So-net無料ブログ作成
検索選択

ワルツ【春の声】作品410(ヨハン・シュトラウス二世) [シュトラウス(ヨハン)二世]

さて、最近の音楽日記だけど、
結構、有名でない曲も紹介している。
クラシック音楽を長年聴いていると、
世間では、よく知られている曲なのか、どうなのか、
あまり、気にならなくなってきて、
自分が、これはいいなあ、と思う曲を聴いたり、
探したりしてくると思う。

だけど、名曲と呼ばれている曲は、
やはり、なしかしら、惹きつけるものを持っていると思う。

まあ、そんなことは、どうでもいいのだけど、
最近、誰でも知っている曲をあまり書いていないので、
4月になったことだし、
ちょっと、有名な曲を何曲か、書いてみよう。

ということで、
誰でも知っている有名曲、
今日の音楽日記は、春になったことだし、
ヨハン・シュトラウス二世 作曲 ワルツ【春の声】です。

ヨハン・シュトラウス二世の作曲した曲は、500弱
そのうち、ワルツは、200弱ほどある。
もちろん、すべてを聴いていないけど、
その中でも、この【春の声】と呼ばれているワルツは、
とても明るく、春の気分そのものだ。
これほど、幸福感あふれた曲も、なかなか見つからない。

曲は、この作曲家のワルツにしては、めずらしく、
フォルテの短い前奏で力強く始まる。
そして、八分音符で上昇し、休符をはさんで、下降する
すばらしい旋律のワルツで始まる。
そして、お約束のワルツが、いろいろ続いていく。
そのどれもが、幸せな気分のワルツで、
音色も、やさしい。
(フラット系だからかなあ・・・)
そして、最初のワルツがもどって、
短いもそして、力強いコーダで終わる。

この曲のいいところは、なんといっても、悩みがなくなるような旋律。
そして、曲の時間が、7~8分程度と、短いことかもしれない。

さて、もちろんこの曲、管弦楽での演奏が一番有名だけど、
詩をつけた、ソプラノ歌手が歌う演奏も、有名だろう。
私は、この曲に限っていうと、
ソプラノ付きの演奏の方が、好きだ。
女性の高音の音色が、さらに、明るく幸せな気分にさせてくれる。

でも、よくわからないけど、
この旋律を歌で歌うのって、すごく難しいと思うのだけど、
どうだろう?
なんか、すごく、プロは、やすやすと歌っているように聞こえるけど、
きっと、難しいんだろうなあ・・・

さて、この曲の余談
この曲、とある晩餐会で、ヨハン・シュトラウスが、
フランツ・リストと出会って、
いろいろと即興で曲を作ったり、ピアノを弾いたりしている時に、
作曲したと言われている。
うーん、当時リストは、71歳。
ヨハン・シュトラウスは、58歳。
想像ただけで、結構、楽しそうな晩餐会だな。
タイムマシンにのって、行ってみたいなあ
そう言えば、【春の声】ピアノ協奏曲風にしても、かっこいいかも(笑)
なんてね

次回の音楽日記も有名曲を書こうっと。

で、今日は、別の話題もあるのです。

さて、突然ですが、お知らせです。
私、趣味で、作曲もするのだけど、(もちろん、ど素人ですよ)
このたび、
某出版社から、ピアノ曲の曲集を出版することになりました。(パチパチ)
詳細は、5月まで待ってくださいね。
ただいま、校正中です。
中身の曲は、

・子供のための詩曲Ⅰ~Ⅳ
・さくらの主題による変奏曲とフーガ
・ソナチネ幻想
・組曲【料理の絵本】から 鍋焼きうどん
 等々

いろいろ、入っています。
乞うご期待!!!


ははは、
えっ、もうわかりましたか?
す、すいません。
今日は、4月1日エイプリルフールです。
ごめんなさい。
そんな訳ありませんね。
もちろん、作曲は、趣味で、ちょこちょこしていますが、
恥ずかしすぎて、絶対に出版は、しないでしょう。
(と言うより、そんな出版社ないでしよう)
大事に、譜面は、墓の中までもっていきます(笑)
と言うより、出版なんかしないから、自由に書けたりして・・・

しかし、確か、一年前のエイプリルフールの記事は、
私のピアノリサイタルのお知らせ(笑)だったなあ。
うーん、どんどん、夢だけが、大きくなってきているかも、

来年のエイプリルフールは、どんな ほらを吹いていることやら・・・

nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

Cecilia

なんだ~!本気にしてしまったではありませんか~!!(笑)
いや・・・そういうことがあってもおかしくないと思えますが・・・。

この曲好きですが、新年の曲のイメージが・・・。
歌ははじめにキャスリーン・バトルで聴きました。
私には難しいですが、どちらかと言えば歌いやすいパターンだと思います。
by Cecilia (2009-04-01 07:03) 

なるたる

ナタリー・デセイの歌うこの曲は素晴らしいですよね。
と言う訳でマルシュナーの「吸血鬼」を一刻も早く聴いてたもれw。

ヨハン・シュトラウスのピアノ編曲で本当に傑作だと思うのは、ゴドフスキの「芸術家の生涯」かも知れませんです、ハイ。
そのうち是非ご紹介下さい。

エイプリルフールの適当な突っ込みが思い浮かびません。
顔を洗って出直して参りますw。

乱筆乱文お許しをば!
したたか酔ってます。
ちよっと寒いけど、気分は春爛漫ですw。
by なるたる (2009-04-01 22:45) 

みどりのこびとちゃん

Cecilia さん、コメントありがとうございます。
ははは、エイプリルフールは、常にこんなことを書きますよ(笑)
うーん、でも、そんなことあったりして・・・

そうか、声楽曲では、歌いやすい方ですか。
そんなに音が飛ばないし、つながっているからですかね
by みどりのこびとちゃん (2009-04-02 23:10) 

みどりのこびとちゃん

なるたるさん、コメントありがとうございます。
まあ、いつになるかわからないけど、
シュトラウスのピアノ編曲特集は、やってみたいなあ。

あっ、でも「吸血鬼」が先か
あれ「ノアの洪水」 いやいや 「シューマン特集」・・・・

春の声 を聴くと、気分は、春爛漫ですねえ
by みどりのこびとちゃん (2009-04-02 23:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。