画のテレプシコーラの六花ちゃんのコンクール曲ですね(笑)
            娘が小さい時、ピアノの発表会で私が娘と連弾した曲でもありますね。
           (ところでこれは、あの有名な幸せの青い鳥のことでは、ありません。
            青い鳥とフロリナ王女という、別の童話です。)

第3幕の終曲・・・これでもか、これでもか、と豪華絢爛たる音楽がながれる。

この音楽の作曲にあたっては、当時の有名なバレエの振り付け師のプティパが、
チャイコフスキーにいいろ注文をつけている。
「この部分は、2/4で・・・次はワルツで、・・・8小節あって・・・トレモロで・・・半音階の音楽で・・・」
ここまで、きちっとした台本を書くのもりっぱだが、
それに答えて、その通りに、すばらしい音楽を作曲するのもチャイコフスキーもプロだなあ。
そして、それが傑作なのだからこれまたすごい。

しかし、悪い妖精は、どうなったのだろう・・・

さて、バレエ漫画の「テレプシコーラ」も第5巻まで、読み終えた。
あと少しだ。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - チャイコフスキー ブログトップ