So-net無料ブログ作成
検索選択

ソラス(スコット・ジョプリン) [ジョプリン]

年末年始は、美味しいものばかり食べていて、
体重が・・・
写真は、年末年始に食べた物の一部です。
うーん、会社が始まったら、少し減量しよっと。
2016-12-31 12.48.25.jpg
2016-12-31 18.28.46.jpg
2017-01-02 13.20.19.jpg
2017-01-03 13.32.53.jpg

さて、今日も2017年が記念の作曲家の曲を書いてみよう。
今日は、2017年が、没後100年になる作曲家
スコット・ジョプリンのピアノ曲のソラス(ソラース)です。

スコットジョプリンは、アメリカの作曲家で、
クラッシック音楽の作曲家というより、ラグタイム音楽の作曲家として
とても有名だ。
スコットジョプリン作曲の「エンターティナー」は、
題名を知らなくとも、聴いたことのない人はいないのではないだろうか。

この音楽日記では、12年前!に「メープル・リーフ・ラグ」を書いている
過去の記事は⇒こちら

さて、そんな、ワクワクする粋なラグタイムもとてもいいのだが、
今日、紹介する[ソラス]というピアノ曲は、
とても、静かで、気分が落ち着く曲です。
私が、この曲を知ったのは、映画スティングです。
映画の中で、とても印象的に使用されていました。

この曲、「慰め」とか「メキシコのセレナーデ」とかの副題
がある時があるのですが、そんな気分の曲です。

お酒を飲んで、いい気分になった時、ふと、静かに物思いにふける・・・
そんなイメージですね。
低音のリズムが心地よさを増幅していきます。

うーん、こういう曲もいいなあ。
自分のピアノレパートリーに入れておこう。

さてさて、明日から会社だ。

nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

まほろばのピアノ弾き

こんばんは、長らくのご無沙汰、失礼いたします。

ジョプリンの作品では、「メイプル・リーフ・ラグ」のようなノリのいい曲もありますが、むしろ「しっとり系」というか、しみじみした情感が味わえる曲も結構あります。(「ジ・エンターテイナー」も本来は少し遅めの演奏の方が、趣き深くなりますね。)

で、この「ソラス」ですが、タイトルのとおり、これこそ彼の作品の中でも一、二を争うほどの「癒し」感に浸れる曲だと思います。ゆったりしたテンポのハバネラのリズムに乗って、右手が淡々とメロディを紡いでいきます。後半ヘ長調に転調してからは、より技巧的になり、メロディもロマンチックになります。最後の方では右手メロディの上に変ロ音がオブリガートのように連打されるのが、大変印象的かつ効果的ですね。

以前何かのテレビCMのバックにこの曲が使われていました。そのCMは残念ながら私は思い出せませんが。
ともかくテンポが遅めの曲ですと、私でも弾けそうですね。(実際弾いたこともありますが。)

またピアノでなくギターでの演奏もムードがあると思います。メロディ音域の広い曲ですが、編曲次第ではマンドリンやウクレレなどの楽器でも、セレナーデの気分が出て、いいのではないでしょうか?

by まほろばのピアノ弾き (2017-01-22 22:27) 

みどりのこびとちゃん

まほろばのピアノ弾きさん、ご無沙汰しています。
コメントありがとうございます。
ソラス 確かにマンドリンに合います。
大学の時に、編曲して、マンドリンオケで演奏しました。
いやあ、涙ものでしたよ。

by みどりのこびとちゃん (2017-01-23 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。