So-net無料ブログ作成
検索選択

月の光(フォーレ) [フォーレ]

今日の月は、本当に綺麗でした。
スーパームーン・・・
月を眺めながら、会社から帰ったのだけど、
とても気分がいい。
思わず、スマホで写真を撮ったけど、
トホホの写真。
2015-09-28 18.42.30.jpg
まあ、こういうのは、心象風景として、心に残すのが一番です。

ということで、クラシック音楽でも、月に関係する曲は
数多くありますね。
この音楽日記でも、
・月の光(ドビュッシー)⇒過去記事はこちら
・月の光(ギロック)⇒過去記事はこちら
・ピアノソナタ月光(ベートーベン)⇒過去記事はこちら
・荒城の月変奏曲(山田耕作)⇒過去記事はこちら
・ワルソーコンチェルト(アディンセル)⇒過去記事はこちら
・月に疲れたピエロ(シェーンベルク)⇒過去記事はこちら
等を紹介している。

となると、今日は、月が題名に付く曲を書くしかないか。
今日の音楽日記は、フォーレ作曲の歌曲 月の光 です。

歌曲の基になった詩は、ヴェルレーヌで、

仮面の下に悲しみを隠し、踊り、そして愛を歌う男女の様子。
そしてそれを包み込む月の光。
を歌っています。
(まあ、正確には、ネットで調べてください)

フォーレの曲は、この微妙な雰囲気をピアノで素晴らしく
表現しています。
その上で歌われる歌が、なんとも言えません。
はかないようで、ちょっとうつろな感じです。

月の光というイメージは、ドビュッシーのピアノ曲の
イメージが強いのですが、
ここでは、月の光が包み込んだ人生を表現しているかのようです。

短い曲で、盛り上がりがあるわけでないのですが、
とても印象的な一曲だと思います

月を題名にした曲で、こんな曲があってもいいです。

追記
もし、クラシック音楽日記でなかったら、
絶対 ムーンライトセレナーデ書いたなあ。
この曲、好きなんですよ。
旋律といい、コード進行といい、グレンミラーの響きといい・・・
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

タカノカズヒロ

昨夜は見れませんでした。
月の光というイメージはとても音楽にはふさわしい題材ですよね。
書いては無いですが、同じタイトルでデュカスもピアノ作品を書いています。

ベートーヴェンの月光は、moonlightなのに、ドビュッシーは、Clair du luneで表記されていて、意味が異なるのかなと思います。
by タカノカズヒロ (2015-09-29 06:41) 

みどりのこびとちゃん

タカノカズヒロさん、コメントありがとうございます。
デュカスは、ピアノソナタは、もちろん知っていますが、
月の光 があるのは知りませんでした。
ちょっと調べてみます。(よくわかりませんでした)
月の光のイメージは、それぞれ違うのでしょうね。




by みどりのこびとちゃん (2015-09-29 22:28) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。