So-net無料ブログ作成
検索選択

ワルツ【ニースの思い出】(ヨハン・シュトラウス二世) [シュトラウス(ヨハン)二世]

さて、この音楽日記も今日の日記で、200記事である。
毎回、クラッシック音楽のことだけしか書かず(というより、他は書けないよう・・・)
それに毎回、違う曲を書いてきたので、
200曲書いたことになるが、
クラッシック音楽は、枚挙にいとまがない。
(ははは、知ったばかりの言葉を使ってしまいました)

まだまだ、書きたい曲もあるし、
未知の魅力的な曲はその何倍もあるはずだ。
これからも、お気楽にクラッシック音楽のことを、書いていこうと思う。

前回、100記事の時は、
【ブルグミュラー25の練習曲】の作品番号がちょうど100だったので、
その曲を記事にした。

ということで、なにか、作品番号が200の有名曲がないか、探していたのだが、
これが、なかなか無いのです。(200曲以上作曲している人が対象ですね)
ちなみに
  J.S.バッハ・・・・カンタータ 我は彼の名を告げん BWV200
  モーツァルト・・・・・交響曲第28番 K200
  シューベルト・・・・・交響曲第3番 D200
  ラフ・・・・・・・・・ピアノと管弦楽の為の組曲 OP200
その他、多作家としては、チェルニーやヴィラ=ロボス等もいるが、
作品200がなんなのかもよくわからない。

ということで、困った時には、
500曲以上のワルツやポルカなどを作曲した人に登場してもらおう。
(なんて安易な・・・と言うことは、300記事の時にも登場か?)

ということで、今日の音楽日記は、
ワルツ王、ヨハン・シュトラウス二世が作曲した
ワルツ【ニースの思い出】作品番号200 である。

この音楽日記を読んでいる人で、この曲知っている人、手を挙げて、っと言っても
きっと、多分、誰も手を挙げないだろう。
もちろん私も、今日、さっき初めて聴いた。(いやあ、こんな時、ナクソスは、便利です)

さて、聴いてみて、この曲の特徴は、特に無い(笑)
いやいや、別に悪い意味ではありません。

聴くとわかるのだが、この曲は、
優雅で、音楽が自然に流れていく気持ちのよいウィンナ・ワルツである。
ウィンナ・ワルツとしては、申し分ない雰囲気を持っている。
ただ、この作曲者の数多くのワルツは、そのほとんどが、同じ感想だ。
こんな素敵に曲ばかり数多く作曲したヨハン・シュトラウス二世は、確かに天才だと思う。
ただ、続けて、何曲も聴くと、さすがに疲れるが、
時には、無名のワルツを聴いても全然悪くない。

ニースは、フランスで、地中海に面した観光都市で、保養地としてすばらしいらしいが、
なんせ、もちろん行ったこともないので、わからないですね。
この曲がなんで、ニースの思い出 となっているのかも、すいまん、よくわかりません。
特に地中海がイメージされるということもないのです。

ま、とにかく、ワーグナーやブラームスも愛した、ヨハン・シュトラウスの音楽を
たまには聴いてみましょう。(有名曲ばかりじゃなくてね)
それに、題名を見ていくと、面白い題名がいっぱい付いているし・・・

さてさて、記念の200記事としては、
あまりにも無名の曲を選びすぎたかなあ・・・・・ま、いいか


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。