So-net無料ブログ作成
検索選択

キャンディード序曲 (バーンスタイン) [バーンスタイン]

キャンディーズのスーちゃんの最後のメッセージの肉声が、葬儀で流された。
キャンディーズ世代の私としては、聴いていて涙がでましたよ(本当)
ランちゃんとミキちゃんと最後まで、仲がよかったんだろうなあ・・・

映画にもっとでたかった。テレビでもっと演じたかった、もっと女優をつづけたかった

そうだろうなあ・・・

なんて、思いつつ、動画サイトで、キャンディーズの昔の動画を
いろいろ聴いていました。懐かしいです。

まあ、この話題は、このくらいにして、
キャンディーズをグーグルで検索すると、
キャンディーまで入力すると、
キャンディードが予測される言葉にあったので、
今日は、そんなことで、
バーンスタイン作曲の【キャンディード序曲】です。
(ははは、まあ、この音楽日記、選曲は結構いい加減ですから・・・ハイ)

キャンディード序曲 
この曲、テレビ番組の【題名のない音楽会】のテーマでも使用されていますが、
昔から、結構 吹奏楽などでは、人気の高かった曲です。

なんといっても、派手で明るく、わかりやすい。
そして、変拍子もあるし、パーカスは活躍するし、
短い曲だし、アンコールピースには、もってこいですね。

「ルスランとリュドミラ序曲」などに通じるものもあるけど、
キャンディード序曲は、ちょっと現代風です。

最初の始まりのかっこよさ
中間部の流れるような旋律。
コーダのはねるような スピード感。
なんといっても、全体的に粋な感じがいいです。

キャンディード全曲のミュージカル?は、結構、物語が難解らしいけど、
(私、全曲は、見たことないのでわかりません)
この序曲の音楽は、実にわかりやすい

これを聴くと、若いバーンスタインが、指揮台の上で、
飛び跳ねているのが目に浮かびます(笑)

作曲者のバーンスタインは、作曲、指揮、ピアノ演奏
となんでもござれだったけど、
晩年は、若い音楽家の指導に熱心だったらしい。

バーンスタインも、死ぬ前には、
もっともっと指揮をしたかった感じがする(想像ですが)

実際に指揮を見たことはないのだけど、
バーンスタインの指揮は、楽団員に夢を見せることのできる指揮だったらしい。
それが、お客様にも伝わるとか・・・

いやいや、そんな指揮 振ってみたいです。

それと、だいたいは、作曲者自身の自作自演は、?の演奏が多いのですが、
バーンスタインの自作自演は、なかなかです。
nice!(1)  コメント(7) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 7

みどりの巨人ハルクくん

私もキャンディーズ世代ではあるけれども、当時はファンでもなかったし、
テレビっ子なので当然歌番組やバラエティーでよく見ていたものの、
特別な想いというのはありませんでした。
しかし、インターネットを始めて動画サイトを観るようになって、遅まきながら
キャンディーズを再認識しまして、自分の意識の中ではキャンディーズは
ちょうど旬でした。この経緯がなかったら今回の田中好子さん死去の受け止め方も
かなり違っていたと思います。

あのメッセージは・・・本当に死にゆく人の言葉でした。生き様も死に様も凝縮されて
いました。 あれほどのものに接すると、もう言葉を失いますね。

ちなみに、私はキャンディーズファンではなかったものの、当時からミキ派でした。
まあ、どの子が好きでも眼は確かです。

《キャンディード》はスルーってことで、失礼。
by みどりの巨人ハルクくん (2011-04-27 14:40) 

みどりのこびとちゃん

ハルクさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。
あのスーちゃんの肉声メッセージは、ちょっと すごかったです。
言葉を失います。

そうか≪キャンディード≫はスルーか・・・・
まあ、そうかな
by みどりのこびとちゃん (2011-04-27 22:32) 

なるたる

ここ数日間はずっと泣きっぱなしでした。
告別式の映像に泣き、最後のメッセージの肉声に泣き
、涙腺は崩壊し止まることを知りません。
芸能人の訃報で泣いたことなど生まれて初めてです。
私はキャンディーズと共に大人になったんだなぁ…とつくづく
思い知らされました。
喪失感は半端ではありません。
唯々スーちゃんの冥福を祈るばかりです(泣)。

でもあの肉声は出来ることなら聴きたくはなかった。
おそらく鎮痛剤のモルヒネの投与で意識が朦朧とし、ろれつの回らない口調で話す言葉は、内容はともかく痛々しくてやり切れません。
苦しい息の下、最後の気力を振り絞って(おそらくは酸素マスクをはずして)
最後のメッセージを伝えるその姿を想像するだけで、涙が澎湃と溢れてきます。

済みません、お題のキャンディードに触れる力がありません…。
by なるたる (2011-04-28 00:45) 

みどりのこびとちゃん

なるたるさん、コメントありがとうございます。
あの声には、本当に私も涙をながしました。

さて、でも、健康な人は、元気をだしましょう。

私も、ちょっとはりきって、この音楽日記書いていこうかと・・・
by みどりのこびとちゃん (2011-04-29 00:13) 

みどりの巨人ハルクくん

なるたるさん
>>あの肉声は出来ることなら聴きたくはなかった
僭越ながら・・・
スーちゃんが自らの意志で伝え遺した最期の想いです。
ファンならしっかりと受け止めましょう。
本人が言っていたように、今後さまざまな動勢の中で、彼女は復活するでしょう。
この前送った歌の歌詞もよく聴いてください。

私なんか、かつて岡田有希子に死なれています。
by みどりの巨人ハルクくん (2011-04-29 00:51) 

AS

こんばんは☆「キャンディード」序曲は冒頭の派手さ,中間部の流麗さ,そして最後の生き生きとしたリズムと楽しさのどれもがとても魅力的で「聴きやすい」作品ですね。ワタクシの大好きな曲の1つです。
でも,この曲のオーケストラ・スコアを見た時には,高度な技術が各パートに要求されていること,そして楽しく聴こえてくる所ほど楽譜が難しく書かれていることにとても驚きました。

ミュージカル「キャンディード」は,昨年6月に国立劇場で生オーケストラの演奏による日本語版の上演を観ましたが,破天荒なストーリー展開で決して易しくない作品だなと実感しました。ミュージカルの「序曲」と管弦楽作品としての「序曲」とでは,編成もオーケストレーションにも違う点があることに気が付きました。
ヴォーカル・スコアも見たことがありますが,これまた楽しいナンバーほど楽譜が複雑に書かれていることに驚かされました。

この作品をかっこよく演奏できたらさぞかし楽しいでしょうね。
by AS (2011-05-03 19:20) 

みどりのこびとちゃん

ASさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよ、この曲、聴くのは楽しいけど、
きっと、演奏するのは、結構大変です。
楽しく演奏するのは、もっと大変ですね

そうですか、ミュージカル全曲観られましたか
いいですねえ。
ストーリーが、飛んで、よくわからないとの評判ですが、
やはりそうでしたか。
動画サイトで、この曲のナンバーを聴きましたが、
確かに楽しい。でも、難しそう・・・
by みどりのこびとちゃん (2011-05-03 23:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。